学術会議問題・首相官邸前でパンケーキを焼く「パンスト」を開催したワケ

学術会議問題・首相官邸前でパンケーキを焼く「パンスト」を開催したワケ

菅首相が大好きなパンケーキを振る舞う抗議活動「パンケーキ・ストライキ(略してパンスト)」を行う筆者

◆「スガ出てこい パンケーキだぞ」

 日本学術会議に対する菅義偉首相の人事介入に抗議して、私は10月29日と11月1日に首相官邸前の路上で菅首相が大好きなパンケーキを振る舞う抗議活動「パンケーキ・ストライキ(略してパンスト)」を行った。パンケーキを焼くテーブルの周囲に、「日本学術会議への人事介入に抗議する」「スガ出てこい パンケーキだぞ」「パンスト実行中」といったプラカードを並べた。

 この場所では10月26日まで著述家の菅野完氏が、同じく日本学術会議問題に抗議して25日間にも及ぶハンストを行っていた。「パンスト」は、言うまでもなくこれに関連付けたものだ。

 パンスト1回目の10月29日は夕方から夜まで、2回目の11月1日は正午過ぎから夜まで、ひたすら路上でパンケーキを焼いた。SNS等でパンスト情報を目にしてわざわざ来てくれた人、通行人、官邸前で読書をするというスタイルで抗議を表明している人々に無料でパンケーキを振る舞った。

 寒空の下で官邸前を警備する警官にもおすそ分けをしようとしたが、それは断られた。しかしパンケーキを焼いて振る舞うことを警察に咎められることはなく、現地を訪れた東京消防庁の職員からは「火の近くに燃えるものを置かないように」「突風に気をつけて」といった助言だけで、中止は求められなかった。

 またカンパをしてくれる人もいれば、メープルシロップやバター、トッピング用の果物を差し入れてくれる人もいた。淹れたてのコーヒーを大きなポットで差し入れてくれた人もいた。すぐ隣で寝泊まりしながら座り込みを続けている女性は、アウトドア用のテーブルを貸してくれた。

 お茶会の会場と化した路上でパンケーキを食べながら、学術会議問題だけではなく沖縄問題、原発問題、大阪都構想問題、創価学会・公明党問題などを語り合ったりもした。つい何日か前までこの場所でハンストをしていた菅野氏が何を訴えてきたのかについても語り合った。バカバカしいパフォーマンスにお互い笑いながらも、実に政治的な空間だった。

 実は私にとって、自身が主催した初めての直接的な政治活動だ。いままで私はカルト宗教等の問題を取材することをライフワークとしてきた。カルト集団に対する抗議活動や批判的パフォーマンスを繰り返してきたが、「政治」に対しては行ってこなかった。カルト問題がらみ以外では政治関連の記事を書いたこともほとんどない。

 今回の行動のきっかけは、菅野氏のハンストだ。

◆菅野氏が訴えたこと

 菅野氏は10月2日から25日間、この場所でハンストを行った。体重を約8キロも減らしながら、菅野氏は「戦え」と訴え続けた。学者や学生が戦っていないと怒り、メディアが戦っていないと怒り、同時に官邸前に立って抗議を表明する人々を讃えた。官邸前で抗議集会を行った団体の求めに応じてのスピーチでは、「ここに来て戦おうとしている皆さん、ぜひ自分の家、自分の職場、自分の学校に戻ったら、それぞれの持ち場で戦ってください」と呼びかけた。

 SNSでハッシュタグを付けて自らの抗議行動や主張を拡散することもなかった。ハンストの継続を証明するために自身の姿をネット中継し、その日の出来事や主張を日記のようにFacebookに書き続けた。SNS等での盛り上がりやイベントへの動員で満足しがちな風潮に抗う手法だった。

 大手メディアは菅野氏の活動や主張を一切、報道しなかった。ネット上では菅野氏を揶揄したりくさしたりする人々が目立ち、わざわざ官邸前に来て菅野氏の眼前でカップラーメンを食べてみせる嫌がらせをする者もいた。

 同時に、菅野氏にカンパや差し入れをしに来る人々もいた。ハンストが続くにつれて、官邸前で静かに読書をするという行動をとる人々が増えていった。平日でも出勤の前や仕事からの帰宅途中とおぼしき「読書者」の姿があった。雨の日にもいた。菅野氏のハンスト期間中の最後の週末には、延べではなく同時に最大で約40人が読書をしていたという。

 誰かがSNS等で呼びかけたり示し合わせたりしていたわけではない。個々人がそれぞれのタイミングで現れて読書をし、それぞれのタイミングで帰っていく。そのほとんどが、互いに会話や挨拶を交わすこともない。完全に独立した個人だった。菅野氏はこれを高く評価し、自身の運動の「勝利」だと語った。

 読書をする人が現れると官邸前を警備する警官が無線で「抗議の人が来た」という趣旨の連絡をする。

「ただ静かに読書をすることが反政府運動であると官憲がみなしている。そのことが官邸前で可視化された」(菅野氏)

◆「戦い」について自問自答した

 私はもともと菅野氏と付き合いがあった。ハンストと聞いて彼の身が心配だったこともあり、ハンスト取材を兼ねて菅野氏の元へ通った。

 「頑張れ」と言う気にはなれず、ハンストで体力を削られていく菅野氏にインタビューをする気にもなれなかった。毎回何時間も、近くに座ってネット中継を続け、時折菅野氏と会話をし、菅野氏が他の人に話す言葉を聞いた。

 SNSやメディアで日本学術会議の「あり方」をめぐる議論やデマが飛び交い、学問の自由・自治をめぐる議論も起こる中、菅野氏が最も重視したのは、首相による任命拒否は違法であるという点だった。

 日本学術会議法は「推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する」(第7条)定めており、推薦に反する人事を認める法解釈も存在しない。首相が堂々と法を破るということは、日本学術会議の「あり方」以前の問題であり、学問や学者のみならず全国民にとっての脅威だ。

 菅野氏は首相の無法ぶりを指して「無頼漢」と評し、だからこそ言論ではなくハンストという非言語的な手法を選んだ。そして「(自分を)応援する暇あったら、お前が戦え」(Facebookより)と書いた。前述のように、官邸前でのスピーチで「それぞれの持ち場で戦ってください」と呼びかけた。

 私自身、自問自答しないわけにいかなかった。自分の持ち場は何なのか。自分にできる戦いがあるのか。

 菅野氏どころか私の目から見ても十分に戦っているようには見えない分野や団体の中にも、それぞれの「持ち場」で可能な限り抗おうとしている人々はいる。一方で私自身は、ただ黙って座って菅野氏や官邸前の様子を見守っているだけだ。記事を書く仕事はしているが政治記事などほとんど書いておらず、すでに出回っている多くの時事報道や評論以上の「自分なりの政治記事」を書く知識もスキルもない。

 この分野で自分の「持ち場」があるとしたら、これまで私がカルト問題に目を向けてもらうために用いてきた笑い混じりのパフォーマンスを応用することではないか。それなら、今も官邸前での様々な抗議活動が続いていることを人に伝えられるのではないか。これが、パンストというわけのわからないパフォーマンスに走った理由だ。

◆背後にある強い危機感

 菅野氏が官邸前から姿を消した後も、そこには路上で寝泊まりして抗議を続けている女性がいる。読書をする人々の姿もいまだに絶えない。私の「パンスト」は、こうしたストレートな意思表明を続けている人々がすでにいるからこそできる、補助的なイロモノにすぎない。おそらく、菅野氏が呼びかけた「戦い」とも程遠い。

 菅野氏のハンストも、それ以降に路上で寝泊まりしながら座り込みする人の活動も、長期にわたって延々とプレッシャーを与える点で、静かながら強烈な攻撃性をはらんでいる。官邸前での読書は、学問に対して権力を振るった菅首相に対する強烈な当てつけだ。いずれも、「パンスト」よりはるかに直接的だ。

 これら全てが、堂々と法を犯した首相への危機感から生まれている。

 「パンスト」を見かけて面白がってくれた人にも、冷ややかな反応を示している人にも、この危機感に目を向けて考えてもらいたい。私自身の行動も危機感ゆえだが、私よりも官邸前の他の人々が表現している危機感のほうが、目を向けさえすれば誰にとっても理解しやすいものであるはずだ。

 11月5日。ハンストを行った菅野完氏と私のトークライブが新宿のネイキッドロフトで開催される。この場で、菅野氏とともにこれまでの活動の総括と今後について考えていきたい。

<文・写真/藤倉善郎>

【藤倉善郎】

ふじくらよしろう●やや日刊カルト新聞総裁兼刑事被告人 Twitter ID:@daily_cult4。1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)

関連記事(外部サイト)