安倍首相の「トウモロコシ緊急爆買い」は何だったのか?渦巻く翼賛デマゴギー

安倍首相の「トウモロコシ緊急爆買い」は何だったのか?渦巻く翼賛デマゴギー

安倍「社交」で、必要もないトウモロコシを安請け合い!? photo by The White House via flickr(Public Domain)

◆トランプの要請で米国産とうもろこし275万トンを引き受けた安倍首相

 去る8月25日深夜、G7首脳会合が行われたフランス、ビアリッツ発の共同通信配信で次のように初報が報じられました。

共同通信報より2019/08/25 23:16(JST)

”安倍晋三首相は、トランプ米大統領の要請を受け、米国産トウモロコシを購入する意向を示した。米農家は対中貿易摩擦が直撃し、中国への輸出が伸び悩んでいる。”(参照:首相、米国産トウモロコシ購入を表明2019/08/25 共同通信 )

 明けて8/26から続報が入り、詳細が明らかとなりました。

1.緊急輸入品 デントコーン

2.輸入数量 275万トン

3.輸入主体 民間穀物会社

4.緊急輸入の理由 日本における害虫(ツマジロクサヨトウ)被害のため

5.政府の関与 政府は、必要ならば倉庫保管料などを助成する*

<*"米国産トウモロコシ 275万tの保管料を支援−吉川農相2019/09/03農業協同組合新聞>

 まず国内で大きな虫害が発生し、トウモロコシなどの穀類に大被害が出ることで必要量の確保ができない場合、緊急輸入が可能であるのならばたいへんにありがたいことです。何しろ穀物は突発的な需要に対して対応できる余力が国際市場にそれほどありません。

 近年では、各国で穀物備蓄を行っており、日本も例外ではありません*。そうであっても、300万トン近い突発的需要に即応できるのならばこんなにありがたいことはありません。

<*日本は、政府60万トン、民間65万トンで合計125万トンのトウモロコシとコウリャンの備蓄を行い、最大二ヶ月の供給が出来るようにしている。 参照:農林水産省 5 我が国の農産物備蓄の概要(平成27年度) >

◆初期報道に見られた「おかしな点」

 しかし、この時点でおかしな事がいくつも出てきました。

 第一に、輸入デントコーンは乾燥子実であって、これは事実上国内生産していません。何しろウルグァイラウンド対策以降、トウモロコシは事実上の無関税ですので、約50%または12円/kgのたかい方という高率の関税税率が免除されています。従って国産は到底価格競争できないのです。従って、国内でトウモロコシが不作であってもそれは子実トウモロコシでは無いために、輸入デントコーンで代替することが出来ません。例えば今回、害虫被害が問題となっている国内生産トウモロコシの大部分は全草サイレージ向けで、これは輸入デントコーンでは代替できないものなのです。なお、桁が一桁減りますが、国内生産されているトウモロコシには、野菜に分類されるスイートコーンがありますが、これは種も商品形状も異なり、輸入デントコーンでは絶対に代替できません。

 第二に275万トンという数字ですが、これは輸入量のほぼ1/4で三ヶ月分の輸入量に相当します。そして国内生産量はデントコーンが統計外の自家消費用で500万トン前後です。但し、国内生産デントコーンは、全草サイレージといって、地上の植物体すべてを収穫してサイレージとするものであって、質量に占める子実の割合は精々二割程度です。従って、国内生産のデントコーンが壊滅したとしても不足するトウモロコシ子実は100万トン前後となります。実際には、生産量の半数前後は後述する虫害地域ではない北海道での生産量ですので、仮に西日本全域でトウモロコシが壊滅したとしても不足するトウモロコシ子実は、最大限見積もって30万トン程度です。従って緊急輸入量が10倍近く過大に過ぎます。要するに、数字が全く合いません。

◆「害虫被害」で「壊滅的打撃」の嘘

 第三に、ツマジロクサヨトウの被害です。このヨトウムシ(夜盗虫)は、新規に上陸した外来種で、今年7/3に鹿児島県南九州市で発確認されています*。

<*ツマジロクサヨトウの発生の確認について2019/07/不明 農林水産省、ツマジロクサヨトウ対策について2019/07/09農林水産省>

 この後急速に分布を拡大し、8月下旬には茨城県*でも確認されています。

<* 害虫 ツマジロクサヨトウ 茨城、高知で確認2019/08/21日本農業新聞>

 実は、私の自宅裏にトウモロコシ畑があり、スイートコーンが栽培されていましたが、全く虫害を感じさせず、お盆前後にすべて収穫され、出荷されました。尤も、愛媛県は14番目の発見県ですが、発見はかなり遅く9月2日*です。従って拡大速度は、ヨトウムシの割にはやや遅いように思われます。

<*害虫ガ幼虫 西予の畑で県内初確認2019/09/03愛媛新聞>

 このヨトウムシですが、非常にやっかいな害虫*で、私は40年近く前に家庭菜園を壊滅させられ、庭を焼き払った苦い経験があります。親の判子を持ち出した小学生に農薬を売るなど現在では考えられないことですが、勿論、基本的な農薬であるスミチオン、マラソン、ダイン(展着剤)、ジマンダイセンは使っていました。それどころか倉庫の肥やしだった在庫の10年ものBHCまで使っていたのだから恐ろしい小学生です。ちょうど遊びに来ていた家庭菜園を趣味とする父方の祖母は、小学生の孫が農薬をジャブジャブ使うのをみて青くなっていたのを良く覚えています。勿論、今の私なら血相を変えてやめさせます。このMADな小学生が唯一完全に敗北した相手がヨトウムシ(在来種)でした。ああ憎たらしい。ああ悔しい。ああ恨めしい。

<*農水省>

 ヨトウムシは、広食性(何でも食べる)で一般的な農薬が効きにくいかなりやっかいな害虫です。しかも「夜盗虫」と書くように夜行性ですのでアシナガバチなどの天敵が狩猟圧力をあまりかけられません。更にツマジロクサヨトウは、アフリカで蔓延したときに薬剤耐性を身につけたとされます。更に困ったことに、ツマジロクサヨトウは、在来のヨトウムシが食害しないイネ科の植物をとくに好みトウモロコシが最大の食害を受けます。

 一方で、日経新聞で報じられたもの*を除き、ツマジロクサヨトウについての広汎な薬剤耐性については、あまり報じられていません。農水省を代表とした農業指導資料、農業専門紙を調べますと、ツマジロクサヨトウが比較的薬剤耐性を持つことが分かりますが、現在の情報では制圧はともかく抑制不能とは思えません。

<* 農作物に脅威のガ、日本に侵入 鹿児島で幼虫を確認2019/07/15日本経済新聞>

 農水省が公開している対策*と薬剤**を見ますと、おそらく決定的とはいかないまでも、相当に抑制できるものと思われます。

<*ツマジロクサヨトウのまん延防止のための防除に係る対応 2019/07/09農水省>

<** ツマジロクサヨトウに対しては 以下の農薬を使用して防除を行ってください。2019/07/09農水省 ※執筆時点で薬剤耐性に関する緊急発表などは見当たらない>

 また、最近ではJA新聞がツマジロクサヨトウに使用可能な農薬について報じています*が、ここでも薬剤耐性への言及はありません。勿論、主たる理由は、情報の不足でしょう。事実、農水省の出すツマジロクサヨトウに関する情報でも、現時点で対策マニュアルがない事が大きな問題とされ、現状では暫定マニュアルで指導されています。

<*【クローズアップ・ツマジロクサヨトウ】ツマジロクサヨトウの生態と防除対策2019/09/12農業協同組合新聞>

◆官房長官発表から「翼賛デマ」がSNSで拡散

 菅義偉官房長官により、ツマジロクサヨトウによる害虫被害対策が緊急輸入という発表がありました*が、九州中国四国では厳戒態勢をとっているものの、トウモロコシやお米、サトウキビが壊滅的打撃を受けているという報道は一切ありません。この人は一体何を言っているのか?よその国か別の世界線(SF用語 パラレルワールド)の事かと首をかしげるのみでした。

<*米産トウモロコシ大量輸入、害虫被害が理由 菅氏説明2019/08/27朝日新聞、米産トウモロコシ爆買い理由は「大ウソ」? 米中貿易摩擦“尻ぬぐい”の言いわけか2019/09/03アエラドット>

 同様の疑問が噴出したためか、紹介するようなSNSでの発言が相次ぎ、情報は混乱を極めました。

 このような検証不能の個人発信情報が大量に流れる一方で、現地からは虫害によって農作物が壊滅したという報道は全くないのです。本来なら、農水省、県、日本農業新聞、農業協同組合新聞は連日大騒ぎになりますし、私が週一の楽しみにする温泉でもお百姓さん達は虫害の話題沸騰となるはずですが、そのようなことは一切ありませんでした。

 結局、農業協同組合新聞の9/3報道*で、このようなSNSでの発言は、典型的な翼賛流言飛語(翼賛デマゴギー)と確定しました。

<*ツマジロクサヨトウ新たに愛媛、山口でも 各県の発生状況2019/09/03農業協同組合新聞>

 この報道によれば、

◆食害があったという程度 収量減はない 鹿児島

◆被害は軽微 千葉県

◆影響は少ない 大分県、宮崎県

となります。

 農水省、各県の農政課、農業事務所、JA(農協)、日本農業新聞などの信頼性の十分いたかい情報源を多角的に分析する限り、ツマジロクサヨトウは7月の発見からわずか二ヶ月あまりで東北にまで伝搬していますが、農業指導、圃場(ほじょう)監視、農薬散布、早期収穫などが効果を上げているらしく、収穫への影響は軽微な模様です。

◆トウモロコシ緊急輸入275万トンに根拠は皆無

 以上三点だけでも、トウモロコシ275万トンどころか、50万トンですら緊急輸入する理由はありません。そもそも、数十万トン程度ならば125万トンの備蓄で吸収できるため、無理に緊急輸入せずにトウモロコシ相場の安いときに備蓄の回復と積み増しをすれば良いだけです。

 ツマジロクサヨトウは、たいへんにやっかいな外来害虫です。そもそも在来のヨトウムシ自体が非常にやっかいな害虫なのですが、既述のようにツマジロクサヨトウは、在来のヨトウムシが好まないイネ科の植物を好むため、トウモロコシやお米といった穀類を食害します。

 しかし、最低気温10.9℃を割り込む日が続くと、生育できず、最終的に死滅するとされています。幸い、九州、本州、四国、北海道の四島では、冬は平均気温ですら10℃未満になりますので、ビニールハウスに入り込まれない限り、本土で定着する可能性はありません。但し、沖縄、奄美、種子島、屋久島には定着する可能性があります。

 従って、正念場は来年の春以降でしょう。

 一方で、中国では制圧に成功したという報もあります*ので、中国、台湾、韓国、北朝鮮などと国際協力しながら制圧することも不可能では無いと思われます。事実、中国では備蓄政策の失敗によるトウモロコシの過剰作付けと豊作が相変わらず続いており、凶作という情報はありません。

<*害虫ツマジロクサヨトウ、危機的時期を脱却2019/09/19 NNA ASIA>

 いずれにせよ、今年はツマジロクサヨトウによる食害でトウモロコシの収穫が受けた打撃は軽微というのが確認できる限りの事実です。

 そして国内生産分のトウモロコシは、デントコーンは全草サイレージにする為早期収穫するので今年は大きな被害を受けず、しかも子実のみの輸入デントコーンとは用途が全く異なり、代替は不可能です。仮に国内生産分の飼料用トウモロコシが不足したとしても、最近は見かけることも減りましたが、一時流行った飼料米全草サイレージ*で代替する方が遙かにましでしょう。

<*稲の家畜飼料としての生産・利用の状況 平成19年12月 農林水産省、飼料米への誤解2018/01/15農業協同組合新聞>

 仮に全草サイレージをすべて濃厚飼料に切り替えれば、家畜は死んでしまいます。人間が野菜もお肉も無しで白米と米ぬか、ビタミン剤だけで生きて行けるかと言えば、それは難しい話で、家畜は人間よりも繊細です。

 そして量的には275万トンどころか数十万トンも必要か怪しいことで、それは国家備蓄、民間備蓄の合計125万トンの備蓄で十分に変動補償できうる範囲です。

◆NHKほかメディアも加担した翼賛デマ

 今回の緊急輸入ですが、官邸の会見で概ね三ヶ月分(250〜275万トン)のデントコーンを緊急輸入し、その理由がツマジロクサヨトウによるトウモロコシの食害と発表した時点で、「安倍社交」を正当化するための大嘘と看破できました。しかし、様々な翼賛デマゴギーがまことしやかに流布され、公共放送であるNHKや全国紙までが両論併記という形でこの翼賛デマゴギーに加担したためにファクトチェックにはたいへんな労力と時間を要しました。

 まさに政府腐敗であり、言論の腐敗です。まるで80年前に時間旅行したかのようです。市民の税金だけで無く、農家の財産や場合によっては生命まで危険にさらす翼賛デマゴギーは断固として排除せねばなりません。

 この新シリーズでは、三回から四回で今回挙げた三点を中心に解説してゆきます。

 なお、ツマジロクサヨトウについての農水省のファクトシートが今年6月に公表されています*。また、アフリカのツマジロクサヨトウについて、CIMMYT(2018)により技術ガイドが出版されています**。本件は、アジア各国の密接な連携と情報交換、農業技術交流が必須と言えます。

<*侵入を警戒する病害虫に関するファクトシート ツマジロクサヨトウ2019/06/07農水省>

<** Fall Armyworm in Africa:A GUIDE FOR INTEGRATED PEST MANAGEMENT First Edition, B.M. Prasanna, Joseph E. Huesing, Regina Eddy, Virginia M. Peschke, eds. 2018 USAID, CIMMYT, CGIAR>

『コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」』トウモロコシ275万トン緊急輸入1

【牧田寛】

Twitter ID:@BB45_Colorado

まきた ひろし●著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。1年半の沈黙の後著述家として再起。本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。原発問題についてのメルマガ「コロラド博士メルマガ(定期便)」好評配信中

関連記事(外部サイト)