為政者の不正と横暴に抗議の声続々と。在日ベラルーシ人が語る「抗議がここまで広がった」ワケ

為政者の不正と横暴に抗議の声続々と。在日ベラルーシ人が語る「抗議がここまで広がった」ワケ

(adobe stock)

◆大統領への抗議が続くベラルーシ

 8月9日の大統領選における不正疑惑に端を発し、大規模な抗議が繰り広げられたベラルーシ。9月24日には26年間にわたり同国を統治してきたアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が就任式を強行したものの、未だ民衆の抗議行動はおさまらず、10月4日にも政治犯の釈放を求めてのデモが展開されるなど、いまだ状況は激動の中にある。人口約950万人の一国家の政治情勢が、世界から注目を浴びている。

 国際情勢に目を転じると、大統領選前にベラルーシ側がロシアの民間軍事会社・ワグナーグループに所属する32人の傭兵を拘束するなどの事例もあったが、現在ではウラジーミル・プーチン大統領はルカシェンコ大統領への支持を表明している。

 一方で米国はベラルーシの内相ら8人に対し資産凍結、取引停止などの制裁対象に指定するなどの動きがある。EUはルカシェンコ大統領個人は外したものの、資産凍結など約40人に制裁を加えている。

 ルカシェンコ大統領が就任してもなお止まない、ベラルーシでの抗議行動の背景には何があるのか。

 海外の論説を見てみよう。ベラルーシの2人のアクティビストの談話を載せたニュースサイトのJacobineによれば、当局も当初選挙での不正に対しここまで民衆が反応するとは思っていなかったという。アクティビストのひとり、クセニア・クニツカヤはその理由としてまず、「四半世紀にわたるルカシェンコ大統領の統治に対し、まず人々が“疲労”を蓄積させていること」を挙げている。

 また、新型コロナウイルスに対する政府の対応にも人びとの間に不満があったという。ルカシェンコ大統領は新型コロナウイルスに対し、「コロナは心の病」であり「ウォッカやサウナが効く」との発言をしているが、アメリカのドナルド・トランプ大統領、ブラジルのジャイール・ボアソナロ大統領と同様に、その影響を無視ないしは軽視するものだ。ある種の権威主義的な政治指導者が新型コロナウイルスのリスクを執拗に否定するのはなぜかも興味深いところだが、それは置いておこう。

 ベラルーシの反体制派としては、8月の大統領選でルカシェンコ大統領を破ったと主張するスベトラーナ・チハノフスカヤ氏がいる。現在はリトアニアに滞在しているが、ベラルーシの安全保障を損なう呼びかけを行なったとして、ロシアから指名手配を受けている。

 この状況を今回の抗議行動をベラルーシの人びとがどのように受け止め、どのように行動しているのか。日本に居住するベラルーシ出身者の話を伺った。

◆「私たちはベラルーシ人だ」という意識の高まり

 ベラルーシの抗議行動は大統領の就任後も続いているが、報道では、チハノフスカヤがベラルーシの抗議行動のアイコンとなっているように見える。

「チハノフスカヤにはアジェンダがありません。銀行やIT系企業に勤めるような層の支持が強いという印象です。ヨーロッパ諸国と同じようになりたい、というような。ただ、抗議行動の側も、(不正選挙に反対するというような要求を超えて)具体的な問題の話になるとケンカになるので、そのあたりの話はあまり出ません」

 大規模化、大衆化した抗議行動ゆえの、ある種の「危うい連帯」もあるということか。ルカシェンコ大統領という人物への印象はどうか。

 「ベラルーシのナショナリスト、というより、権威主義者という感じです。ベラルーシの人々を軽蔑していて、そして国家を私物化しているというような」

 ベラルーシの昨今の状況を見ていると、旧ソ連圏の政治的抗議としても、ウクライナの「オレンジ革命」のような、親西側志向があまり見られない印象があるが、ベラルーシの人びとの民族的な意識のありどころはどうなのだろうか。

「ウクライナに比べて、ベラルーシの民族意識は強くありません。(ウクライナでも東部は親ロシア的、というように言われることもあるが)ベラルーシの民族意識は、ウクライナ東部のそれに近いです。教育でも、ロシア語こそが美しい言葉とされていて、そこでベラルーシ語を話そう、というのは学校のクラスでも1クラスで2人程度、『意識の高い』ハイクラス系の人たちだけでした。

 文学に目を向けても、ベラルーシ文学を作ろうとした人もいたのですが、自分たちの生活のし辛さの中から民族意識を作り出そう、というもので、21世紀に生きる私たちからするとなんとも言えないものです…。

 でも、今の抗議行動のなかで、人びとの中での『私たちはベラルーシ人だ』という意識が強まっているのも確かです。ルカシェンコはロシア語しか喋らないし」

 2011年の「アラブの春」以来、昨今のBLM(ブラック・ライブズ・マター)に至るまで、SNSの発信力が多くの人びとを政治への抗議に動かす、ということは広く認められているが、ベラルーシでの抗議行動でもまた、警察の暴力や政治状況への怒りを共有するのに、SNSが大きな力を果たしている。

「Telegram(テレグラム)というチャットアプリがあります。とにかく情報量がすごい。たとえば職場などの仲間と情報交換をしますが、中には弱気なものもあります。でも、そういう空気に流されないように、とにかく場を盛り上げていく、という感じでしょうか。SNSで武装警察の人間や車両のナンバーの共有もしていますね。Telegramの一番大きいチャンネル、Nexta Live(ネクスタライブ)というデモの様子を発信するチャンネルには、ベラルーシ内外の200万人が登録しています。

◆白地に赤い線の旗が持つ意味とは

 ベラルーシでの抗議運動のアイコンとして、白地に赤い線が入っている旗を抗議行動の参加者たちが持っている。この旗が持つ意味はなんだろうか。ちなみに、この旗は1991年のソ連崩壊によりベラルーシが独立してからルカシェンコ政権になるまで、1991年9月から95年6月までの間に使用されたものである。リトアニア大公国(1251~1795)の国章をもとにしたこの国旗はまた、1917年のロシア革命により、ロシア帝国が崩壊してから1年あまり存在したベラルーシ人民共和国のそれでもある。

「あの旗を掲げるのには様々な思いがあります。(抗議運動には)リトアニア大公国時代にさかのぼる歴史を重視する伝統主義者から、アナキスト運動までが含まれています。ベラルーシのアナキストは、ビラは配りますが、一目でアナキストとわかるような旗を掲げたりはしません。そんなことをすれば、ピンポイントで弾圧されますから。ただ、本当に最近では、デモ隊のなかにアナキストやANTIFA(アンチファ、ファシズム的な体制に反対するムーブメント)の旗を持ち込んでもいい、という話も出ていますが。

 ベラルーシは警察国家で、人口1000人あたりの警察官の数がバチカンの次に多いのです。私服警官も多い。ならず者のように彼らは振舞います。ともあれ、白地に赤い線の旗は『不正な選挙を拒否する』という幅広い人々の意志、そのアイコンであると思います。

 一方でルカシェンコ派のデモも行われていますが、あれは国営企業の官製労働組合の人間を動員して行っています。たとえば、(首都の)ミンスクで集会を行うから、それに参加しなさい、と上司から言われて参加する、といったような」

 そして、ベラルーシで広範な政府への反対運動が起こったのは初めてではないとも指摘する。

「最近になって初めて、大規模な政治的抗議行動が起こったわけではありません。1994〜95年ごろから政治的抗議はありましたし、2010年にも『拍手革命』という抗議行動がありました。この『革命』の背景には、リーマンショック後の経済状況の悪化がありました。ストライキも行われています。先に述べたような官製労組とは別の、独立系の労働組合によるものです。不当な解雇に対する反対もありますし、最近では選挙の不正に抗議してのものが行われています」

◆これまで抗議に参加していなかった人たちも参加

 先に述べた10月4日のデモには10万人が参加、300人以上が拘束されている。ルカシェンコ大統領の体制を支える警察の暴力なども広く報道されているが、それでも今回、大統領就任後もベラルーシの人々が抗議を続けるのには、社会全体に漂う閉塞感に対する怒りもある。

「社会の閉塞感があります。社会の上層にいるのは結局親が共産党の偉い人だったりとかもありました。ソ連型の官僚主義や管理機関はそのまま受け継がれ、労働組合などを通じて体制が支えられている。ルカシェンコの体制には共産“趣味”コスプレイヤーのようなところがあります。

 教育でも大学に入ろうと思ったらベラルーシ共和国青年団(ソ連時代からあった共産党の青年組織、コムソモールをモデルにした団体、ルカシェンコ+コムソモールで「ルカモール」とも揶揄される)に入らないといけないぞ、と教師が言ってきたりとか。本当はそんなことはないのですが。

 ルカシェンコはアイスホッケーを愛好しているのですが、共和国青年団をそれに動員するなどもあります。でも、この10年くらいで、街の雰囲気、人々の表情が明るくなっているのもまた事実です」

 変化の背景にはインターネットで他の世界のことを知ることができるようになり、またヨーロッパ諸国に行きやすくなった、なども理由としてあげられるという。閉塞感がありながらも、一方で社会は変わっていく。

 なお、いま述べられたベラルーシ共和国青年団は、官製労組と同じくルカシェンコ大統領を支持する側のデモに動員されたりなどもするが、もはやそれほどの力もなく、参加している学生が集団的に退団する動きもあるとのことだ。

「今回特徴的なのは、これまでとは違って抗議行動が、(首都のミンスクなど都市部だけではなく)全国規模になっていることです。自分の周りを見ても、これまでデモに行ったことのないような人、たとえば私の父親もそうですが、そういった人たちが抗議行動に参加しています。私もできるならベラルーシに戻って行動に参加したいですね。ベラルーシでこれほど多くの人が声をあげるのは不可能だと思っていましたが、けれども抗議行動は広がっているのです」

<取材・文/福田慶太>

【福田慶太】

フリーの編集・ライター。編集した書籍に『夢みる名古屋』(現代書館)、『乙女たちが愛した抒情画家 蕗谷虹児』(新評論)、『α崩壊 現代アートはいかに原爆の記憶を表現しうるか』(現代書館)、『原子力都市』(以文社)などがある。

関連記事(外部サイト)