なぜか湧き上がる「橋下徹総理待望論」。そこで彼の過去発言を振り返ってみた

なぜか湧き上がる「橋下徹総理待望論」。そこで彼の過去発言を振り返ってみた

2013年の第23回参議院議員通常選挙で応援演説をする橋下徹 (写真/雪融 via Wikimedia Commons)

◆確かに安倍政権は最悪だが……

 先日、ネットで「これが対コロナ最強布陣『橋下総理、小池長官、吉村厚生相』」という記事を見かけた(「PRESIDENT Online」)。新型コロナウイルスに対する安倍政権の動きを批判。「今、求められる内閣の『最強布陣』を探った」とのこと。

 たしかに安倍政権は最悪だった。われわれは日本が崩壊していく過程をリアルタイムで目撃してきた。不道徳な政権を7年以上も放置すれば、当然こういうことになる。自称保守やネトウヨ、安倍信者の一部は見切りをつけて、泥船から逃げ出し始めたが、これで一件落着ということにはならない。社会の空気が腐っている限り、同じようなものが持ち上げられるだけだ。

 災害が発生し、社会が混乱すると、それに乗じて悪事を働こうとする人物が出てくる。歴史を振り返ればそれが常だ。

 この記事も怪しい。執筆者は「麹町文子」となっているが、実在の人物なのか?

 プロフィールには「政経ジャーナリスト。1987年岩手県生まれ。早稲田大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーランスとして独立。婚活中」とあるが、橋下徹の持ち上げ方が普通ではない。

 記事には次のような文言が並ぶ。

「首相は橋下徹、一択だ!」

「歯に衣着せぬ発言は物議を醸し、時に横暴との批判もつきまとうが、批判を恐れずに核心を突いていく「突破力』は有事のリーダーには欠かせない能力といえる」

 その他、官房長官に小池百合子、厚生労働相に吉村洋文、さらには内閣官房参与として、百田尚樹や高須克弥の名前を挙げていた。

 どこまで本気なのかよくわからないが、橋下が書いた記事を大量に載せている「PRESIDENT Online」なので、政界復帰のタイミングをはかるためのアドバルーンの可能性もある。

 私には「最強布陣」というより、現時点で考えられる「最悪の布陣」にしか見えないが、それでも世の中には「橋下総理」を望む声もある。

 そこで、橋下の政界復帰の是非を考える上で、参考になる資料を提示することにした。

 議論は事実をもとに積み上げなければならない。維新の会支持者の方も、まずは事実を知るべきだ。

 以下、橋下の過去の発言を、項目別に分類した。

◆橋下の日本に対する発言

「日本国民と握手できるか分からない」(※2013年5月18日 ZAKZAK Internet Archive)

「日本をグレート・リセットする」(2012年1月3日 ※本人Twitterなど)

「国は暴力団以上にえげつない」(2008年11月28日 ※朝日新聞)

「日本の人口は6000万人ぐらいでいい」(2009年の講演で)

http://youtu.be/D6IkVBLgWtA

「能や狂言が好きな人は変質者」(2002年5月15日TBS「サンデージャポン」)

「(近松門左衛門原作の『曽根崎心中』を鑑賞して)演出不足だ。昔の脚本をかたくなに守らないといけないのか」「演出を現代風にアレンジしろ」「人形遣いの顔が見えると、作品世界に入っていけない」(2012年7月26日、27日 ※2012年7月28日msn産経の魚拓)

「自称インテリや役所は文楽やクラシックだけを最上のものとする。これは価値観の違いだけ。ストリップも芸術ですよ」(2012年8月12日 ※本人Twitter)

「(大阪について)こんな猥雑な街、いやらしい街はない。ここにカジノを持ってきてどんどんバクチ打ちを集めたらいい」(2009年10月29日 ※讀賣新聞のInternet Archive)

「小さい頃からギャンブルをしっかり積み重ね、全国民を勝負師にするためにも、カジノ法案を通してください」(2010年10月28日 ※朝日新聞)

◆橋下の政治観

「今の日本の政治で一番重要なのは独裁」(2011年6月29日 ※しんぶん赤旗)

「僕が直接選挙で選ばれているので最後は僕が民意だ」(2009年1月 ※毎日新聞2010年1月29日夕刊「検証就任2年 踊る橋下語」より)

「(選挙は)ある種の白紙委任だ」(「朝日新聞」2012年2月12日※Internet Archive)

「なんで『国民のために、お国のために』なんてケツの穴が痒くなるようなことばかりいうんだ?」(『まっとう勝負!』小学館)

「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ」(『まっとう勝負!』小学館)

「自分の権力欲、名誉欲を達成する手段として、嫌々国民のために奉仕しなければいけないわけよ」(『まっとう勝負!』小学館)

「私は政治家には向いていませんよ。早く弁護士に戻って私利私欲の生活に戻りたい」(2014年11月29日 日本経済新聞)

「そもそも竹島問題も、李承晩ラインを引かれ、その後韓国が竹島に建造物を設置し、着実に実効支配を積み重ねたときにそれを阻止できなかったのも自民党」(2012年11月24日 本人Twitter)

 なお、李承晩ラインが引かれた1952年に自民党は存在していない。

「竹島は(韓国と)共同管理すべき」(2012年9月26日 朝日新聞)

「嘘つきは政治家と弁護士のはじまりなのっ!」(『まっとう勝負!』小学館)

「いまの日本の自衛力、軍事力は非常におそまつだ」「米国に強力な外圧をかけてもらいたい」(「日経新聞」2017年3月28日 日本経済新聞)

「国籍関係ないでしょ」「有権者の意思で、有能な外国人を選んでもいいじゃないか」「政治家は、最後は有権者が『選ぶ』か『落とす』か決められるから、もう極端なことを言えば外国籍でもいい」(「橋下×羽鳥の番組」2016年9月19日)

◆橋下の女性観

「僕は育児に家事、何もしないですよ。子供は単に玩具感覚の可愛さです。(中略)何もしない。完全にキム・ジョンイル体制。将軍様ですもん。(中略)僕は子供をつくるまでが好きなのかなあ」(「女性自身」2006年10月17日)

「浮気者を責める前に、「自分は性的魅力に欠けているんじゃないか」と考えてみる必要もあるね」(『まっとう勝負!』小学館)

「 (沖縄の米軍司令官に対して)もっと風俗業を活用してほしい」「性的なエネルギーをある意味合法的に解消できる場所は、日本にある」(2013年5月13日 産経新聞Inernet Archive)

  この発言についてアメリカが激怒すると、「(風俗には)ダンスやパチンコまで含まれる。売買春ではない」(2013年5月17日 サンスポInternet Archive)と誤魔化し火に油を注いだ。

「(銃弾が飛び交う中)命をかけて走っていくときに、精神的にも高ぶっている集団をどこかで休息させてあげようと思ったら慰安婦制度は必要なのは誰だって分かる」(2013年5月13日 WAM)

 この発言が問題になると、「僕は慰安婦が必要とは言っていない」と嘘をついた。

 女房の妊娠中にコスプレ不倫を繰り返し、それがばれると「娘に制服を着ろと言えなくなった」(2012年7月19日 msn産経west Internet Archive)と発言。

◆人間関係について

「僕が考える友だちの本質とは――

 ・メリットなし

 ・面倒ばかり

 ・いっしょにいてもなにか与えてくれるわけではない

 つまり、損をすることはあっても、得られるメリットは特にない」

「だから、グループの動きに足並みを揃えて、誰かをいじめてしまう『世渡り』を僕は『絶対に悪だ』『いますぐにやめるべきだ』とは思いません」

「ほかの子に無視されたくない。いじめられたくない。そのような気持ちから、やむを得ず、いじめに荷担してしまったのであれば、しかたのないところではあります」

「強いグループに組み込まれるというのは、具体的には周囲の力関係を見ながら、ジャイアンのような強い子についていくという方法です。もっとわかりやすく言うと、スネ夫のような生き方といえばいいでしょうか」(以上、(『どうして君は友だちがいないのか』)

「だから、自分の位置や他人との関係やヒエラルキーを守るために、いじめてしまうのはある程度、しかたがない」(『どうして君は友だちがいないのか』河出書房新社)

「小泉元首相がやったことと比べれば、僕のやったことなんて鼻くそみたい」(2008年9月26日 朝日新聞 Internet Archive)

◆■橋下の交渉術

「交渉において非常に重要なのが、こちらが一度はオーケーした内容をノーへとひっくり返していく過程ではないだろうか。まさに、詭弁を弄してでも黒いものを白いと言わせる技術である」

「交渉では“脅し”という要素も非常に重要なものだ」

「私は、交渉の過程で“うそ”も含めた言い訳が必要になる場合もあると考えている。自身のミスから窮地に陥ってしまった状況では特にそうだ」

「正直に自分の過ちを認めたところで、何のプラスにもならない」

「絶対に自分の意見を通したいときに、ありえない比喩を使うことがある」「たとえ話で論理をすり替え相手を錯覚させる!」(以上、『図説 心理戦で絶対負けない交渉術』日本文芸社)

「どんなに不当なことでも、矛盾していることでも、自分に不利益になることは知らないふりを決め込むことだ」(『最後に思わずYESと言わせる最強の交渉術』日本文芸社)

◆■教育について

「国が事前に危険な奴を隔離できないなら、親が責任を持って危険なわが子を社会から隔離すればいいんだ。他人様の子供の命を奪うほどの危険性がある奴に対しては、そいつの親が責任を持って、事前に世の中から抹殺せよ」

「苦渋の決断でわが子を殺した親に対しては、世の中は拍手を送ってもいいだろ。国に代わって、世の中に代わって、異常・危険分子を排除したんだからね」(以上、『まっとう勝負!』小学館)

 橋下は子供の挨拶の仕方が悪ければ蹴りを入れるという。子供をバットで殴ったり、長時間にわたり投げ飛ばしたこともある。

「口で言って聞かなければ手を出さなきゃしようがないですよ」(2008年10月の府民討論会 朝日新聞 Internet Atchive)

■大阪都構想について

「大阪市が持っている権限、力、お金をむしり取る」(2011年6月29日 読売新聞 Internet Archive)

「(大都市局の職員らに対して)数字は何とでもなる。見せ方(次第)だ。もっと何か乗せられないか」「もっとしっかり効果額を積み上げてほしい」(『読売新聞』2013年8月10日)

 当初、維新の会は「最低でも年間に4000億円」の財源を生みだすとしていたが、粉飾が発覚。そのうち、「財政効果はあまり意味がない」と言い出し、最後には「財政効果は無限」と言い出した。

 そして、「今回が大阪の問題を解決する最後のチャンスです。二度目の住民投票の予定はありません」(大阪維新の会の公式HP Internet Archive)と言いながら、否決後3ヶ月もしないうちに、再び「都構想」をやると言い出した。

◆人間性

「ウソをつかない奴は人間じゃねえよ」(『まっとう勝負!』小学館)

 橋下は破れた革ジャンを仕入れて高値で売り、友人が批判すると「気付かずに買うのはお人よしや」と答えたという。また、「広がる橋下ネットワーク」という自己紹介パンフレットには、実在しない公認会計士や税理士らの名前がずらりと並べられていた。橋下同期の弁護士たちが「こんなもの配ったら懲戒請求されるぞ」と警告すると、橋下は「だって、本名書いたらバレますやん」と答えたという。(『毎日新聞』2012年4月15日)

 一部ではあるが、橋下徹という人物を知る上で参考になりそうな発言をピックアップしてみた。

 橋下は繰り返し政界復帰を否定しているが、2007年には大阪府知事選への出馬の準備を進めながら「(立候補は)2万パーセントあり得ない」と言っていた人物だ。

 引き続き、社会全体で監視していく必要がある。

※文中敬称略

<文/適菜収>

関連記事(外部サイト)