こんなにあった! 全国に散在する[忖度道路]

こんなにあった! 全国に散在する[忖度道路]

野党合同ヒアリングを終え、取材に応じる村岡嗣政・山口県知事(左)と小川洋・福岡県知事(中央)、北橋健治・北九州市長

 塚田一郎・前国交副大臣の「忖度」発言で注目を集めた、“安倍・麻生道路”こと「下関北九州道路」(第二関門橋)。4月15日、現地で野党4党の合同チームによる視察・ヒアリングを終えた小川洋・福岡県知事と村岡嗣政・山口県知事、北橋健治・北九州市長を、記者が直撃した。

「必要性を訴えて調査費がついただけ」と強調する両県知事に記者が「108路線の中でここだけが国直轄の調査費がついたが、他地域に比べて突出して必要性が高いというデータはあるのか」と聞いても、具体的な回答は返ってこなかった。

◆本州と九州を結ぶ「第二関門橋」は必要なのか

 本州と九州を結ぶ、既存の「関門橋」と並行する「関門トンネル」に加えて、新たに計画が浮上した「下関北九州道路」。「なぜ第二関門橋の建設だけが特別扱いされたのか」という疑問に対する回答としては、説得力が不足していた。

「豪雨や積雪時の通行止めが理由というが、新たに第二関門橋ができても通行止めになるのは同じではないか。この程度の交通渋滞なら全国各地にある」と記者が指摘しても、交通量のデータが示されることはなかった。

 そもそも第二関門橋は、海峡を橋やトンネルでつなぐ「海峡横断道路計画」の一つ。’87年の第四次全国総合計画(四全総)で打ち出されたもので、全国で6本あったことから「六大架橋」とも呼ばれていた。第二関門橋の事業費は橋梁だけで推定2000億円、関連道路を入れると3000億円。しかし、関門海峡にはすでに「関門橋」と「関門トンネル」があって、維持管理費はかかるものの交通量には十分な余裕がある。3本目となる第二関門橋の必要性が乏しいことは明らかで、福田政権時代の’08年に調査が打ち切られていた。

◆第二次安倍政権発足から計画が再浮上

 しかし第二次安倍政権が発足した’12年から「地元自民党議員が第二関門橋を口にし始め、打ち切りになったはずの事業がよみがえり始めた」(田辺よしこ下関市議)という。

 第二次安倍政権が誕生した翌月の’13年1月。当時の下関市長は年頭の挨拶で、安倍首相の発言を紹介した。首相は「(自分が)総理大臣になったから(公共事業が増えて)下関は良くなりますよ」と強調、具体的事業として「第二関門橋」と「山陰自動車道」の建設を挙げ、「国交省OBの山本繁太郎知事(当時)が誕生したのだから必ずできます」と太鼓判を押したというのだ。

 つまり、塚田前副大臣の忖度発言が飛び出す6年前に、首相自身が「第二関門橋の具体化は確実」と公言していたというわけだ。

 もう一つの安倍首相“忖度道路”といえるのは、「山陰自動車道」。こちらも着々と工事が進んでいる。日本海側の過疎地域を通る山陰自動車道は費用対効果が低く、山口県内の全長150qのうち、開通区間は「萩・三隅道路」(長門市〜萩市)のわずか15qにすぎない。

 安倍首相の故郷・長門市を起点とすることから“安倍道路”とも呼ばれる萩・三隅道路を走ると、残り8割以上の100qで建設が進まなかった理由は一目瞭然だった。

◆結局、その費用は税金だから

 一帯は人口も交通量も少ない山間部で、巨大な橋梁やトンネルの連続。建設費は15qで約700億円(1qあたり約47億円)。「萩・三隅道路」に隣接する“第二安倍道路”のような「長門・俵山道路」(長門市)の工事もすでにスタート。ここも山間部が建設予定地で、工事費がかさむトンネルや橋梁の連続。この区間の建設費も5.5qで約240億円、1q当たり約44億円にも上る。

 愛知県や大阪府で「万博関連」の事業を請け負ったA氏はこう語る。

「ゼネコンも自治体も、『道路を造れる理由』を求めている。“忖度”というか、『文句が言われない公共事業』を探している。結局、その費用は税金だから。他人のお金だからね」

“忖度道路”が生まれる背景には、国民の「無関心」がある。選挙も含めて、われわれも反省するところがあるだろう。

◆全国忖度道路一覧

安倍・麻生道路<下関北九州道路>3000億円

 安倍首相の地元山口と麻生財務大臣の地元福岡を結ぶ「下関北九州道路」は、塚田一郎前国交副大臣の忖度発言で”安倍・麻生道路”と呼ばれるようになった。108の地域高規格道路候補のうち国の直轄調査費がついたのはここだけで、政治力の産物と疑われている

安倍道路<山陰自動車道・長門・俵山道路>4000億円

 安倍首相の父・晋太郎氏の故郷の山口県長門市から工事が進む「山陰自動車道・長門・俵山道路」。開通済の「萩・三隅道路」(長門市〜萩市)とともに安倍道路の異名を持つ。人家が疎らな山間部を通り、橋梁やトンネルの連続で建設費は1q当たり約44億円

安倍バイパス<下関北バイパス>755億円

 安倍首相の選挙区(山口4区)の下関市中心部から、父・晋太郎氏が推進して具体化した人工島・長州出島(安倍アイランド)に向かって北に延びる下関北バイパス。「大型船入港可能な国際港湾」を旗印に755億円も投じられた長州出島だが、利用率は低迷

二階バイパス<那智勝浦新宮道路>

 二階俊博幹事長の選挙区(和歌山3区)を通る巨大バイパス国道「那智勝浦新宮道路」。建設費は15kmで約800億円(暫定額。2車線から4車線にした場合は約1200億円)。二階氏は紀伊半島一周道路の完成を訴えているが、自らの地元でいち早く巨大道路が完成した

江藤道路<九州横断自動車道>

 父が江藤隆美元建設大臣の江藤拓元農林水産副大臣の地元(宮崎2区)で建設が進む「九州横断自動車道」(宮崎県延岡市〜熊本県嘉島町)は人口が少ない山間部を突っ切る。費用対効果が明らかに小さい巨大道路は、江藤家2代の政治力の産物とみられている

米軍(久間)道路<西九州自動車道(佐世保道路)>1q200億円

 米海軍佐世保基地の目の前に「佐世保中央IC」がある「西九州自動車(佐世保道路)」は、長崎選出の久間章生元防衛大臣と米軍に忖度した軍用道路とされる。市中心部を通るため、8.3qの建設費は1629億円、1q当たり約200億円に高騰した

竹下道路<尾道松江線>

 中国横断自動車道・尾道松江線は竹下登元首相の故郷である「旧・掛合町」(現・雲南市)の近くにインターチェンジ(吉田掛合IC)ができたことから竹下道路と呼ばれる。直線状ではなく、くの字形路線となったのは政治力でねじ曲げられたとしか考えられない

中川・ムネオ道路<道東自動車道(北海道横断自動車道)>

 親子ともに農林水産大臣を務めた中川一郎氏と息子の昭一氏の地元十勝では、道東自動車道がいち早く完成。一郎氏の元秘書から衆院議員となった鈴木宗男氏の故郷・足寄町にも延伸された

古賀誠橋<朧大橋>

 古賀誠・元運輸大臣の地元(福岡7区)の「朧大橋」(福岡県八女市)は、古賀氏のおかげでできた「誠橋」(建設費63億円)と呼ばれ、未整備の道に突然県内最大のアーチ橋が出現する

取材・文・撮影/横田 一 写真/時事通信社

― 全国忖度道路 ―

関連記事(外部サイト)