「アリ地獄」のようなブラックな引越会社と闘った男の軌跡。『アリ地獄天国』土屋トカチ監督<映画を通して「社会」を切り取る15>

「アリ地獄」のようなブラックな引越会社と闘った男の軌跡。『アリ地獄天国』土屋トカチ監督<映画を通して「社会」を切り取る15>

?映像グループ ローポジション

◆「アリ地獄」で声を上げた一人の若者

 残業代なしの長時間労働を強いられ、事故や破損を起こせば多額の弁償金を給料から天引き。あっという間に借金漬けに陥ってしまう。社員たちが自らが置かれた状況を「アリ地獄」と自虐的に呼ぶ会社がありました。

 大学卒業後、7年間SEとして働いていた西村有さんは、2011年1月「年収1000万円」の求人広告に惹かれて引っ越し会社に転職、引っ越し作業を行うセールスドライバーから出発し、成績良好と認められ営業職に昇格。しかし、月の総労働時間が340時間を超えていたにもかかわらず、給料は27万円余りでした。そして激務をこなしていた2015年1月のある日、通勤時に社用車で事故を起こしてしまいます。会社は弁償金として48万円を西村さんへ請求、おかしいと気が付いた西村さんは個人加盟型労働組合のプレカリアートユニオンへ相談。ところが、団体交渉を開始した西村さんに対し、会社は営業職からシュレッダー係へ配転を命令、西村さんが不当配転の無効を訴えて会社を訴えると、今度は懲戒解雇の言い渡しが。ほどなくして会社側は解雇を撤回、西村さんは再びシュレッダー係に復職します。団体交渉の場でも恫喝のみで、全く譲歩を見せない上層部。西村さんの闘いはどのような結末を迎えるのか――。

 今回は2018年2月13日、西村さん側に有利な和解を勝ち取るまでの闘いを追った現在公開中の映画、『アリ地獄天国』監督の土屋トカチさんに製作の意図や経緯などについてお話を聞きました。

◆友人の死から3年が経って

――『アリ地獄天国』の製作経緯についてお聞かせください。

土屋:レイバーネットTVというインターネット上の労働運動に関する番組で、当時ディレクターを担当していたのですが、労働争議をやっている人を招いてお話を聞いた時に西村さんに来てもらいました。それが西村さんとの最初の出会いです。その時、西村さんは会社から懲戒解雇された状態で、会社中に「罪状ペーパー」を貼られていました。

「罪状ペーパー」には「会社の職制を中傷又は誹謗し職制に反抗」「自己の権利を主張し、職責を果たしていない」などの記載があり、「『懲戒解雇』になった場合、再就職先があると思いますか?家族を誰が養うのですか?一生を棒にふることになりますよ」などの言葉があってこれは酷いなと思いました。その後、西村さんが労働者の地位確認の仮処分の申し立てをしたところ、懲戒解雇は撤回になったんですね。

 そしてすぐに、プレカリアートユニオンの清水直子委員長から「懲戒解雇の撤回に関する記者会見を厚生労働省でやるので、組合のYoutubeにUPするための動画を撮影して欲しい」と言われました。その時はまだ映画にするかどうかは決めていませんでした。それが2015年9月30日でした。

――この劇中にもありますが、親友の方の自死もこの映画を作るきっかけになったと聞きました。

土屋:そうなんです。新聞奨学生をしていた頃の1つ年下の後輩で、私は彼のことを山ちゃんと呼んでいました。販売店が用意した寮に一緒に住んでいてまるで弟のように仲良くしていました。20代で結婚し、3人の娘を授かった山ちゃんは30歳を過ぎてから派遣社員として工場の工程責任者をしていました。激務の上に職場のロッカーで金銭を盗まれ、私物が頻繁になくなるといったいじめも受けていたのですが、派遣先からも派遣元からも「警察に届けるな」とダメ押しをされて、うつ病を患っていたんですね。そこで、彼は僕が薦めた労働組合に加入して会社側と労働状況の改善を求めて労働争議をやっていました。それが2012年の春頃でした。

 その時、山ちゃんから「自分の労働争議を撮って欲しい」と頼まれたのですが、断ってしまって……。

――なぜ、撮影の依頼を断ったのでしょうか?

土屋:山ちゃんはまるで弟のような存在だったので緊張感のない映像になってしまうのではないかと思ったんです。変化の過程を撮るのがドキュメンタリーだと私は考えているのですが、それには被写体とある程度距離を置かないと撮れません。僕らは兄弟のような関係だったのでその関係が急に変わるとは思えなかったんですね。

 山ちゃんには僕のドキュメンタリー論を話して断ってしまいました。結局、山ちゃんの争議に僕は関与しないまま時が流れて、山ちゃんの派遣期間が満了になり、同時に工場のラインの閉鎖も決まり、「君は要らない」と言われて派遣切りに遭ってしまったんですね。

 そして山ちゃんは自ら妻と3人の子どもを残してこの世を去ってしまいました。2012年10月28日、彼が40歳の時のことです。山ちゃんは「争議を撮って」と言っていましたが、それを字面通りに受けとめた自分はバカでした。一人で闘うのはきっと不安だったので、傍にいてほしいということだったんじゃないかと思います。もっと考えれば良かった。彼が「派遣会社が次の仕事を紹介すると言ってくれるから」というのを聞いて、「頑張ろうか」と電話で話したのが最後になってしまいました。

――2015年に派遣法が改正され、会社は、派遣社員として3年間勤務した人を直接雇用しなければならなくなりました。山ちゃんは10年近く派遣社員を続けていたとのことですが、会社に直接雇ってもらえなかったのでしょうか。

土屋:もちろん、会社側にそんな姿勢は見られませんでした。未だに派遣社員の更新が16年目という人からの相談を受けたこともあります。

 山ちゃんが亡くなった時、長女は小学校高学年でした。彼の妻も彼女が10代の頃から知っています。先日、長女が大学に受かったとの連絡が来ました。

 山ちゃんの葬儀が終わってからすぐに、短編作品『これじゃない』を作りました。でも、「争議」を撮るはずが「葬儀」を撮ることになってしまったことに対しては、重い宿題が残されたような気がしました。それで、労働争議を撮る長編映画のプロットを書き上げ、偶然に被写体になる方に出会えたらいいなと考えていたある日、西村さんに会ったんです。山ちゃんの死から3年が経っていました。

 西村さんに会った時には、明確に映画にできるとは思っていませんでした。ただ、会社のやり方があまりに酷いので争議相手としては不足がなかったことと、かつての山ちゃんのようにしんどい立場にある人を撮ることで西村さんをサポートできるのではないかとは思っていましたね。

◆一生の付き合いのつもりで撮影を開始

――西村さんはいわゆる権利意識の強いタイプではなく、何でも卒なくこなす堅実なサラリーマンという印象でした。そんな西村さんが顔を出して映画に登場するというのは勇気がいることだったのではないでしょうか。

土屋:私が映像を撮り始める時点でもう腹は括っていたと思います。西村さんは私以外にもいろんなマスメディアの取材を受けていました。西村という名前は仮名で彼自身が付けましたが、下の名前「有」は僕が付けたんです。映画の内容と関係のある「アリ」とも読めます。

 撮り始めたのは2015年9月30日ですが、西村さんのお母様がその後すぐに病気で亡くなられたこともあり、負けられない闘いになったのではないかという印象です。

 映画にしようと決意した時には「テレビ番組は放送が終わればさようならになりますが、今回は自主製作で作るので一生のお付き合いになります」と言っておきました。

――西村さんの勤めていた引っ越し会社は、管理職を対象にした人事研修で、口にするのも憚られるような差別用語を使用し、それに該当する人材は採用しないよう指導していました。そのような研修をする会社が悪いのはもちろんですが、指導を受けていた管理職の人たちが問題視せず、差別意識がないということに驚きました。

 その証言を聞いて僕もギョッとしました。管理職の人たちは、「上層部が言うから仕方がない」ということで指示に従っていたのですが、それは差別に加担したことになりますよね。証言を聞きながら、本当はもっと怒りたかったのですが、「管理職になるには差別主義者にならないといけないんじゃないんですか?」と質問するのが精一杯でした。

 会社の管理職研修の証言シーンに登場して下さった方々は全員会社を辞めた人で、残業代不払いなどの請求をしている人たちでしたが、顔を出して登場して下さったのは最終的にはお1人だけでしたね。

◆差別意識なく不当採用

――西村さんが書き写していた採用基準のメモが映し出される場面もあります。

 権利意識の薄い人材を募集しているんですよね。憲法や労働法等の知識がある法学部出身はもちろん採用しないし、親が弁護士、経営者もダメでした。会社がおかしなことをしていることがすぐにわかってしまうからなんでしょうね。

 後から発覚することを恐れているせいか、文書としては残っていません。研修で講師がレクチャーしたことを、西村さんが書き写したメモを撮らせてもらいました。差別用語の意味も含めて採用基準を答えられないと管理職の採用試験に落ちちゃうんです。あの基準を全てきちっと答えることが出世の近道なんですね。

 今はそういう言い方をしていないようですが、「100パーセント日本人が働いています」という言い方をしていた時期もあったと伺いました。非上場会社ということもあり、上層部は身内が固めています。イエスマンしか残らないシステムなんです。会社のやり方に反発した人は辞めていきました。

――ある意味、洗脳の仕方が上手いとも言えますね。

土屋:西村さんが働いていた引っ越し会社は、管理職採用の人材でも全員セールスドライバー、つまり、引っ越し作業からキャリアをスタートさせますが、1日19時間ぐらいの長時間労働をさせられているので、少しでもその労働から逃れたいという気持ちが湧きあがりますよね。極度の疲労のため思考力は落ち、苦しみから解放されたい一心でイエスマンになって、会社の言いなりになってしまうんです。

 このトリックは引っ越し業界だけではなくて、あらゆる「ブラック企業」に通ずるものだと思います。争議自体は和解しているので、会社にその点を改善してもらえば解決する事案ですが、こうしたことを繰り返さないために記録として残しておきたいという気持ちがありました。

 求人広告も限りなく虚偽に近いものでした。西村さんは「年収1000万円」という文言に釣られてしまいますが、実際に1000万円以上貰っていた人は10数年前に1人いただけだったそうです。

◆会社を庇う心理とは

――西村さんの妻も映画に登場しますが、西村さんの激務を証言されていますね。

土屋:西村さんの妻は西村さんが頑張っているので、激務を止められなかったと言っていました。西村さんは結婚を機にSEを辞めて、引っ越し会社へ転職したんですね。今振り返れば転職する前の会社の方がはるかに条件は良かったのですが、SEは長時間労働で不満もあったんです。残業代も出るには出ていましたが、結婚を機にもっと稼ごうと思ったそうです。

 西村さんの妻は外資系企業で働いていたので、すぐにこの会社がおかしいとわかったんですね。まず、業務中に起こした事故の弁償金が給与から天引きになるのはおかしいと指摘しました。しかし、西村さんは「みんなそうしている、うちの会社のルールはこれなんだ」と言って会社を庇いました。そこで、お灸を据えるために数日間家出したこともあり、西村さんもこの会社はおかしいと少しずつ気付き始めたようです。

――映画に登場する「プレカリアートユニオン」のような非正規の労働者でも加入できる組合があることはあまり知られていないと感じます。

土屋:非正規の労働者でも加入できる組合はもちろんありますし、労働相談も受け付けています。実際に入るとなるとためらう方も多いのですが、相談する窓口があるということは知って欲しいです。

 弁護士を雇うと費用が高くなる案件でも、組合だと早く決着がつくこともありますので、もっと多くの人たちが加入するべきだと思っています。

――土屋監督自身が労働争議を起こした経験もあると聞きました。

土屋:そうなんです。偉そうに「加入した方がいい」なんて言いましたが、僕も自分自身が20年前に映像制作会社をクビになりそうになった時に初めて労働組合に加入しました。その経験がなければ労働組合を知らなかったので、もっとその存在を知らせたいという気持ちでこの映画を作りました。

※後半は土屋監督に労働争議を闘う中での西村さんの変化や自らが経験した労働争議、これから取り組みたいテーマなどについてお話を聞きます。

<取材・文/熊野雅恵>

【熊野雅恵】

くまのまさえ ライター、クリエイターズサポート行政書士法務事務所・代表行政書士。早稲田大学法学部卒業。行政書士としてクリエイターや起業家のサポートをする傍ら、自主映画の宣伝や書籍の企画にも関わっています。

関連記事(外部サイト)