安田純平氏が戦場取材をする理由。「『テロリスト』として殺される“普通の人”の存在を伝えたい」

安田純平氏が戦場取材をする理由。「『テロリスト』として殺される“普通の人”の存在を伝えたい」

シリア内戦の取材と拘束時の体験を語る安田氏

 2015年6月にシリアで武装勢力に拘束され、40か月もの長い拘束の末に昨年11月に解放されたフリージャーナリストの安田純平氏が、2月16日に神戸市内で講演。「あきらめたら終了です」と題し、420人が参加した。

 この報告会は安田氏の解放直前に、日本に帰国されたら生の声・体験を聞きたいと意気投合した個人が募って、兵庫県弁護士9条の会、市民社会フォーラム、明日の未来を考える若手弁護士の会兵庫、Facebookページ動物会議憲法編が実行委員会として主催した。

 講演の内容についてはすでに神戸新聞が報道しているので、「戦場でジャーナリストして取材をする、現場での気持ちは?」という参加者の質問についての安田氏の応答を紹介したい。安田氏の下記発言は、メディアやネット上で喧伝される「自己責任バッシング」に抗するために、筆者を含む実行委員会としても最も伺いたかったことでもある。

◆「その場で見たことを伝えなくてはならない」という義務感

【安田氏の発言要旨@】

 戦場に行く理由は、そういう場所に行ってみたいから。好奇心がいちばん大きい。そこでは人々が殺されていることを報道しなくてはいけないが、人々は何とか生きていこうとしている。その、何とかしようとしているところを見たい。

 日本でも生活は大変だが、飢えて死ぬことはあっても、海外で起きているような大規模な飢餓や戦争で死んでいくことはない。そういう場所に自分が行ったらどうなるんだろうか。たまたま日本に生まれた自分はそうした経験をしないで生きているが、今地球上のどこかで起きているそうしたことを知らないまま死んでいくのは、今の時代に生きている人間として恥ずかしいのではないか、間違っているのではないかとずっと思っていた。

 戦場で生きてきた人たちと、そうでない場所で生きた人間とでは、人として到達する場所が全然違うのではないかという気がした。戦場にいる人たちが、人間としてどういう姿をしているのか見たいということがいちばん大きい。

 新聞記者をしてきたこともあるし、見たことは伝えなければいけない。そういう場所にいる人たちは訴える手段がない。帰る場所のある“恵まれた人間”としては、貴重な彼らの人生の時間を使って訴えてきた話を持って帰ってこなければ本当に申し訳ない。はじめから伝えたいものがあって行くのではなくて、現場に行くことで「その場所で見たことを伝えなくてはならない」という義務感が生まれてくる。

◆結局、殺されるのは普通に暮らしている人たちがほとんどだ

【安田氏の発言要旨A】

 もちろん記者なので、いろいろと仮説を立てる。こういう場所にこういうことが起きているんじゃないか、報道されていることと全然違うことが起きているんじゃないかという仮説をたてて、それを確認しに行くことももちろんする。

 現場では、「テロリスト」とされて空爆で殺されるのが子どもだったりする。殺す側は「テロリストだから殺していいんだ」と言って殺す。「テロリストだ」と言われると問答無用で、聞いている側も「悪いヤツだからしょうがない」と思ってしまう。

「あいつらを殺さなければ君たちが危なくなる」と言って殺すわけだが、これは殺す側が「テロリストだ」と言っているだけ。その人が問答無用で殺されるべき人なのかどうか、証拠をそろえることはしないし反論もさせない。結局、殺されるのは普通に暮らしている人たちがほとんどだ。「テロリスト」にされて殺されていく“普通の人たち”の存在を伝えなくてはいけない。

◆15年前と変わらぬ「自己責任バッシング」とイラク戦争の未検証

 安田氏が解放された昨年はイラク戦争から15年。今年4月は、イラク支援エイドワーカーの高頭菜穂子氏がファルージャで武装勢力に拘束され解放され、帰国後に「自己責任バッシング」の嵐が巻き起こってから15年になる。

 開戦した英米両国政府ですら誤った戦争だと認めざるを得なくなったイラク戦争には、日本政府はいち早く支持を表明し、憲法違反の自衛隊の海外派遣も行った。しかし、そうした政策判断は間違いではなかったのかどうか、いまだに検証がなされていない。そして15年前と相変わらず、世界でも異常な「自己責任バッシング」が安田氏の解放に際しても巻き起こった。

 このように無反省かつ無責任に喧伝される自己責任バッシングにカウンターしていくには、安田氏が戦場で取材してきた事実とその意義を、多くの人に語っていただく機会を設けることではないか。

 その思いゆえに、筆者は今回の報告会を主催した。結果としてたくさんの参加者が集まり、特に若者の出席が目立っていた。日本の市民社会には、健全な良心を持つ人々がたくさんいるのだとの確信を得た。そして、安田氏と各人が繋がるとともに、安田氏の話をともに聴いた人々が新たに互いに繋がる機会ともなった。

 今後も戦場ジャーナリストなど、世界の深刻な現実を伝える方々の生の声を伝え、市民に考える機会を創っていきたい。そうした受け皿となる市民社会の多様なネットワークを駆使して繋がっていくことで、この世の中をまっとうなものにしていく連帯の力を創ってきいきたい。

<文/岡林信一>

関連記事(外部サイト)