27歳で50万を5000万円に!? 若き兼業投資家が注目する「恐怖指数」とは

27歳で50万を5000万円に!? 若き兼業投資家が注目する「恐怖指数」とは

イラスト/平戸三平

 日経平均は平成最後の4月相場で2万2000円を回復したものの、その後下げ調子。米中衝突で主要通貨も下げ基調。買えば儲かる金融商品はまず見当たらない。こんな状況で稼ぐには売りしかない。下げ相場でも稼ぎ倒すカラ売りマスターたちの手法を魂に刻むべし!

◆恐怖指数で資産5000万円!? リスクオフに備えたVIX売り

「最近はイベントがないため、令和関連銘柄をカラ売りしていました」

 そう話すのは兼業投資家のあやたか氏。会社員として働きながら、元手50万円から約5000万円の資産を築いた27歳のスゴ腕だ。

「投資を始めたのは’12年。最初はバリュー株投資への中長期投資でした。アベノミクス株高が追い風になったこともあり、3年ほどで1000万円まで資産を増やすことができた。でも、自分に投資センスがあるとは思いません。人よりも優れた点があるとすれば手法の数、でしょうか」

 バリュー投資から始めたあやたか氏だが、短期取引やカラ売りにも手を伸ばしていき、独特な着眼点から新たな手法を次々に生み出していく。

「例えば、ノーベル賞関連銘柄のカラ売り。ノーベル文学賞の発表が近づくと村上春樹さんの受賞期待で文教堂などの関連銘柄が買われやすくなります。しかし、村上さんが受賞できないと失望売りが出る。だから、発表前に高値をつけたらカラ売りしていました。今は債務超過のため信用取引に規制がかけられてしまいましたが……」

 当初は株式市場を主戦場としたあやたか氏だが、現在のメインは違う。

「ターニングポイントとなったのは’16年。VIX指数との出合いです」

◆VIX指数が急騰しても通過すればすぐに落ち着く

 米国の代表的な株価指数であるS&P500をもとに算出されるVIX指数は別名「恐怖指数」。金融市場がリスクオフになれば上昇する。

「VIX指数を知ったのはEU離脱を問う英国民投票の直前でした。当時は『残留だろう』というムードでVIX指数が上昇していました。そこで試しに売ってみたところ、まさかの離脱となりストップ高に。ところが、翌日には材料出尽くしで下落したんです」

 イベントでVIX指数が急騰しても通過すればすぐに落ち着く―英国民投票での値動きから、あやたか氏はチャンスの匂いを嗅ぎ取った。

「VIX指数は急騰することがあっても高止まりすることはない。もとの水準へと戻ります。つまり資金管理をしっかり行えば、イベント時の急騰を狙った売りが有効だと思ったんです。この戦略を実行できたのが米大統領選挙。トランプ当選のサプライズでVIX指数は急騰しましたが、やはりすぐに落ち着いた。少しずつ売り上がっていたポジションが功を奏しました」

◆VIX指数のチャートは独特

 VIX指数のチャートは独特。株や為替のようにトレンドがあるわけではない。日ごろは低位安定しながらもリスクオフイベントがあれば瞬間的に急騰し、すぐにもとの低水準を回復する動きを繰り返している。

「この習性から考えると少しずつ売り上がる戦略が有効です。15ポイントを越えてきたら売り。16、17と上がってたら売り増しと、1ポイントずつ売り上がっていくんです。売値よりも1.5ポイント下がった時点で利益確定です」

 あやたか氏が使うのはGMOクリック証券のCFD口座。FXとほぼ同じ取引ルールでVIX指数を取引できる。シンプルな売り上がり手法だが、何よりも大切なのは資金管理だ。

◆市場が油断したタイミングで火柱を立てる

「いずれ低下するとはいえ、どこまで上昇するか、天井はわかりません。リーマンショック時には89ポイントまで、昨年2月のVIXショックでも50ポイントまで上昇しています。リーマンショックは100年に一度のイベントですが、VIXショックのようなことは少なくとも数年に一度は起こる。50ポイントまでの上昇は見込んでおき、それでもロスカットされないよう、取引量を調整する必要があります」

 ただ、VIX指数は予定されたイベントで急騰するとは限らない。むしろ市場が油断したタイミングで火柱を立てることのほうが多い。

◆時間の経過で値上がりする大穴VIX銘柄にも注目!

「イベントを控えているときは大きめに売っていきますし、平時でも売り上がってリスクオフに備えています」

 VIX指数投資では、もうひとつ注目すべき銘柄がある。

「GMOクリック証券では3種類のVIX指数関連銘柄が取引できます。通常のVIX指数は『米国VI』。他に1.5倍のレバレッジをかけた『米国VIブルETF』もあるのですが、注目はVIX指数の値動きに逆相関する『米国VIベアETF』です」

 この銘柄はVIX指数が低下すれば上がる。VIX指数のカラ売り銘柄だ。

「米国VIベアETFは時間の経過によっても上昇。相場が安定していれば年1.4倍の値上がりも期待できます」

 米国VIベアETFは原資産となるETFで先物のロールオーバーコストが発生する。そのため、時間の経過とともに上昇していく傾向があるのだ。

「チャートを見れば、その傾向は明らか。ただ、昨年のVIXショックのようにVIX指数が急騰すれば、この銘柄は急落します。VIXショックでは1日でVIX指数が100%以上も上昇しました。私が調べたかぎり、過去28年で1度だけ。もう起きない、と考えるなら米国VIベアETFを少額買って長期保有するのもあり。時間の経過とともに1万円が1億円に化ける可能性すらありますから」

 独特な特徴を持つVIX指数と、その関連銘柄を乗りこなすことで、5000万円まで資産を増やしたあやたか氏。その手法、ぜひ真似してみよう。

◆<あやたか氏のカラ売り3ヵ条>

1 レンジに着目してVIX指数を少しずつ売り上がるべし!

2 急騰時には“必ず収束する”点に注目して売りエントリー

3 VIXと逆相関のベアETFの長期保有もアリ

【あやたか氏】

兼業投資家。20歳で株式投資を開始。VIX指数投資を中心にさまざまな手法を駆使して元手50万円が約5000万円に。

ブログ:「あやたかの株ブログ ―スイングトレード―」

― [カラ売り]の奥義 ―

関連記事(外部サイト)