社会変革を目指した若者たちの現在。台湾の「ひまわり運動」を追ったドキュメンタリー『私たちの青春 台湾』傳楡監督

社会変革を目指した若者たちの現在。台湾の「ひまわり運動」を追ったドキュメンタリー『私たちの青春 台湾』傳楡監督

(C) 7th Day Film All rights reserved

◆台湾の社会運動に奮闘する若者たちを描く

 台湾の社会運動に身を投じ、世の中を変えたいと奮闘する若者たちの姿を描いた『私たちの青春、台湾』がポレポレ東中野にて公開されています。

 ひまわり学生運動のリーダー・陳為廷(チェン・ウェイティン)、台湾の社会運動に参加する中国人留学生の蔡博芸(ツァイ・ボーイー)。 2011年から参加した社会運動を通して“民主主義“を実現し、未来を切り開こうとする2人。

 陳は香港の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、周庭(アグネス・チョウ)と交流し、後に入国禁止となった中国大陸にも足を踏み入れて台湾のあるべき姿を探り、2014年に起きたひまわり運動をきっかけに政治家を目指す。

 一方、蔡は中国人留学生でありながら台湾の社会運動に参加し、10万人以上のフォロワーを持つ人気ブロガーとして民主主義について積極的に発信し、後に所属する台湾の淡江大学学生会長選に出馬。

 ところが、陳は過去に犯したわいせつ事件が明るみになり出馬を辞退。蔡は中国籍を問題とされ、選挙で闘うことすらできずに敗北する。それはカメラを回し続けた傳楡(フー・ユー)監督の求めていた未来ではなかった。しかし、その失意は監督自身が自己と向き合うきっかけとなっていく――。

 

 今回は、本作で金馬奨最優秀ドキュメンタリー映画賞2018、台湾映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞2018を受賞した傳楡監督に制作の経緯や本作に寄せる思いなどについてお話を聞きました。

◆奮闘する若者たちと出会って

――制作の経緯についてお聞かせください。

傳:蔡博芸は、元々おとなしい人で、中国にいた頃は社会運動に興味がなく、また社会運動に参加するチャンスすらありませんでした。ところが、台湾に留学して付き合い始めた年上のボーイフレンドが社会運動の経験者でした。それがきっかけで彼女自身も社会運動に興味を持つようになるんです。

 陳為廷も屈託のない、普通の若者でした。私自身は社会運動をよく知らず、またいいイメージも持っていなかったのですが、彼らに出会って、従来の社会運動とは違うイメージを持ったんです。

 彼らを知りたいと思ったのが、映画制作のきっかけでした。彼らを追いかけるうちに彼らには彼らが考えている正しさというものがあり、不満、不公平に対して声を上げていく必要があるということを理解できたんですね。

――台湾生まれの学生には、中国出身の蔡さんの存在そのものが受け入れられない様子などが描かれていましたが、台湾人の多くの方々はこのような考え方をしているのでしょうか?

傳:彼女は台湾が好きで台湾の社会運動にも参加しており、ある意味、台湾のことをよく理解しています。しかし、実際には彼女が中国人だというだけでスパイではないかと疑いを持たれたり、疎外されてしまうようなこともあります。中国を嫌いな台湾人はたくさんいて、それは一般的な傾向と言えるんですね。

 でも、そのことで台湾人を責めることはできません。台湾と中国は戦争状態ではありませんが緊張関係にあります。そして、多くの中国人にとって台湾は中国の一部であるという感覚があります。

 そういう意味では台湾人が警戒心を持っているんですね。戦時下であったように、今でも中国が台湾に対してスパイ的な活動をすることはあります。彼女とは仲良くしていましたが、そういう過去がお互いの祖国の背景にあることは事実です。

 私自身は中国共産党に対する反発を感じることがありますが、中国の人たちとはつながれるかもしれないと考えていました。それが映画を作ろうとしたきっかけでしたが、そのことは悲しいことでした。

――陳為廷さんは人を組織して率いることの難しさや痴漢をしてしまった理由、また学生運動で自分が英雄視されたことなどについて、率直に傳監督に語っていますが、どのようにして陳さんと信頼関係を築き上げたのでしょうか?

傳:陳とは蔡と知り合う1年前に知り合ったのですが、私の一つ前の作品の登場人物であり、私は彼のことを良く知っています。そして、彼も私の作品を知っていますが、私が彼を悪く描かないということも理解しています。彼のことを省みているような視点で作品作りをしており、そういう意味で信頼していたのではないでしょうか。 

◆自分は台湾人という思い

――傳監督は華僑のご両親を持ち、台湾に生まれて育っていますが、大陸(中国)に対するイメージはどのようなものなのでしょうか。また、それについてご両親と差を感じることはありましたか?

傳:祖国に対するイメージの差は大きいと思いますね。父親はマレーシア出身の華僑で母親はインドネシア出身の華僑ですが、彼らは自分たちのことは中国人だと認識しています。中華人民共和国か中華民国か、自分は中華民国の台湾を選んだというだけで、あくまでも中国人だという認識なんです。

 彼らにとって中国は大きく、台湾は小さい。だから小さい台湾は中国と一緒にやっていけばいいという発想なんですね。彼らは中国へ行ったことがありますが、発展していない場所にしか行っていません。一方、台湾は発展しているので、中国に対してある種の優越感を持っています。でも、実際は中国の上海や深?などはかなり発展していますよね。

 私は両親に比べれば、中国に行った回数も場所も多いので、台湾人として中国に対して経済的な優越感を感じることはありません。ただ、私自身は台湾で生まれており、台湾人か華僑か悩んだ時もありましたが、何より一人の人間であり、台湾で生まれた台湾人だという認識なんです。

 そして、台湾は中国と一緒でなければならないということもないですし、祖国が強大な国でなければならないということもありません。台湾と中国、制度は全く違いますが、台湾の方がよりよい国家制度なのではないかと思っています。

 台湾は国際的には独立国家としては認められておらず、中国との緊張関係もありますが、独立した国家であって欲しいという思いがあるんですね。

――物語の終盤、「自分は二人に期待を押し付けていた」との傳監督のコメントが流れますが、ご自身は社会を変えたいと思いながらもそれは実現できずに現在に至るというお気持ちを持っていたのでしょうか?

傳:私が学生だった頃は社会運動の空気はありませんでしたが、彼らには仲間がいて熱心に社会運動をしていました。その様子を撮影できたことは幸運だったと思っています。

 彼らを撮ること自体が仕事でしたが、他の仕事もありましたので、この映画に全てを注いでいたわけではありません。そういうこともあって、撮影はするけれども、社会運動に対しては彼らに託すという気持ちでいました。ひまわり運動の時もそういう人はたくさんいたんです。運動に関わりたかったけど、仕事があるので時間がない。だから、運動は若者たちに託して物資などの救援だけをする、と。

 ただ今は、それは違うのではないかと思っています。確かに、若者には路上に出る時間はあります。でも、街に出てデモをしないと社会を変えられないわけではありません。働いていても社会を変えることはできます。自分はドキュメンタリーを撮って社会に訴えることができますし、例えば、報道に携わる人であれば、政治の世界で影響をもたらすこともできるんですね。

◆どこにいても社会を変えられる

――今は二人に対してどのような気持ちでいますか?

傳:蔡は中国に戻りましたがお互いのことを考えて今は連絡を取っていません。しかし、彼女の考えていること、特に今の香港の状況に対する思いは私と同じだと思います。みんながよりよく生きていくために頑張って行こうと。

 香港の人たちが今後、どのように生き残っていくか、特に黄之鋒は非常に不安定な状況に置かれていますが、逃げも隠れもせず、自分にできることをやっています。私たち台湾人も諦める必要はないんですね。

 陳は今はアメリカの大学院に在籍中です。社会を良くするために必要なのは街に出てデモをすることだけではありません。今いる場所でできることをやればいい。台湾、中国、香港、アメリカ、どこにいてもより自由でいられるように努力すればいいと思っていますね。

――今後の活動についてお聞かせください。

傳:今は、香港のことで失望の中にいるので、次は考えることができません。でも、何らかの形でドキュメンタリーを撮り続けていくと思います。

――この作品で伝えたいメッセージについてお聞かせください。

傳:台湾と中国、香港と中国の関係は多くの人たちがわかっていないと思うので、まずは映画を見てこの関係について知って欲しいですね。台湾と香港が置かれている状況が深刻なだけでなく、中国の一般の人たちも中国共産党の大きな権力の脅威にさらされていると思います。そして、中国共産党の権力が大きくなれば香港、台湾だけでなく、世界中の人たちが脅かされることになると感じています。

 また、政治については魅力的なリーダーに託してしまい、自分には何もできないと過小評価してしまいがちですよね。自分もそうだったのですが、映画を撮る過程でそれは違うということに気が付きました。なので、映画を見ている人もそのことに気が付いて欲しいです。自分は何の力もない、弱い存在だと思うかもしれませんが、一人一人に社会を変えていく力があるということに気が付いて欲しいですね。

<取材・文/熊野雅恵>

【熊野雅恵】

くまのまさえ ライター、クリエイターズサポート行政書士法務事務所・代表行政書士。早稲田大学法学部卒業。行政書士としてクリエイターや起業家のサポートをする傍ら、自主映画の宣伝や書籍の企画にも関わる。

関連記事(外部サイト)