「三・一独立運動100周年」で両国の未来を語った文在寅大統領。「反日で危険」と煽った日本政府

「三・一独立運動100周年」で両国の未来を語った文在寅大統領。「反日で危険」と煽った日本政府

AFP=時事

◆朝鮮半島の植民地支配正当化言説の異常さ

 譬え話は常に迂遠だ。しかし譬え話であればこそ、目にすることや耳にする話の構造を、的確に把握できる場合がある。

 時折、誘拐犯が何年もの長きにわたって誘拐した子供を監禁していたという事件が明るみに出る。長きにわたって手元に置いたのだから、誘拐犯は衣食住すべてにカネや労力を使ったのだろう。監禁された人は監禁される前より豊かな生活を送っていた可能性さえある。だが結局、犯人は逮捕され裁判が始まる。そこで例えば犯人が「誰のおかげで、飯を食えていたと思うのだ!」と主張したとしよう。

 この主張を「そうだよなぁ。頑張って育てたんだよなぁ。感謝されてもいいぐらいだ」と受け止める人がいるであろうか?

 日本による朝鮮半島の植民地支配を正当化あるいは美化する人たちの主張を目にするたび、監禁時のコストや労苦を自慢し恩に着せる誘拐犯を見る思いがする。

◆韓国の三・一独立運動の100周年に関する政府対応への違和感

 先日、お隣の国・大韓民国は三・一独立運動の100周年を祝った。

 植民地支配を受けた歴史を有する国や地域の人々が、植民地支配に抗した過去の運動を称揚しその精神を受け継ぐために奉祝するのは当然のことだろう。それが韓国の場合、我が国は旧宗主国。我が国としては、かつての植民地支配への反省と友好親善のメッセージを送るのが、未来を志向した大人の対応だろう。事実、旧植民地側の文在寅(ムンジェイン)大統領はスピーチで「力を合わせ、被害者たちの苦痛を実質的に治癒するとき韓国と日本は心が通じる真の親友になることでしょう」<訳・徐台教(ソテギョ)氏>と、前向きなメッセージを発している。

 しかし日本政府は正反対の反応を示した。なんと韓国国内に滞在する邦人に対し、「反日集会が行われるため、近づかないように」との「危険情報」を発したのだ。もうこうなると、「かつて監禁してたヤツが、仕返しにくるかもわからないから注意しよう」と警戒する監禁犯としか言いようがない。

◆病的な被害妄想とさえ言える「危険情報」発信

 おそらく政府としては、日韓関係の「こじれ」を根拠として、独立運動奉祝集会が反日集会に転じることを危惧したのだろう。しかしそれは、誇大妄想、被害妄想に類するものだ。確かに近年、徴用工問題、レーダー照射事件など、日韓両国に不幸な行き違いが発生しているのは事実だ。しかしそのたびに、妄想を膨らませているようでは、なんの解決にも結びつかないではないか。

「隣に住んでるヤツ、俺にレーダー照射してくるし、ずっと俺を監視してやがる。出歩いたら襲ってくるかもしれない」

 また譬え話で恐縮だが、こんな主張をする人物が身近にいれば「落ち着け。そして病院に行け」とアドバイスするほかないではないか。

<取材・文/菅野完>

すがのたもつ●本サイトの連載、「草の根保守の蠢動」をまとめた新書『日本会議の研究』(扶桑社新書)は第一回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞読者賞に選ばれるなど世間を揺るがせた。現在、週刊SPA!にて巻頭コラム「なんでこんなにアホなのか?」好評連載中。また、メルマガ「菅野完リポート」や月刊誌「ゲゼルシャフト」(https://sugano.shop)も注目されている

関連記事(外部サイト)