都合の悪い質問を狡猾にかわす、小池百合子都知事の「時そばスルー」答弁

都合の悪い質問を狡猾にかわす、小池百合子都知事の「時そばスルー」答弁

話題を呼んでいる『女帝 小池百合子』(文藝春秋)

 東京都知事選が始まった(6月18日告示 7月5日投開票)。現職で再選をねらう小池百合子都知事をめぐっては、石井妙子氏による『女帝 小池百合子』(文藝春秋)が5月に発売され、学歴詐称疑惑が再燃するなど、話題になっている。

 筆者がこの本を読んで特に気になったのは、小池氏が平然と嘘をつくという点だ。前回の2016年の都知事選の際に、小池候補は有力候補であった鳥越俊太郎氏のことを街頭演説で「病み上がりの人」と言及したが、その後、テレビ番組の討論会で顔を合わせた鳥越候補が小池候補に「私のことを『病み上がりの人』と言いましたねっ」と激しく食ってかかったところ、小池候補はおもむろに口を開き、「いいえ、言ってませんねえ」と答えたという(同書p.11-12)。同書には他にも多数、小池氏の嘘に翻弄される人々の様子が描かれている。

 新型コロナウイルスの終息がまだ見通せない中での都知事選だ。不都合な事実を隠し、嘘をついて言い逃れをするような人が都知事であるなら、私たちの命が脅かされる。選挙期間中の今こそ、小池都知事が今後も知事にふさわしい人物であるか、検証が必要だ。

◆6月17日の日本記者クラブでのやりとり

 検証の素材として、告示前日の6月17日に日本記者クラブが開催した立候補予定者の共同記者会見が役に立つ。その様子がYouTubeに公開されているので、ご覧になっていない方はぜひ見ていただきたい。参加したのは、宇都宮健児氏、小野泰輔氏、小池百合子氏、立花孝志氏、山本太郎氏の5名だ(五十音順)。

 筆者はリアルタイムで中継を見ていたが*、その中で小池氏の2つのごまかしに気づいた。今回はそのうちの1つを紹介したい。宇都宮健児候補が小池氏に3つの質問をおこなったのに対し、小池氏が巧妙な方法で2つ目の質問をスルー(無視)した場面だ。実際のやりとりを見ていただきたい。

〈*日本記者クラブによる映像の公開は事後に行われた。リアルタイムでは朝日新聞社がネット公開しており筆者はそれを視聴したが、記者会見の進め方の説明や各候補の3分ずつの意見表明の場面は公開されず、開始20分ほど経過したあとの候補者相互の質問の場面からのみが公開された。手違いによるものであるのか否か、理由はわからない。この朝日新聞社の映像をもとに、峰里えり氏が記者会見の文字起こしをnoteに公開されている。今回の記事で文字起こしをするにあたり、参考にさせていただいた。感謝申し上げたい〉

◆宇都宮氏から小池氏への3つの質問

 共同記者会見の29分31秒から30分48秒にかけて、宇都宮健児氏は小池百合子氏に対し、次のように3つの質問をおこなった。

http://youtu.be/4ysl8o2uxsI?t=1771

******

●宇都宮健児

 現職の小池さんのほうにお伺いしたいと思います。

 コロナ対策ですけど、3月24日に五輪延期決定がなされているわけですけど、その翌日、小池さんは、「感染爆発、重大局面」ということを強調されて、対策を強化される方向を打ち出すんですけど、もうそれ以前からコロナの感染の危機は広がっていたと思われますけど、初動の遅れがあったんではないかと思います。その点どうでしょうか。

 それから東京アラートの解除の基準も極めて曖昧で、アラート解除の後に感染者数が逆に増えています。この辺の解除っていうのはかなり曖昧だったんじゃないか。それについて、いかがお考えなのか。

 それから、カジノの誘致計画はきっぱりと中止すべきではないかと思いますけど、その点どのようにお考えでしょうか。カジノは博打なんで、負けた人の犠牲の上に成り立つ商売なんですね。人の不幸の上に成り立つようなカジノ誘致はきっぱり中止すべきだと思いますけど、いかがでしょうか。

******

 質問は3つあった。しかし小池氏は2つの質問にしか答えなかった。にもかかわらず、すべての質問に答えたかのようによそおった。どのようにそれが可能であったか。注意深く見ていただきたい。映像の30分55秒から32分28秒にかけてだ。

http://youtu.be/4ysl8o2uxsI?t=1855

******

●小池百合子

 はい。えー、最初のご質問、たくさんいただきましたのでね、えーっと、カジノからまいりましょうか。

 カジノについては、後の質問から恐縮です、今、お話もありましたように、勝つ人っていうか、負ける人のことをベースに成り立っている、というようなご質問だったかと思います。一方で観光という点では、誘客についてはこのメリットもある。これらメリット・デメリット含めまして、これを研究をしているということで、総合的な検討が必要だという姿勢でございます。

 それから東京オリンピック・パラリンピックの開催にこだわったがゆえにですね、コロナ対策が遅れたのではないか、というご質問ですが、その指摘には当たりません。今日はですね、ちょうどそのままでいきますと、雫石、岩手県の雫石を聖火リレー、回っている頃なんですね。で、その中でですね、各、それぞれの関係者との連携などを取る、それらのこともすすめてまいりました。しかし、これについては、コロナ対策とは別件でございまして、コロナに対しては、すでにその前からしっかりと東京都として対策をすすめていた次第であります。

 最初のご質問、なんでしたかしら。

●小栗泉(進行役 日本記者クラブ企画委員(日本テレビ))

 初動対応という・・・・・・

●小池百合子

 あ、それ、じゃあ今、お答えしましたね。はい、ありがとうございました。

******

◆「時そばスルー」答弁

 いかがだろうか。小池氏は回答の順番を変え、まず3番目の質問であるカジノ問題に答えている。その次に1番目の質問である初動の遅れの指摘に答えている。

 巧妙なのはそのあとだ。「最初のご質問、なんでしたかしら」とにこやかに問うて、進行役の小栗企画委員に「初動対応という・・・・・・」と答えさせ、「あ、それ、じゃあ今、お答えしましたね。はい、ありがとうございました」と締めている。あたかもすべての質問に対して、回答したことを確認した上で話を締めくくっているかのようだが、よく見れば、宇都宮氏が2番目に問うた、東京アラートの解除の基準の曖昧さについては、何ら、答えていない。

 宇都宮氏の2番目の質問を巧妙に回避したこのやりとりをツイッターで紹介したところ、「ハチドリ」さんから「まるで「時そば」だよ。」とのコメントがついた。

 「時そば」とは古典落語の演目の1つだ。そば屋の代金十六文を支払うときに、男がそば屋に手を出させてそこに一文銭を数えながら渡していく。「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よう)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(やあ)」。そこで「今、何時(なんどき)だ」と時刻を尋ね、そば屋が「九(ここの)です」と応じると、「十(とう)、十一、十二、十三、十四、十五、十六」と渡し終えて去っていく。一文を巧妙にごまかしたわけだ。

 まさに「時そば」と同じだ。この「ハチドリ」さんの指摘を受け、「jibandouji」さんは小池氏の答弁が「時そばスルー」と名付けた(なお、ここで言及されている分数は、朝日新聞社の映像のもの)

◆小池氏の「時そばスルー」答弁は確信犯か

 さて、この小池氏の「時そばスルー」答弁は、確信犯だろうか。筆者はそうだろうと思う。そう考える根拠は3つある。

 第1の根拠は、あえて質問の順番を変えたことだ。宇都宮氏の3つの質問は、それほど込み入った質問ではない。第1は初動の遅れ、第2は東京アラートの解除の基準の曖昧さ、第3はカジノ誘致を中止すべきという点だ。さっとメモをとれば、順番に答えることはできたはずだ。

 にもかかわらず、小池氏は質問を「たくさんいただきましたので」として、3番目のカジノの問題から答え始めた。そして、コロナ対策の初動の遅れがあったのではないかとの1番目の質問に戻って、2番目の質問はスルーした。

 第2の根拠は、初動の遅れの指摘に対する回答を不自然に引き延ばしたことだ。本来なら雫石を聖火リレーが回っている頃だ、といった話は、ここで話さなければいけない内容ではない。にもかかわらず聖火リレーに言及した。時間制限がある中で、あえて答弁の時間を長引かせ、都合の悪い質問への回答を回避するねらいがあったものと思われる。国会で安倍晋三首相がよくやる手法だ。

 この共同記者会見では、質疑応答はそれぞれ1回1分とあらかじめ決められていた。冒頭にその旨の説明がある。

 宇都宮氏の質問は1分17秒ほどで、それほど時間をはみ出していない。それに対し、小池氏の答弁は、「最初のご質問、なんでしたかしら」と問うまでで既に1分24秒ほどが経過している。2番目の質問に答える前に既に時間オーバーだ。進行役の小栗氏とのやり取りをはさんで話を終えるまでだと1分33秒ほどだ。

 32分14秒ごろに、小池氏にメモを差し入れる人物の影が見える。時間の超過を伝えるメモだろうか。そのメモが差し入れられたあとで、小池氏は「最初のご質問、なんでしたかしら」と進行役の小栗氏に問い、「あ、それ、じゃあ今、お答えしましたね。はい、ありがとうございました」とにこやかに答弁を終えているのだ。

 司会進行役の小栗氏は2つ目の質問に答えられていないことに気づいていたかどうかわからないが、そのまま次の質問者に話を振ってしまった。リモート中継であったため、質問した宇都宮氏の表情は見えない。宇都宮氏が異議をとなえることも難しかっただろう。

 第3の根拠は、質問が振られたあと、答え始める段階での小池氏の様子だ。これは実際に映像を見ていただきたい。30分55秒頃からだ。最初、小池氏は右下の方を向いている。その手元に何かを手渡す人物の影が見える。

 そのあと小池氏は左下の方に視線を移し、「最初のご質問、たくさんいただきましたのでね、えーっと、カジノからまいりましょうか」と答え始め、そのあとはカメラから視線をはずさずに答えていった。

 小池氏の答弁の開始時に渡されたメモの内容はなんだろう。宇都宮氏の質問の内容をスタッフが箇条書きにしたメモならば、それを確認しながら3つの質問に対し、漏らさず回答ができたはずだ。そうではなく、2つ目の質問には答えるな、というアドバイスだったのだろうか。

◆「やりとり」から見えてくるもの

 このように、「やりとり」から見えてくるものは多い。それが映像で残されていれば、なおさらだ。筆者は国会パブリックビューイングで国会審議を野党の質問と政府側の答弁という「やりとり」の形で切り出して街頭上映してきたが、そのように「やりとり」を残して示すと、不都合な問題については答弁せずにスルーする政府側の不誠実さが、隠そうとしても隠しきれずに可視化される。

 この記者会見もそうだろう。そこに現れたものは、筆者には『女帝 小池百合子』に描かれたのと同じ、平然と嘘をつく小池氏の姿であるように思われる。それはこの記者会見を受けて紙面に載った記事を読むだけでは見えないものだ。

 用意されたスピーチや記事からは見えてこないものを、私たちは今のうちに見ておいた方がいい。

<文/上西充子>

【上西充子】

Twitter ID:@mu0283

うえにしみつこ●法政大学キャリアデザイン学部教授。共著に『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』(旬報社)など。働き方改革関連法案について活発な発言を行い、「国会パブリックビューイング」代表として、国会審議を可視化する活動を行っている。『緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説 「安倍政権が不信任に足る7つの理由」』の解説、脚注を執筆。単著『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)、『国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み』(集英社クリエイティブ)ともに好評発売中。

関連記事(外部サイト)