2年前に菅原一秀前経産相も出席?統一教会と政治家の極秘会合、直撃取材に対し教団関係者から脅迫も<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第22回>

2年前に菅原一秀前経産相も出席?統一教会と政治家の極秘会合、直撃取材に対し教団関係者から脅迫も<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第22回>

京王プラザホテルで開かれた「平和大使と地方議員の集い」

 10月23日の昼前、ある目的を持った地方議員たちが東京・新宿に参集した。前日に行われた「即位礼正殿の儀」に参列したわけではなく、同日夕刻から開催される首相夫妻主催の晩さん会に出席するためでもない。都内のホテル宴会場で開催される「平和大使と地方議員の集い」なる懇親会に出席するためだ。その宴会場の受付で地方議員たちを出迎えたのは統一教会(世界平和統一家庭連合)の関係者だった。

◆菅原一秀前経産相も過去に出席していた教団青年部の懇親会

 10月に入って筆者は「毎年秋口、統一教会が政治家を招待して教団青年部との懇親会を開いている」との情報を得た。今年の開催日は皇位継承式典の中心儀式が執り行われた期間内の10月23日。 

 2年前の同懇親会には当時、衆院選を控え6期目の当選と閣僚入りを目論む菅原一秀前経産相が参加していたという。今年はどんな政治家が出席するのか、菅原大臣(当時)は現れるのか。確かめるべくジャーナリストの藤倉善郎氏とともに、今年の懇親会会場である京王プラザホテル最上階に設けられた高級宴会場・スカイバンケット「あおぞら」に赴いた。そこで我々は教団関係者による烈しい取材妨害と殺意を仄めかす脅迫に遭遇することになる。

◆選挙運動員派遣の見返りとして教団イベント出席を密約か

 天空を仰ぐ宴会場で行われる懇親会の目的は何か。そのひとつが政治家に青年信者たちを引き合わせ、選挙活動や議員活動をサポートする運動員やスタッフとして派遣することにあるという。

 2年前、菅原議員が出席した後に判明した事象からもその一端が垣間見える。菅原には2017年10月10日公示22日投開票の第48回衆院選で、統一教会の青年信者を運動員として使っていたとの疑惑がある。この疑惑について当時、菅原の政策秘書を務めていた現練馬区議会議員の柴田幸子と菅原本人に翌年4月の練馬区議補選の際、直当て取材したところ、二人の回答内容に食い違いが見られた。

 また、17年11月3日に統一教会の2世信者組織・勝共UNITEが永田町の星陵会館で開いた憲法改正イベントに、ゲストスピーカーとして菅原が登壇し青年信者を激励したことが判明している。

〈参照:統一教会イベントで2世信者を激励した議員に「信者運動員使用」疑惑浮上。本人を直撃|HBOL〉

◆現地取材で執拗な取材妨害「関係者以外立ち入り禁止」

 ホテルフロント階から直通エレベーターで最上階のスカイバンケットへ向かう。庫内には今年7月の参院選、大宮の市民ホールで開かれた北村経夫参議院議員の個人演説会を取り仕切っていた教団関係者が複数名乗り合わせていた。

〈参照:安倍首相肝いりの候補、北村経夫参議院議員の演説会に統一教会信者が大量動員|HBOL〉

 47階スカイバンケットフロアEVホールには歓談する数人の男性の姿。会話内容を聴いた藤倉氏によると栃木の地方議員のようだ。

 筆者一人で同階突き当りの「あおぞら」へ向かう。受付が見える位置まで進むと、待ち構えていた大柄な男性が立ちふさがり視界を遮ってきた。今年7月、大宮での北村演説会で来場者を出迎えていた教団関係者だ。もう一人、小柄な男性も加勢、二人がかりで退去するよう迫ってきた。小柄な男性は教団の都内主要教区の総務担当者だとのちに判明する。

大柄な教団関係者(以下、大柄)「ここから先は関係者以外は入れませんので下がってください!」

――ここでいいです、大丈夫です。

大柄「大丈夫じゃないんだよ!こっちは」

――今日は何をやってるんですか?

小柄な教団関係者(以下、小柄)「あなたに教える必要ないでしょ、どう関係があるんですか」「勝手に撮らないで!」

大柄「下がってください」

 受付が見えなくなる位置まで筆者を追いやろうと身体を密着させ突き出た腹をぐいぐい押し当ててくる。

――暴力やめてください。

 さらに筆者の腕を掴んできた。

――触らないでください

大柄「迷惑です、不審者ですね」

小柄「こちらもお金を払ってこの場所を借りてるんですから」

◆大宮の市民ホールでの遭遇をとぼける教団関係者

――勝共連合の人でしたっけ?

大柄「何寝ぼけてるんですか」

――北村事務所の人でしたっけ?

大柄「朝から何寝ぼけてるんですか」

―大宮でお会いしましたよね?

大柄「迷惑ですから!」

――北村事務所は知らないって仰ってましたよ。

大柄「不審な人は困るんです」

 小柄な教団関係者が慌てふためいたのか言い間違える。

小柄「こちらはお金を借りて(会場を)借りてますので」

――お金を借りて借りている?

小柄「揚げ足を取るようなこと言わないでください」

◆教団関係者による執拗な撮影妨害

――入れないんですか?

大柄「入れないですね、招待もされてないので」

――招待制なんですか?誰が入れるんですか?

小柄「あなたに教える必要ないでしょ」

――教えてくださいよ。反社会的団体がこういうところを借りてやってるんですから

大柄「反社会的な行動はやめてください」

――何もしてませんよ

――今日はどんな議員が来てるんですか?

小柄「話す必要ないでしょ」

――そうなんですね、じゃあ撮らないと

――景色撮っているだけなのに(フレームに)入るならあなたたちには肖像権ないですよ

小柄「わかってますよ」

◆「隠し撮り野郎」

 その時、大柄な方の教団関係者が筆者にこう呟いた。

「隠し撮り野郎か」

小柄「今までやってきたこと言われてるでしょ」

――何をですか?

小柄「撮らないでくださいって」

――取材だから撮りますよ。何か都合が悪いんですか?

大柄「迷惑掛かるようなことしないでください」

――誰に迷惑がかかるんですか?

大柄「お客さんに迷惑がかかる」

――お客さんって誰ですか?

大柄「ご迷惑ですから」

――誰にですか?

大柄「私たちの団体に」

――私たちの団体って何ですか?

大柄「こちらの主催に迷惑ですから」

◆暴力を振るわれる

 そしてついに暴力に打って出た。大柄な方が筆者の右腕の肘の辺りを握り、親指を立て強く押し当ててきた。右肘に激痛が走る。

――痛い、痛い!

大柄「ちょっと触っただけなのに。言いがかりですか」

――すごい力、憎しみこもってますね

大柄「私はもう愛しかないです」

――北村事務所って言ってましたよね

大柄「何の話ですか」

――大宮でお会いしましたよね?

大柄「どうでしょう」

 また腕を掴んでくる。

――痛い!暴力はやめてください

大柄「言いがかりですか」

――痛い!勝共連合ってすごいですね

大柄「反社会的な方は困ります」

――反社会的って統一教会のことじゃないんですか

大柄「統一教会はもう名称変わっているでしょ」

――家庭連合ですよね

――今日はどんな議員が来てるんですか?国会議員も来てるんですか?

小柄「言う必要はありません」

◆「私にそっくりな知り合いが『今度会ったらぶっ殺す』」脅迫めいた言動も

 さらに脅迫までしてくる統一教会関係者。

――大宮で北村のスタッフだって仰ってたじゃないですか

大柄「さあどうでしょうね」

大柄「私にそっくりな知り合いがいるんですけど、なんか言ってましたね、そういえば、隠し撮り野郎、今度会ったらぶっ殺すって」

――あなたにそっくりな人が僕のことをぶっ殺すと言ってるんですか?

大柄「あなたのことか判りませんけどね」

――ご本人じゃないんですか?

大柄「私じゃない」「ま、そういうことで」

――今度会ったらぶっ殺されるんですね

大柄「なんか武道しているみたいですから」

――韓国空手ですか?

大柄「空手というか総合(格闘技)」

◆招待の川崎市議会議員が証言

 妨害を受けながらも20名ほどの地方議員らしき人物を捉えることができた。その中に、面識のある男性がいた。自民党の末永直川崎市議会議員だ。まとわりつく教団関係者を振り払い末永議員に話しかけた。

――これ統一教会関係ですが大丈夫ですか?

「付き合いがあって」

――直接、誘いや招待があって?

「そうですね」

 付き合いのある地方議員を招待しているようだ。

◆言質を取る藤倉氏

 別行動を採り、受付手前まで近寄ることに成功した藤倉氏だが、やはり別の教団関係者から徹底マークを受ける。

――菅原一秀さんは今日来られないんですか?

「来ないですよ。呼んでもないです」

 今年は招待されていなかったようだ。

――菅原さん、お会いしたいんですよね

「こちらでは関係ないです」

――去年(実際は一昨年)来られたんですよね、菅原さん

「ちょっと分からないです」

――去年は来られたと聞きましたよ

「こちらではないです」

――また別の統一教会イベント?

「教会ではないです」

――勝共連合とかUNITEとかそんな辺りですか

「いろいろありますね」

――いろいろありますよね。じゃあ今日も教会ではない?

「違いますね」

「始まりの時間までよく把握されましたね。その情報収集能力はたいしたもんですね」

 愛知での教団イベントについても訊いてくる。

「名古屋*も行かれたんですか」

〈参照:“統一教会”の国際会議に自民党国会議員大量出席、清和会会長が来賓として講演|HBOL〉

 どのような議員が来ているのか確認する藤倉氏にこう答える教団関係者。

「顔見知りの方、普段からお付き合いのある先生方が」

 ついには愚痴まで飛び出した。

「こちらも全く予測してなかった。不意打ち状態」

――“やられたコメント”だけいただけませんか

「想定もしてなかったです」

――教会のイベントじゃないってことは宗教的なお話とかは

「全く別のあれですから」

――お父様(故文鮮明教祖)やお母様(韓鶴子総裁)のお話とか

「レベルっていうかカテゴリーが違う」

――韓鶴子さんの業績とかお話とかは

「全く出ないわけはないですけどね」

 統一教会イベントであることを示すコメントを引き出す藤倉氏。雑談の中から有益な情報を得て言質を取っていく取材手法は長年のカルト取材で培われたものであり、藤倉氏が得意とするものだ。

◆「ぶっ殺す」発言を検証、同一人物と判明

 ランチタイムとなり、豪華な弁当が運ばれていく。京王プラザホテルのサイトを確認したところ「幕の内弁当(和または中)1名様 5,090円」のようだ。

 藤倉氏と合流、「ぶっ殺す」との発言について改めて大柄な方の教団関係者に問うと、こう嘯いた。

「私とそっくりな知り合いが、あなたとは言ってないですよ、私とそっくりな知り合いが『隠し撮り野郎、今度会ったらぶっ殺す』と言っていたと言っただけです」

 しかし、大宮での参院選取材データを確認したところ、おおみや市民ホールで来場者を仕切っていた「そっくりな」人物は今回取材妨害を行った大柄な教団関係者と同じ柄のネクタイを締め同じデザインのスマートフォンケースを使用していた。

「私とそっくりな知り合い」というのがこの教団関係者自身であることは明白だ。

◆菅原議員の参加について「言う必要ない」

 取材を終える際、小柄な方の教団関係者にコメントを求めた。

――今日のコメントは?

「言うわけないでしょ」

――どう思ったかを。

「自分たちも正義感を持ってやってるんでしょうけど、それぞれ価値観があるわけですが、我々今日は正直……迷惑」

――今日来てくれた政治家に対して

「言うわけないでしょ、私はそういう立場じゃないですから」

――2年前に菅原大臣が来たようですが、そうなんですか?

「そんなこと言うわけないじゃないですか、ほんとくだらない質問だな。私がそれに対して答えを出すわけないでしょう。私が正直その方と親しかったらまだあれですけど、そんな私、親しいわけじゃないし」

――2年前に来ていたって聞いてます?

「言う必要ないでしょ」

――菅原一秀さんはご存じですよね?

「そりゃ有名でしょう、メロンとか蟹とか」

――教団青年部が(菅原の)選挙に協力したという話があるが

「私は知らないですよ、私は。その方の考えがいろいろあると思うので」

――きっかけがこの会ではないかと

「それはどこかから情報を仕入れてきたわけでしょ」

◆教団と政治家の関係の一端が判明

 こうして統一教会による政治家への働きかけの一端が明らかとなった。

 地盤(支持後援組織)・看板(肩書・地位・知名度)・鞄(資金)の“3バン”を持たない政治家にとって、後援会を結成し事務所スタッフから選挙運動員まで必要な人員を派遣してくれる統一教会はありがたい存在だ。菅原のようにピンポイントで選挙運動員や演説会の聴衆の数合わせに使う政治家も多い。その見返りは秘密裏に教団イベントへ来賓出席するだけだ。

◆地方議員から国会議員へ育成

 今回は地方議員を対象にした懇親会だったようだが、もちろん地方議員だからといって見逃してよいわけではない。事実、地方議員時代から後援会を結成して”育て上げ”、お抱えのまま国政選挙を経て紐付きのまま国会に送り出すパターンもある。

 その一人であり衆議院議員となってからも緊密な関係を続けていた自民党の故白石徹(愛媛)の様な例は多いとされる。何度も白石を韓国へ連れて行きマンツーマン研修で教義「統一原理」を仕込んでいた教団にとって白石の病死(2017年3月、悪性リンパ腫により死去)は痛手だった。

〈参照:教祖夫妻の写真が飾られた壇上で挨拶する現職国会議員、統一教会との“ずぶずぶの関係”が発覚|やや日刊カルト新聞〉

◆公募議員など“3バン”を持たない政治家もターゲット

 また、山本朋広防衛副大臣のように、公募から公認され議員となった政治家もターゲットだ。“3バン”を持たない公募公認候補だった山本の後援会も統一教会関係との指摘がある。

〈参照:直撃取材に警察を呼んだ“自己防衛”副大臣|HBOL〉

 なお、今回の件について菅原前経産相の事務所に質問書を送ったが期限までに回答はなかった。(文中一部敬称略)

 なお、今回の取材のやり取りを動画にて公開している。

<鈴木エイト(やや日刊カルト新聞主筆) 取材協力・写真/藤倉善郎(やや日刊カルト新聞総裁)・Twitter ID:@daily_cult3>

【鈴木エイト】

すずきえいと●やや日刊カルト新聞主筆・Twitter ID:@cult_and_fraud。滋賀県生まれ。日本大学卒業 2009年創刊のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」で副代表〜主筆を歴任。2011年よりジャーナリスト活動を始め「週刊朝日」「AERA」「東洋経済」「ダイヤモンド」に寄稿。宗教と政治というテーマのほかに宗教2世問題や反ワクチン問題を取材しトークイベントの主催も行う。共著に『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩選書)

関連記事(外部サイト)