「甲子園にイカ焼きを」……投資家たちは見た! 令和元年「株主総会」リポート

「甲子園にイカ焼きを」……投資家たちは見た! 令和元年「株主総会」リポート

6月25日の日産の株主総会は3時間22分の長丁場に!(日産HPより)

 令和元年の株主総会は話題満載。注目の企業からマニアックな企業まで有名投資家が表に出ない内幕を明かす!

◆令和初の[株主総会]リポート

 甲子園でイカ焼きを売ってくれ――そんな珍要請が飛び出して話題を呼んだのは阪神阪急ホールディングスの株主総会だった。対照的に、不正融資に揺れるスルガ銀行の総会では「社長やめろ」コールが飛び交うことに。令和最初の株主総会には、多くのドラマがあったのだ。’19年3月期は上場以来初の減益決算となったZOZOもしかり。

「前澤友作社長がツイッターで1億円のお年玉を配ったことに絡めて、株主の一人が『お年玉より配当を』と求めると、社長は『フォロワー数の増加に効果があった』と即答。昨年、ZOZOの役員に加わったインフルエンサーの田端信太郎氏について『SNSでの炎上をやめさせてもらえないか』と質問が飛んだときは、『田端も坊主にして反省している』と回答したのが印象的でした。もとから田端氏は坊主なんですから(笑)。ほかの役員に任せず、一人でユーモアを交えながら株主の質問に答えていく前澤社長を目の当たりにして、『この人、ロックだな!』と感心してしまいました」

 そう振り返るのは株主総会マニアとして、毎年数十社の総会の様子をリポートしているすずき氏。今年4月には日産自動車の臨時株主総会にも出席した。

「ゴーン・ショックもあってケンカ腰の質問も目立ちましたが、西川廣人社長は丁寧に質問に答えていました。この6月の総会も3時間半弱の長丁場で20人以上の株主の質問に答えたように、日産は積極的に株主の声に耳を傾けています。対照的だったのはテレビ東京。会場内でのSNS投稿が禁止で質疑応答も20分で打ち切り。経済メディアの雄らしからぬ総会でした」

 一方、巨額赤字を計上したRIZAPの総会に出席したのは個人投資家のmtips氏だ。

◆社長へエールを送る株主が

「荒れるのかと思いきや、質疑応答では『株価が怖くて見られませんけど、社長を信用しています。女房も社長のファンです』などと瀬戸健社長へエールを送る株主が多くて驚きました(苦笑)。その瀬戸社長は『今期も赤字だったら来年はこの場にいない』と明言したので、来年の総会が注目ですね」

 なかには、総会ならではの興味深いやりとりも。

「トヨタの株主総会で、ある株主が質問した『高齢ドライバーの暴走事故にプリウスが頻繁に登場するようだが大丈夫か?』は、今年のベストQでした。プリウスに問題があったとする事実はないのに、多くの人が漠然と抱える不安を言葉にしたかたち。メディアにはできない質問でしょう。トヨタにとっても妙な噂を一掃する好機となった興味深いやりとりでした」

 実は、こうした総会のやりとりが注目されるようになったのは最近のことだ。

◆スチュワードシップ・コード導入がモノ言う株主増加の契機

「’14年にスチュワードシップ・コード(機関投資家が投資先の不正監視などを行うための行動原則)が導入されたこともあって“モノ言う株主”が増加。経営陣が提示する議案に対して反対票が多数投じられる総会も増えています。今や『プロ同士の戦いの場』なんです。その反動で、株主平等の原則に反するとしてお土産を廃止する企業が増えているのは残念なことですが、見応えは十分。大手企業の事業報告を聞くだけでも楽しめます。今年のホンダのプレゼン動画は『映画?』と思うぐらい凝ったものでしたから」(mtips氏)

 まさしく“戦いの場”として総会を利用する個人投資家もいる。

「僕が好んで投資している銘柄は時価総額が小さく、株主総会の参加人数も少ない。数年前まで一般株主の参加者が僕一人という総会もあった(苦笑)。でも、小さい会社の総会のほうが絶対面白い。IR担当者からは『お答えできません』とはねつけられる質問でも、総会なら経営者に直接ぶつけられるからです。小さな会社なら質問者が少ないので、顔と名前も覚えられやすい」(かぶ1000氏)

 質問から投資の材料を引き出せることもあるとか。

◆『復配は考えていますか?』質問したら……

「中古車買い取り事業を展開するアップルインターナショナルの一昨年の総会では、減益決算でも自己資本比率が改善していることを指摘したうえで『復配は考えていますか?』と質問したら、『当然、考えている』という回答をもらえたんです。それを材料に株を買い増したら、昨年2月に8期ぶりの復配を発表して株価が急騰。1400万円以上の利益が出ました。似た理由で、現在は丸八ホールディングスの株を保有し続けています。不動産事業は堅調な一方、本業の寝具の訪問販売が苦戦続きなのですが、配当に関しては30円配当を維持することを株主総会でも明言していました。配当利回りは3.7%と高いので、インフレに強い債券の感覚で保有しています」

 復配や増配の要請は総会にありがちな質問だが、建設的な提案を行ったうえで要求するのが、かぶ1000氏のスタイル。さらに、継続して参加するほど、質問の“効果”が増すという。

「昨年の総会で引き出した答えが守られていなければ、それを踏まえた新たな質問をぶつけることができるし、売却を検討しようというサインにもなる。さらに、何度も参加していると、経営者の顔色で業績が読めたりもする。サイバーエージェントの藤田晋社長でも顔に出る。総会での表情が暗かった年は業績がかんばしくない傾向にありました」(すずき氏)

 参加する楽しみ以外に、投資の材料をゲットするチャンスもあり。来年こそは株主総会へGO!

◆’19年株主総会 注目Q&A

●阪神阪急ホールディングス 6/13

Q:「球場でイカ焼きを販売してほしい」

A:百北幸司・阪神電鉄常務「すべてのご意見を貴重なご意見と考え、球団に持ち帰り、話をします」

●トヨタ自動車 6/13

Q:「高齢者が運転する車が暴走している。事故を起こした車にプリウスが頻繁に登場する。運転ミスだと思うが大丈夫か」

A:豊田章男社長「事故が起きると日々幸せな生活が一瞬にして変わってしまう。自動車会社に関わる者として申し訳ない」

●ZOZO 6/27

Q:「執行役員の田端(信太郎)さん、SNSで人の死を使って炎上(註:『過労死は自己責任』とツイート)して企業理念と反するところがあるので、個人的にはやめていただきたい」

A:前澤友作社長「田端の問題については入社以来、ツイッターで炎上騒ぎを起こし、ご心配をおかけしております。(中略)田端も反省し、髪も坊主にし、今後は気をつけると言っています」

●スクウェア・エニックス 6/21

Q:「(ドラクエ10にログインしたままの長男を元農水次官の父が刺殺した事件など)国内でもいろんな出来事がある。企業理念にもあるが、ゲームは人を幸せにするのか?」

A:松田洋祐社長「ゲームというコンテンツに限らず、エンタメは人間が生きていくために欠くことができないもの。遊びや楽しさがないと人間は壊れてしまう」

◆お土産人気でダイオーズは満員御礼!?

 株主総会に足を運ぶことでもらえる「お土産」も一つの楽しみ。廃止する企業が増加している分、“もらえる”企業に人気が集中しやすいという。

「今年もお土産がもらえる会社の総会は朝9時の受け付け開始前から何人もの株主が列をなし、受け付けを終えたらすぐにお土産をもらって、次の総会へとハシゴする人が多数いました。私もその一人ですが、中でも人気なのがオフィスコーヒー事業などを展開しているダイオーズ。ここは、株主総会に最後まで参加した株主にのみ後日、200杯分のコーヒーが贈られるんです。6000人弱の株主のうち2000人近くが今年も参加していました。

 年々、参加者が増えるので会場が大きなものへと変わっていくことから、“流浪の総会”とも言われるほど(笑)」(mtips氏)

 このほか女性投資家の間で人気なのは、化粧品がもらえるハーバー研究所。広告塔の萬田久子さんのトークショー付きだ。アミューズほかエンタメ系ではライブが見られることも。

【すずき氏】

株主総会マニア。トップに直接疑問をぶつけられる面白さを知って株主総会マニアに。6月だけで20社近くの総会に参加。ブログ「スズキオンライン」やツイッターで詳細にリポート

【mtips氏】

優待投資家・お土産ハンター。株主総会でのお土産事情や株主優待に詳しい有名投資家。投資歴は10年以上。毎年100万円相当の優待、配当を獲得し、6月はお土産集めに注力。ブログ「株主総会お土産日記」

【かぶ1000氏】

億超え投資家。日本を代表するバリュー投資家の一人。累計利益は4億円超え。業績よりも、企業が保有する資産面の割安さに着目した銘柄の発掘に定評。ブログ「かぶ1000投資日記」

取材・文/高城 泰(ミドルマン) 池垣 完

関連記事(外部サイト)