持っていたらいつの間にか「テンバガー」!? 安定成長で10倍株候補を専門家に聞いてみた

持っていたらいつの間にか「テンバガー」!? 安定成長で10倍株候補を専門家に聞いてみた

いらすとや

◆業績は株投資の王道だからこそ株価上昇の確度大!

 安値の株を探したり、まだ見ぬ新サービスや新技術に夢を委ねたりしなくても、単純に業績を拡大することでテンバガーを達成することも可能だ。例えばUUUMのように会社のコアとなる事業が好調、かつ時流に乗っていれば、テンバガー達成の可能性は十分高いと言える。

 そんな安定成長が期待できそうなテンバガー候補銘柄を、過去に数々のテンバガーをヒットさせた実績を持つ「5賢人」に聞いてみた。教えてくれたのは、以下の方々だ。(※株価などのデータは'20年1月16日終値のもの)

【渡部清二氏】

 複眼経済塾塾長。’90年に野村証券に入社し、営業や資産コンサル、日本株セールスなどに従事。’14年に独立、’16年に実践力重視の複眼経済塾を設立。個人・法人向けにコンサルを行う

【三井智映子氏】

 フィスコマーケットレポーター。タレント活動のかたわら、’12年10月からフィスコリサーチレポーターとして活動を開始。’13年には書籍出版に合わせて「美人過ぎる金融アナリスト」として話題に

【天海源一郎氏】

 株式ジャーナリスト・個人投資家。ラジオNIKKEIで東京証券取引所の兜倶楽部の記者、ディレクターを歴任後、’04年に独立。個人投資家が儲けるために情報を発信し続けている。連載、著書多数

【藤本誠之氏】

 マーケットアナリスト。SBI証券など国内大手証券を経て、財産ネットの企業調査部長に就任。All About株式ガイドも務める。年間300社のトップインタビューを基にした銘柄分析に定評

【坂本慎太郎氏】

 こころトレード研究所所長。証券会社でディーラー、かんぽ生命保険で株式、債券のファンドマネジャーなどを務めた後に独立し、こころトレード研究所を設立。個人投資家の間で大ブレイク中

◆人気クリエイターを揃え、ブームの火付け役的存在

YouTuberプロダクション

UUUM

東証マザーズ・3990

時価総額776億7100万円

最低購入可能金額40万円

株価4000円

 ユーチューバーのコンテンツ制作をサポートするビジネスで急成長。’17年の上場後、大企業の市場参入が予想されたが、現時点で目立った参入はない。今後は安定したキャッシュフローを活用した積極的なM&A戦略に期待。時価総額が1000億円に到達し、今後は海外の大口投資家の買いによって一段の上昇が見込める。

 さらに業績拡大でのテンバガーを狙うのなら国の公共事業など、今後起こり得る社会の変化とマッチしているのかも重要だ。中でも働き方改革など企業の業績に影響を及ぼす可能性が高いものであれば、それを利用した事業を行っている企業の業績拡大は堅い。

 ここでは、目先の業績はもちろん、将来的にも業績拡大が続くことで株価の上昇が続き、テンバガー達成の期待値の高い「業績拡大銘柄」に焦点を当てる。中には現在の株価がもみ合っていたり、やや下げ基調の銘柄もあるが、業績好調が続くのであれば、そこは逆に買いのチャンスだろう。

◆IT機器管理サービスを提供

インバウンドの需要増で業績拡大!

パシフィックネット 東証2部・3021

時価総額51億円

最低購入可能金額9万9300円

株価993円

 パソコンなどIT機器やデータの管理サービスを企業向けに提供。はやりのサブスクリプションビジネスで今後も安定した収益を確保できるのがポイント。インバウンドの需要増で市場が拡大しているイヤホンガイド会社を買収するなど、M&Aには今後も期待したい。「いまはやりのサブスクを利用したビジネスモデルで安定成長!」(藤本誠之氏)

◆不動産情報と結婚式場の口コミが二本柱

ウエディング関連好調、不動産事業も浮上へ

くふうカンパニー

東証マザーズ・4399

時価総額236億5900万円

最低購入可能金額13万1900円

株価1319円

 不動産情報サイトのオウチーノとみんなのウェディングが経営統合して誕生。じげんやカカクコムなどポータルサイトは高収益ビジネスの代表格。売上高の伸びに合わせて収益も大きく伸びてきそう。そして投資家の認知度が一段と高まることで大化けも。「運営しているポータルサイトは高収益。ビジネスの代表格だ!」(坂本慎太郎氏)

◆建設業界に特化した人材派遣業を展開

建設技術者のニーズをとらえて急成長!

コプロ・ホールディングス 東証マザーズ・7059

時価総額157億7500万円

最低購入可能金額31万5500円

株価3155円

 建設技術者や施行管理者専門の人材派遣業を展開。一定の場所で働きたい建設技術者のニーズをとらえて成長中。「働き方改革法」によって、適用対象外だった建設業の時間外労働の規制が’24年に適用。同社への引き合いが強まり高騰も。「働き方改革の恩恵を受けて今後も成長が継続するはず!」(藤本誠之氏)

◆業務ソフトをまとめたサービスを提供

「働き方改革」背景に売上高が急増!

チームスピリット 

東証マザーズ・4397

時価総額442億300万円

最低購入可能金額27万3000円

株価2730円

 勤怠管理や経費精算などの機能を備えたプラットフォームを提供。クラウド上で従業員一人一人の働き方を可視化できるのが特徴。「働き方改革」にフィットした事業内容と言える。国策を背景に顧客数は順調に拡大。開発費の増加はあるが、売上高の伸びは抜群。「持っていたらいつの間にかテンバガー達成するかも?」(三井智映子氏)

◆利便性を高めたネット印刷事業を展開

テレビCMで知名度向上、成長継続へ

ラクスル

東証1部・4384

時価総額1059億200万円

最低購入可能金額37万9500円

株価3795円

 ネット印刷を受注する「ラクスル」を運営。既存ビジネスの利便性を高めたことで成長し、目新しいライバルが少ないのもポイント。CM放送もあり新規顧客が増え、売上高は過去3期で約3.4倍に拡大中。「当たり前のサービスの利便性を高め、成長を維持!」(天海源一郎氏)

関連記事(外部サイト)