萩生田文科相下で進む認可手続き。審議会へ諮問された「幸福の科学大学」とは?

萩生田文科相下で進む認可手続き。審議会へ諮問された「幸福の科学大学」とは?

HSUの校舎棟。中央奥に見えるのがピラミッド型礼拝堂(読者提供)

 萩生田光一文科相が11月13日、設置認可申請中の「幸福の科学大学」を含め大学・短大15校について、認可の可否の審査を大学設置・学校法人審議会に諮問した。幸福の科学大学が2014年の申請時に不正行為があったため5年間認可しないペナルティが課されていたことも含めて、時事通信や朝日新聞などが報じた。

 諮問を受けて、今後は大学設置・学校法人審議会が審議。来年8月末に答申を行い、文科省が可否を判断するというスケジュールだ。

 幸福の科学大学の前回の不認可やペナルティの理由、そこに萩生田文科相が関与していた事実については、先日本誌でもリポートした通り(「身の丈」発言だけじゃない。萩生田文科相と認可再申請中の「幸福の科学大学」の危うい関係)。今回は、幸福の科学が目指す教育の実態と、大学を認可することの問題性についてさらに掘り下げたい。これを踏まえることで、萩生田文科相の問題も再認識できるはずだ。

◆大学ではない「ユニバーシティ」を開設

 前回申請時、幸福の科学大学は2015年開学を目指していたが2014年に不認可に。ところが幸福の科学は、大学にする予定だった千葉県長生村の施設を「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU)として、予定通り2015年4月に「開学」させてしまった。現在まで5年間、「大学ではないユニーバーシティ」として運営されている。

 大学はおろか各種学校((予備校、自動車学校、日本語学校、神学校などが含まれる)などの認可も得ていないHSUは、「教育」内容に文科省ほか行政の干渉はない。おかげで、今年10月の再申請の具体的内容は明らかになっていないもののHSUの実態を見ることで、幸福の科学が目指す「大学」の本当の姿が垣間見える。

 前回の記事で紹介した通り、2013年に教祖・大川隆法総裁は教団内での講義でこう語った。

「認可が下りるまでは一応、文科省の指導方針に合わせた方向で作っていくが、逸脱していくことは当然ありうる」(「『教育の使命』講義」より)

 仮に認可を得たとしたらその後、幸福の科学や大川総裁はどのように「逸脱」させていこうと目論んでいるのだろうか。

◆可申請前に課税問題で物議を醸した

 前回2014年の申請に先立って建設された「大学」用施設は、ピラミッド型礼拝堂を備えた4階建ての校舎、学生寮、食堂など。もちろん体育館もある。敷地面積16万9000平方メートル。「大学関連施設だけでも百数十億円を投資」(ザ・リバティ記事より)したという。

 敷地は、もともと宗教法人幸福の科学が2008年に57億円で購入した31万平方メートルの一部。購入後、教団が空き地として放置していたため、地元長生村議会が固定資産税の課税(年間約2500万円)を主張した。宗教法人が所有する土地のうち、非課税扱いになるのは「宗教法人が専ら本来の用に供する土地であること」などの条件を満たす場合とする判例に基づいたものだ。

 しかし当初は教団が課税に反発して議会と対立。教団との癒着が指摘された当時の村長をめぐって議会で「百条委員会」が設置されたり、その村長が選挙で落選し幸福の科学への課税を公約に掲げた現村長の小高陽一氏が当選したり。大学の認可申請以前に土地をめぐって揉めに揉めた。

 教団側は空き地に「読経処」などと書いた看板を立て、宗教行為に使用している土地であるかのようなアリバイ作りで対抗した。

 2013年、新村長・小高氏が課税問題に決着を着けた。教団が、2009〜2012年分の固定資産税額に相当する1億円を村に寄付し大学予定地の2013〜2015年分までの課税を受け入れることを条件に、過去の固定資産税を課税しないことを提案し、小高村長が受け入れた。当時、小高村長は私の取材に対して、こう語った。

「教団側からこの条件を示され、“今日中に決断しなければこの条件はなしだ”と言われた。教団との話し合いが難航することはわかっていたし、裁判になった場合のコストを考えれば、悪い条件ではない」(小高村長)

 高圧的な姿勢で好条件を出してくるという、教団側のワケのわからない歩み寄りだった。

 こうして、翌14年に大学用施設が完成し、3月、文科省に認可を申請。同年10月に不認可に。5年間認可されないという絶望的ペナルティを課せられたものの、大学用施設を放置せず無認可のHSUとしてスタートさせたというわけだ。

◆私塾というより宗教施設

 無認可のHSUは「私塾」などと呼ばれたが、実質的には信者養成のための宗教施設。幸福の科学自身、HSUを「幸福の科学が運営する高等宗教研究機関」(教団公式サイト)と呼んだ。

 「学部」は3つ。文系の人間幸福学部、経営成功学部、理系の未来産業学部だ。後に芸能人やクリエイター養成を謳う未来創造学部が追加され、東京・江東区に東京キャンパスが設置された。

 「開学」初年度は、1学年240人の定員のところ260人が「入学」。大半が信者であり、信者を親に持つ「2世信者」だと思われる。HSUは大学でも各種学校でもないので、入学しようが卒業しようが学歴にはならない。

 無認可の施設や団体が「学校」や「大学」を名乗ることは、学校教育法によって禁じられている。しかし「ユニバーシティ」を名乗ることについて規定がないというのが、文科省の見解だった。

 施設名以外についても英語名称が用いられる。たとえば学長に相当する者は「プリンシパル」、学部長は「ディーン」、教授は「プロフェッサー」といった調子だ。海外から見たら立派に「ニセ大学」「ニセ教授」だろうが。

◆県内偏差値70弱なのに卒業生の8割が「ニート」になる高校が出現

 大学開設を計画している学校法人幸福の科学学園は2010年に栃木県に幸福の科学学園那須校(中学・高校)を、2013年に滋賀県に同関西校(中学・高校)を開校させていた。

 HSUが「開学」した2015年は、このうち那須校の3期生が卒業した年にあたる。同年3月にHSUのピラミッド型礼拝堂の落慶式で、当時の学園理事長・木村智重氏が挨拶に立った。前回申請時に文科省職員に対して脅すような発言をしたとされている人物だ(前回の記事参照)。

「実は昨日、幸福の科学学園那須本校にて、第3期生の卒業式がございました。ちょうど100名の卒業生が輩出したわけでありますが、そのうちの約8割、80名近い彼らが、このHSUに進学してまいります」(木村氏)

「国公立(大学)の発表はまだなんですが、早稲田・慶応、早慶には、去年の合格実績である29名を上回る、昨日時点で30名もの早稲田、慶応の合格生が輩出しております。その彼らのほとんどが、早稲田、慶応に行かず、この主が作られた、神の力がはたらくHSUに進学してくる予定です」

 「主」「神」とは、幸福の科学において地球至高神エル・カンターレであるとされる大川隆法総裁のことだ。

 幸福の科学学園高校の卒業生100人のうち8割が、HSUに「入学」。早稲田・慶応大学に合格した30人も含めて約80人もの若い信者たちが、HSUに行くために進学も就職も放棄してしまったのである。

 文科省では全国の学校の統計をまとめる「学校基本調査」を毎年行っている。同省の担当者に確認したところ、このようなケースは「進学準備」にも「就職準備」にもあたらず「その他」に分類されるという。それではニートではないですかと尋ねると……

「ニートというのは経済産業省のほうで使っている言葉で、そういう判断はこちら(文科省)では行っていませんので……」(文科省の担当者)

 HSU「開学」前年の学校基本調査では、全国の高卒者の進路のうち「進学も就職もしていない者」は4.5%、「その他」6.1%。これがHSU開設年の幸福の科学学園ではなんと8割。県内偏差値70弱を誇る学園なのに、進学率は20%以下だ。

 この傾向は現在まで変わらない。栃木県発表の学校基本調査2019年度分でも、幸福の科学学園では卒業生98人の大学進学率はたった11.2%しかない。「専修学校等への進学者」も同数、「就職」は1人(1.0%)。76.5%にあたる75人が「左記以外の者」となっている。

 学園卒業生の証言によれば、HSU開学時にすでに学園を卒業し一般の大学に入学していた信者の中にも、中退してHSUに入った者が少なくないという。

 無認可のままHSUが開設されたことで、統計上「ニート」と変わらない若者を大量に輩出する高校が出現してしまった。不登校でも引きこもりでも病気療養中でもない。一般の有名私立大学に合格済みの人も含む、通常ならニートになりようがない若者たちだ。

 HSU開設前に学園を卒業した別の元学園生は、こう語る。

「私も親や教団職員たちからHSUに入るように勧められました。職員たちは、露骨な強制はしないんです。いくら嫌だと言っても、面接のように大人たちが私の前に並んで座って、『どうしてそんなに嫌なの?』と、優しい口調で何時間も圧をかけてくる。家に帰ると、親がなぜHSUに入らないのかとなじる」

 以前、〈終わりなきカルト2世問題の連鎖<短期集中連載・幸福の科学という「家庭ディストピア」1>〉で紹介した元2世信者の言葉だ。この2世は最後までHSUへの「入学」を拒んだ。現在は信仰を失っており教団から距離を置いている。

◆大学の前にまず学校法人の問題

 教団が「優しい口調で何時間も圧をかけてくる」という以上の「強制」によって若い信者をHSUに送り込んでいるという話は、いまのところ聞かない。HSU入学者たちは外見上、さも「自由意思で選択した」かのような体だ。

 だからこそ、かえって「学校教育」として恐ろしい。統一教会のような正体や目的を偽る偽装勧誘ではない。オウム真理教のような暴力や薬物を用いた「洗脳」でもない。進学や就職を放棄してHSUに入るなどという不合理な進路を正しいと信じ込み自ら選択する未成年信者が、県の認可を受けた学校教育を通じて大量に作り出されている。

 この学園では、通常の歴史の授業中に教祖の「霊言」に基づいて歴史上の人物の過去世や歴史に対する宇宙人の関与などについて教えている。「宗教」の授業ではない。「歴史」の授業だ。また幸福実現党を支持する政治教育(教育基本法で禁じられている違法な教育)を行い、寮生活のルールを破った生徒を隔離して授業にも出させず教義ビデオを見せたり反省文を書かせたりする「隔離措置」まで行う。この隔離措置は、生徒への懲戒処分について基準などを事前に生徒や保護者に明示することや懲戒内容が「社会通念上妥当性を欠くものとならないように」することを求めた文科省通達に反している。

 「隔離措置」は露骨な人権侵害だし、授業内容も、未成年者のマトモな教育を受ける権利を侵害している。宗教の名の下に、こうした教育を間違っていると感じない生徒を養成しているという意味では、「反人権」教育ですらある。

 幸福の科学大学の問題を理解するには、大学以外の場面でそもそも逸脱している学校法人が今度は大学を作ろうとしているのだという構図を認識する必要がある。この学校法人が運営する中学・高校が県の認可を受け運営され続けていることが、そもそもおかしい。

 次回は、申請前の2013年から不認可となった後の2015年までに発刊された「幸福の科学大学シリーズ」や同施設で上映された大川総裁の法話、HSU生の外部学会発表などから、同施設の教育内容などについて迫る予定。

<取材・文/藤倉善郎>

【藤倉善郎】

ふじくらよしろう●やや日刊カルト新聞総裁兼刑事被告人 Twitter ID:@daily_cult4。1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

関連記事(外部サイト)