損が出るほうが収入増!? 増えるFXユーチューバー、その実態とは?

損が出るほうが収入増!? 増えるFXユーチューバー、その実態とは?

オレ的ゲーム速報JIN氏

◆新型トレーダーが続々登場[FXユーチューバー]実況中継

 ユーチューブ人気はFX業界にも波及。近年増殖する彼らはどれだけ稼いでいるのか? 人気FX系ユーチューバーらの本当の懐事情を生配信でお届け!

  今や小中学生の「なりたい職業ランキング」で上位常連のユーチューバー。そのトレンドはFX業界にも押し寄せている。

「本格的に投資を始めたのは’16年。株高・円安が進んだトランプラリーの波に乗り4000万円くらい儲けたんです。FX動画をアップするようになったのも同じころ」

 こう話すのはFX系ユーチューバーの先駆者的存在のJIN氏。週に3本、自身のトレード成績などに関する動画を配信中だ。

「自分のトレードはファンダメンタルズ重視。基本的には株高・円安だと思っているので、悪いニュースが出れば買い、さらに下がれば買い増して、上がったら利益確定というスタイルです。下げても強制ロスカットされないよう、FXとCFDで合計1億5000万円ほどの資金を入れてあります」

◆2500万円損切りで月間広告収入80万円

 ’16年以降、NYダウ・ドル高相場に乗って順調に資産を増やしたJIN氏だったが、昨年後半からの円高で苦境に立たされた。買いポジションが膨らみすぎ、下げ相場で6000万円の損失に!

「日経平均が2万円を割った年末は吐きそうでした。追証対策のため積み立てしている保険から4000万円を借り入れしたほどです」

 さらに打撃を与えたのが、今年1月のフラッシュ・クラッシュ。

「豪ドル/円を200万通貨以上買っていたら76円から70円まで暴落。底で強制ロスカットされて2500万円の損失を出しました」

 ところが苦境に陥るほど動画の再生回数は増えていったという。

◆「人が苦しんでるところを見たいんでしょうね」

「人が苦しんでるところを見たいんでしょうね。今年は8月の英ポンド急落などで1000万円儲けましたが、米ドル/円などのロングも保有していたので含み損が一時5000万円を超えていました。それが9月に大きく回復して含み損が減っていくほど、再生回数が落ちていくんですよ(苦笑)」

 一本10分ほどの動画を作成するために、JIN氏は4〜5時間を相場情報の収集に費やしてから撮影。3〜4時間かけて編集した後、友人にテロップの挿入などの加工を依頼して半日作業で仕上げるという。それだけの手間をかけるとなると、かなりの広告収入が?

「それ、よく言われますが、ユーチューブからの収入は月80万円程度。それも編集を手伝ってくれる友人と半分ずつ分けています」

 ただし、さらなる副収入を得ているトレーダーもいるという。

「派手な成績を公開して視聴者を集めて高額商材を売ったり、アフィリエイトに誘導する人がいっぱいいる。特に海外のFX業者を使って大儲けした!と宣伝している人には要注意。僕のところにも『口座履歴画面を偽造できるツールを提供するから海外FXのアフィリをしてくれ』という依頼が来るんですよ。つまり、ニセのトレード成績でファンを集める詐欺的トレーダーがいる。海外FXは総じてスプレッドが広いのですが、アフィリのリンクを踏んで口座開設した人がトレードするたびに、そのスプレッドの一部がpipsバックというかたちでアフィリエイターに報酬が発生するんです」

◆「収入」以上にトレーダー人脈の開拓にメリット

 では、動画作成の動機とは?

「ユーチューブを始めて田畑昇人さんなどの著名トレーダーと知り合うことができました。お金を稼ぐことよりも本物のトレーダーと知り合いになれたことが何よりの成果だと思っています。そんなユーチューブに感謝してます!」

 ちなみに、JIN氏は来年以降の相場急落を予想して、目下、安全資産のゴールドや恐怖指数と言われるVIX指数の先物を買っているという。その予想が的中したら……さらにユーチューバーとしてブレイクするか!?

【オレ的ゲーム速報JIN氏】

 ゲーム系まとめサイト「オレ的ゲーム速報@刃」管理人として月間700万円の広告収入を10人のライターと分けあっている。’16年から始めたユーチューブでは大きな損切り報告が話題に。ツイッターアカウントは@oreteki_douga

●オレ的ゲーム速報JIN FX投資部

チャンネル登録者数 12.4万人

今年のトレード成績 ▼3500万円(内含み損2500万円)

YouTube広告収入 月間80万円(半分制作経費)

その他収入 月間数十万円(給与収入)

◆乖離を狙った売買で一撃1億チューバーに

「一撃1億」FX&株の夢かないました――そんな動画を8月にアップして話題を呼んだトレーダーがいる。オーリー氏だ。

「日足、週足に20SMAを表示させて、ローソクが乖離したところで逆張りを狙う。これがハマると一気に利益を伸ばせますが、乖離したままトレンドが続くことも。だから、ハイレバトレードができる海外FXを利用しています。私は熱くなると口座に入っているお金を使いきっちゃうので、損切りで減った証拠金でも大きなポジションが持てる海外FXのほうが低リスクなんです。国内FXより税率が高くなりますが、法人口座なら法人住民税を合わせても30%台に抑えることができるし」

 一撃1億はオーストラリアの株価指数の売買で実現した。

「6月から週足レベルで20SMAから大きく上に乖離してきました。一方で、オーストラリアの10年国債利回りは右肩下がり。その利回りが回復し始めたところで株は下げると判断して売り始めたんです」

 ところが7月末まで株高が続いて3600万円の損切りを経験!

「8000万円あった証拠金が半分になりましたが、そこで仕切り直して再び売っていった。そうしたら米中貿易摩擦の影響で8月5日早朝に大暴落! 前週末は1000万円ほどの含み益だったポジションが、まさかの1億超えの利益になっていたんです(笑)」

◆動画はほぼノー編集。撮影後30分でアップ

 実はオーリー氏、FX系ユーチューバーとしては異色の存在だ。

「カメラを回したらトレード成績と相場観を10分ほど話して、ほぼ編集せずにアップしてます。撮影後30分でアップして生っぽい情報を配信するようにしているんです」

 そんな簡単な動画でも平均3万再生程度の視聴回数を記録。ユーチューブの広告収入は月間30万〜40万円程度に上るという。「FX系の広告料は高めなのでFXで全財産を失ってもかろうじて食べてはいける状況」と話すオーリー氏。大負けしたら、動画をアップするのも一つの手か?

【オーリーch氏】

20歳で起業して貯めたお金を元手に’12年からFXを開始。初年度2000万円のマイナスを記録したが、投資法の研究に専念した結果、4年目からプラ転。現在は10か月50万円の受講料で150人ほどの生徒を抱え、トレードを指南中。@orli_FX

●オーリーch[世界ランク1位]

チャンネル登録者数 7.96万人

今年のトレード成績 +8000万円

YouTube広告収入 月間30万〜40万円程度

その他収入 講師料で生徒1人当たり50万円(10か月)

取材・文/高城 泰(ミドルマン) 池垣 完

関連記事(外部サイト)