「僕らは覚醒した、きみたちはどうだ?」<日本人がまだ知らない香港デモの実像・後編>

「僕らは覚醒した、きみたちはどうだ?」<日本人がまだ知らない香港デモの実像・後編>

日本語で書かれた「自由はどこ」

 2019年6月からの半年で7000人以上の逮捕者と莫大な数の疑惑、負傷者、死者行方不明者を出した一連の反送中デモは法案廃案後、五大要求を掲げ、2020年も収束する気配がない。

 彼らがなぜ立ち上がり続けるのか。

 世界へと爆発的にシェアされたこの運動の新時代性について、香港市民たちの言葉とともに見つめた。前回、彼らの活動を支えた「ツール」を紹介したが、今回はその中で拡散した「ミーム」について紹介したい。

◆レジスタンスのエンタメ化

 これはデモの呼びかけのために拡散された動画。我々世代にはお馴染みの『新世紀エヴァンゲリオン』の次回予告を模したものだ。こういう動画や画像が、毎日絶えずtelegramから発信されSNS上に拡散されていく。日本なら広告代理店が入ったかのようなクオリティ高い表現がプロテスターのイメージを更新していった。共に歩きたい。混じることがカッコいい。足を運ぶことへの肯定感がある。現場にいてもいなくても、現状に影響を与える窓口が莫大に増えたSNS時代の政治運動。レジスタンスのエンタメ化とも言えるこの柔軟な表現力を日本の政治クラスタも学ぶ必要があるだろう。

「be water」 若き香港人たちが発明したこの都市型闘争の方法論はすでにカタルーニャ、フランス、インドネシア、チリ、などにシェアされ、世界中に新しい花を咲かせている。

◆弾圧は抵抗を呼ぶ。抵抗は友を呼ぶ

「香港市民はこの反走中デモをきっかけに思いやりや助け合いの心に目覚めた」と多くの人が口にした。

 今までの香港人は都会的でクール、他人にあまり興味を持たなかったが、これを機に変わったのだという。コンビニや個人商店などには、デモ参加者向けに無料のペットボトルが置かれ、MTRやフェリーの切符売り場には、誰かがまとめ買いした切符が大量に置かれた。忙しく、デモになかなか参加できない社会人世代が、お金のない若い世代向けに無料でプールしてあるのだ。MTRに警察が介入してからはtelegramを通じて自動車による無料の送迎も盛んになった。そのためにUberTAXIに登録した50代の男性もいる。香港市民の結束は今、世代や格差の垣根を超え強くなっている。

「弾圧は抵抗を呼ぶ。抵抗は友を呼ぶ」−−。

 50年前の沖縄で瀬長亀次郎氏が言ったことが目の前で起こっているような気分だった。いわゆる日本の「有識者」たちが引き合いに出す、日本の全共闘から連合赤軍、浅間山荘事件までの先鋭化と分断という終焉について、私は今の香港をその物差しで見ることは浅はかだと感じている。彼らは自分の5分先すら知らない。彼らはいつも地下鉄の路線図とスマホを見ながら、次の行き先を決めるのである。そんな場面に何度も出くわした。権力を持つリーダーもいない。他人に何かを強いることもない。運動内で強いられることもない。帰りたい時に帰り、来たい時に来る。

 自己も他者も縛らず、水のように生きる。強制性のないところにこそ可能性が生まれると知っているのだ。そういう意味で、香港の現状は、あさま山荘よりコザ暴動に近いのだと私は考えている。

◆「命がけ」というレッテル

 それは死についてもそうだ。よく日本のメディアや一部の「有識者」たちは、「彼らが死を覚悟している」とヒロイックに語りたがるが、それはアグネス・チョウを香港デモの女神と喧伝するのと同じように、外野からの一方的な押し付けにすぎない。ばかばかしいものだ。そんなファナティックな時代ではない。

 POLYU 香港理工大学が警察に封鎖された時、マスコミへの退去勧告を聞き逃した私も一緒に閉じ込められた。すでに実弾発射警告が出された学内で、唯一の日本人だった私にプロテスターたちは詰め寄ってきた。「頼む。日本人。警察がメディアを出したということは、彼らは今夜、僕らを殺すということだ。でも、日本人であるきみが、まだここにいることが外に伝われば、僕らも殺されずにすむかもしれない、、、どうか、外の世界に、きみの存在を発信してほしい。そして、日本領事館へ電話してアピールしてほしい」彼らは泣きそうな表情で、私にそう懇願してきた。

 これがその時の動画だ。そこにいる誰もが皆、必死で生きようとしていた。命を捨てようとする者などひとりもいなかった。生き残るための道を探していた。生にしがみついていた。気づけば、私自身もそのひとりだった。

 あの夜、何があったかはまだ書くことができない。ただ、あの夜、彼らと一緒に食べたカップラーメンの味と、「あなたは命の恩人だ」と震えながら、ある香港人がおごってくれたコーラの味は、生涯、忘れることがないだろう。簡単に、命がけだ、死を覚悟などと言ってほしくない。命からがらだ。這ってでも、下水道通ってでもみんな生きようともがいた。

 生きるために、よりよく生きるために彼らが抵抗しているということをこれを読んでいる人々はどうか忘れないでほしい。

◆香港のこれから 〜僕らは覚醒した

 僕らは覚醒した、きみたちはどうだ?−−。

 香港のデモには今のところ終息の気配がない。30代のある香港人男性Dは言った。

「今は黄色経済圏(黄色が民主派、青が親中派)をより強くするしかない。デモ隊支持を表明してる店でしか食べない。近くにないときは水で我慢する(笑)。そうやって、消費の中から変えていくのが大事なんだ」

 確かに黄色の飲食店には連日行列ができていた。今は、どこが黄色の店かすぐにわかるアプリも登場した。

 彼らは多くの犠牲を払ったが、大きな誇りに満ちているように感じた。

 それは中国本土、広東省にデモが広がったことも大きい。

「彼らも僕らと同じ、時代革命というスローガンを使っている。僕らは確実に影響し合っている。このつながりは今、水面下で強くなりつつある。去年の今頃、香港がこんなふうになるなんて、誰も予想しなかったでしょ?僕ら香港人だって誰も予想してない(笑)。 ということは、来年、中国が無くなったって不思議じゃないんだ。まだ、始まったばかりだよ。 僕らは覚醒した。怖いけど、何もしなくてもどうせ怖いんだから、行動したほうがマシなんだよ」

 そう言った彼の横顔には、不思議なほど自信が満ちていた。本当は圧倒的に弱いはずの者たちが、ここまで希望を持って胸を張って暮らしている。今、香港市民たちは漠然とした希望に満ちている。学習性無気力に支配された日本人たちには理解しがたいことかもしれない。

 しかし、僕にはその意味がなんとなくわかる。僕も同じ空気を吸ったからかもしれない。それは今の香港に催涙ガス以上に充満する、希望の空気、成功体験に満ちた空気だ。おれにはできる。私にはできる。という漠然とした明日への信頼。この空気、そして先ほどのネットを使ったいくつもの方法論。これは今の日本に、沖縄に、大きく活かせるものだと確信している。新しい時代。それを切り拓くアイディアと活力が今、香港に満ち満ちている。

<取材・文・撮影/大袈裟太郎>

【大袈裟太郎】

(Twitter ID:@oogesatarou)

本名・猪股東吾。ラッパー、人力車夫として都内で活動していたが、2016年の高江の安倍昭恵騒動を機に、沖縄に移住。加害側の視点から、高江・辺野古の取材を続ける。オスプレイ墜落現場や籠池家ルポで「規制線の中から発信する男」と呼ばれる。2019年は台湾、香港、韓国、沖縄と極東の最前線を巡り、「フェイクニュース」の時代にあらがう。レポートは「大袈裟太郎JOURNAL」

関連記事(外部サイト)