「対戦ゲーム」のように国会を報じることで見えなくされていること

「対戦ゲーム」のように国会を報じることで見えなくされていること

なにも回答していなくても報じ方一つで印象は変わってしまう (時事通信社)

 政治と報道をめぐる短期集中連載第8回。今回も前回に引き続き、国会報道のあり方を考えたい。対戦ゲームの実況中継のような国会報道は論点を浮かび上がらせずむしろ見えなくさせる。そのような国会報道を変えていくために、国会審議に対する別の見方を紹介したい。

◆「反発」という空疎な言葉

 前回の記事でも「照準」「初陣」「防護」「決定打に欠けた」など、まるで対戦ゲームを実況中継しているかのような国会報道の言葉遣いに注目した。

 前回は触れなかったが、前から違和感を抱いてきた言葉として、今回はそれらに加えて、「反発」を取り上げたい。

 「反発」という言葉は、野党に対して多用される。「野党は反発」というのが典型例だ。試しに2020年1月1日から12月7日までの朝日新聞と毎日新聞の紙面記事を「野党は反発」で検索すると、朝日新聞で2件、毎日新聞で9件ヒットした。具体的には下記の通りだ。

<朝日新聞>

(1)「森氏は11日の衆院法務委で「個人の見解だった」と釈明したが、野党は反発し、国会は12日午前から全面的に審議が止まった。」(【森法相「逃げた」答弁、謝罪し撤回】 2020年3月13日夕刊)

(2)【(考 次期政権の課題:6)改憲論議、首相主導が裏目 「9条に自衛隊を明記」、野党は反発】(2020年9月12日朝刊)(本文中には「露骨な首相主導に立憲民主党などが猛反発」との記述も)

<毎日新聞>

(3)「小泉氏は同日事実関係を認めたが「危機管理は万全だ」と繰り返し強調し野党は反発を強めた。」(【新型肺炎会議:新型肺炎会議 小泉氏、欠席を「反省」 野党追及に態度一変 森、萩生田両氏も地元会合】 2020年2月20日朝刊)

(4)「秋葉氏は27日、首相官邸で記者団に「首相が自粛を要請したのは26日午後で、私のパーティーは夕方だった。物理的に中止は難しかった」と理解を求めているが、野党は反発している」「野党は28日、「国民には非常時だと言って協力を求めて、身内は何食わぬ顔でパーティーを開いている」(国民民主党の渡辺周衆院議員)などと反発している」(【新型肺炎:新型肺炎 「非常時」なのにパーティーとは 秋葉氏に野党反発 首相は更迭否定】 2020年2月29日朝刊)

(5)「松川氏は予算委後、記者団に謝罪したが、野党は反発している。」(【新型肺炎:感染防止巡り自民がヤジ 「高齢者歩かない」 参院予算委】 2020年3月3日朝刊)

(6)「与党は週内に内閣委で採決し、早期の衆院通過を目指すが、野党は反発している。」(【NEWSFLASH:検察庁法改正案 政府、必要性を強調】 2020年5月13日夕刊)

(7)「13日の衆院内閣委員会で、武田良太行政改革担当相は黒川弘務東京高検検事長の定年延長とは無関係だと強調したが、野党は反発。「黒川氏の人事を後付けで正当化する法改正だ」と批判した。」(【焦点:検察幹部定年延長法案、野党退席 「黒川氏の人事正当化」】 2020年5月14日朝刊)

(8)「過去最大の予備費にも野党は反発した」(【クローズアップ:新型コロナ 2次補正予算成立 「丸投げ」拭えぬまま】 2020年6月13日朝刊)

(9)「閉会中審査への安倍晋三首相の出席にも前向きではなく、野党は反発を強めている。」(【臨時国会:臨時国会の早期召集、慎重姿勢 野党要求に自民・森山氏】2020年8月1日朝刊)

(10)「開き直りとも取れる答弁により、野党は反発をさらに強めた。」(【「最長」のおわり:残された課題/2 不祥事の数々 人事握り、官僚「忖度」】 2020年8月31日朝刊)

(11)「説明を尽くさない姿勢に対し、野党は反発を強めている。立憲民主党の枝野幸男代表は16日、記者団に「安倍政権以上に上から目線の政権になっている。学術会議そのものに対し、学問の世界に対して上から目線で、それに関して何も説明もしようとしないこと自体が上から目線だ」と批判した。」(【焦点:首相、学術会議梶田会長と会談 「丁寧な説明」ほど遠く わずか15分、両者かみ合わず】 2020年10月17日朝刊)

 検索ワードを工夫すればもっと拾えるだろうが、このくらいにしておく。

◆野党側の論理を見えなくする「反発」という言葉

 「野党は反発」というこれらの記事を見渡して思うのは、「反発」という言葉が随分と空疎な言葉だということだ。どういう意味合いでそのようなリアクションをとったのかが示されていない。野党側の論理が見えてこないのだ。

 「反発」という言葉を辞書で引くと、「他人の言動などを受け入れないで、強く否定すること。また、その気持ち」(デジタル大辞泉)、「はねかえすこと。はねかえること。外から加えられる力や他人の言動などに反抗して、うけつけないこと。負けずに反抗すること。また、そういう気持。」(日本国語大辞典)などと説明されている。

 「受け入れない」「はねかえす」「うけつけない」――「ですが……」と意見された男性が、「なんだと!?」と机をバンと叩く。「少々お待ちください」と言われた女性が、「いつまで待たせるの!」と声をあらげる。そのような「感情的で否定的なリアクション」という意味合いが、「反発」という言葉には感じられる。

◆「反発」ではなく「批判」「反論」「異議申し立て」「指摘」「主張」「抵抗」

 しかし実際の国会で野党議員がおこなっているのは、「批判」「反論」「異議申し立て」「指摘」「主張」「抵抗」などだ。「そのような説明では説明責任を果たしていない」「そのような違法なことは許されない」「そのような対応は不適切だ」「このような状態で採決を急ぐべきではない」――そのように、理由があって異議申し立てをおこない、説明責任を果たさないまま性急にことを進めようとする政府与党の動きに、対抗しているのだ。

 なのにそれを「反発」という言葉で表現してしまうと、まるで理もなく感情的に騒いでいるだけのように見える。それは野党に対して失礼だし、「野党は反対ばかり」「パフォーマンス」「野党はだらしない」といった表層的な見方を強化することに加担してしまう。

 国会報道は与野党の動きを報じるのだと言うのなら、野党がなぜ反対しているのか、どのような指摘をおこなっているのか、何を批判しているのか、その内容を示すべきではないか。「野党は反発」と言わずに、「野党は『・・・・・・』と批判した」と書くべきではないのか。なぜ、そうしないのか。

「いや、字数の関係で端的に表現しているだけだ」という反論があるかもしれない。ならば「野党は反発」と書かずに「野党は批判」としてみたらどうか。「反発」と「批判」では、印象が異なる。「批判」であれば、根拠があって反対していると見える。

 例えば上記の(4)の記事であれば、「野党は28日、「……」(……)などと反発している」とせず、「野党は28日、「……」(……)などと批判」と書けばよいではないか。(12)の記事であれば、「説明を尽くさない姿勢に対し、野党は反発を強めている。立憲民主党の枝野幸男代表は16日、記者団に「……」と批判した。」と書くかわりに、「説明を尽くさない姿勢に対し、野党は批判を強めている。立憲民主党の枝野幸男代表は16日、記者団に「……」と指摘した。」などとしてもよいではないか。「反発」という言葉を使わずに書くことは可能だ。

◆権力側の表現では使われにくい「反発」

 さらに考えたいのは、「反発」という言葉は、権力者に対峙する側にのみ使われがちな言葉ではないのか、という点だ。野党ではなく政府与党の側のリアクションを紹介する場合にも果たして使われているだろうか。

 例えば下記を見ていただきたい。

“30日の参院本会議で、安倍政権が新型コロナウイルス対策として配布した「アベノマスク」の評価が議論となった。立憲民主党の古賀之士氏が「古今東西、まれに見る残念な政策」とこき下ろしたのに対し、田村憲久厚生労働相は「国民から感謝やお礼の声もいただいている」と反論した。”(【アベノマスク「国民から感謝も」 立憲議員の批判に田村厚労相】 時事通信2020 年11月30日)

 ここでは立憲民主党の古賀氏の発言は「こき下ろし」と表現され、他方で、田村厚生労働大臣の発言は「と反論した」と表現されている。古賀氏は感情をあらわにし、田村大臣は冷静に対応したかのような表現ぶりだ。しかし、この田村大臣の発言は、もしそれが野党の発言であれば、「と反発」と表現されたのではないだろうか。

 「桜を見る会」をめぐる安倍晋三首相(当時)の国会答弁を紹介した下記の記事も同様だ。

“野党はホテル側と書面でやりとりして提示するよう要求したが、首相は「私がウソをついているというのであれば、(ウソだと)説明するのはそちら側だ」などと拒否し続けた。” (【明細書、主催者に未発行「ない」 ホテル見解、答弁と矛盾 「桜を見る会」】朝日新聞 2020年2月18日)

 これなども、「首相は『……』などと猛反発した」と書いてもよさそうなものだが、「などと拒否し続けた」という表現になっている。

 野党については「反発」という言葉を使い、政府与党については「反論」などという言葉を使う。そのような使い分けは、無意識のうちにおこなわれているのだろう。

 しかしその背後には、「女は感情的で、男は理性的」といった固定的なジェンダーバイアスと同様の、「野党は感情的で、政府与党は冷静」といったバイアスが潜んでいないだろうか。記者個人がそのようなバイアスを抱いていなくても、政治部記事の「スタンダード」として、そのようなバイアスを織り込んだ書きぶりが引き継がれていないだろうか。

◆「反発」と「抵抗」

「反発」という言葉は、政治の場面以外でも、権力者の意に背く言動を指す場合に使われやすい。例えば下記のように。

●「米グーグルで、人工知能(AI)の倫理部門の責任者だった著名な黒人女性研究者が「解雇された」と訴え、経営陣への反発が社内外に広がっている」(【黒人研究者「解雇」、グーグルに抗議文 「AI偏り」論文】朝日新聞2020年12月7日朝刊)

●「問題なのは調査受け入れを決めるまでの過程だ。寿都町の片岡春雄町長は当初から「最終的には私の肌感覚」で決めると一貫していた。住民説明会でも「肌感覚」を繰り返し、応募を前提としたような説明に反発は強まった。」(【記者の目:核ごみ処分、調査受諾の2町村 民意反映されたか疑問=高橋由衣(北海道報道部)】毎日新聞2020年12月3日朝刊)

 しかし、同じような文脈でも、「反発」という言葉を使わず、「抵抗」という言葉を使っている記事もある。

●「「新しい歴史教科書をつくる会」の流れをくむ育鵬社の教科書を採択する学校が、激減している。2011年の初採択以来、保守系首長の後押しでシェアを伸ばしてきたが、現場の教師や市民団体の抵抗を受け、21年度から別の教科書に変える自治体が相次いだためだ。」(【安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…】毎日新聞2020年9月22日電子版)

 國枝すみれ記者によるこの記事では、「現場の教師や市民団体の抵抗を受け」と、「反発」ではなく「抵抗」という言葉が用いられている。「反発」と表現されると、感情的で一時的なリアクションのような印象を受けるが、「抵抗」と表現されると、強い意志で粘り強く抗う、という印象を受ける。

 実際、記事ではそのような粘り強い取り組みが紹介されている。だからこそ「反発」ではなく「抵抗」という表現を記者は選んだと見ることもできる。しかし、他の記事で「反発」という言葉を用いた記者たちも、「反発」という言葉を使わずに表現すれば、なぜ「反対」しているのか、何を「批判」しているのか、どのような「反論」や「抵抗」をおこなっているのか、といった点にいっそう目を向けることができたのではないか。

 國枝すみれ記者は毎日新聞統合デジタル取材センターの記者で、下記のような深掘り記事を執筆されている方だ。

●NHKは何を間違ったのか〜米黒人差別の本質:NHK動画に厳しく抗議 偏った黒人像を作った「400年制度化された差別」 (毎日新聞 2020年6月24日)

 この記事は、アメリカの抗議デモを紹介したNHKの「これでわかった!世界のいま」という国際ニュース番組の公式ツイッターが流したアニメ動画がなぜ問題であったかを、400年にわたる「制度化された差別」に目を向ける中で明らかにしていく記事だ。「激怒する筋骨隆々の男性を登場させ、『粗野で、怒りのコントロールができない』という黒人に対する否定的な固定観念(ステレオタイプ)とくっつけてしまった」との識者の見解を紹介した。

 黒人の歴史を専門とする坂下史子・立命館大学教授に話を聞いてまとめた記事だが、誰に何を聞き、どうまとめるかという点に記者の視点や力量が現れる。

 この記事に見られるような國枝記者の視点の確かさが、上記の教科書問題に関する記事における「抵抗」という言葉選びにも表れているように、私には思われるのだ。

◆正当な権利の主張も封じかねない「反発」という表現

 筆者は『呪いの言葉の解きかた』(晶文社、2019年)の中で、アルバイト先のトラブルに関し、「文句を言うと、職場の雰囲気を壊す」と語る学生の言葉に注目した。この「文句」という言葉には、「文句を言うヤツ」という経営者の否定的な目線があらかじめ織り込まれている。「文句を言う」ではなく「抗議する」「異議申し立てをおこなう」と言い換えてみれば、こちらに理があり、正当に権利を主張しているだけだと思うことができる。言葉ひとつで、そのくらい認識は変わるのだ。

 「反発」という言葉もやはり、「文句」と同じように、「面倒なリアクションを起こす者たち」という目線が織り込まれた言葉のように感じる。「反論」「批判」といった表現に変えると、そのようなリアクションを起こす側にも理由があることが感じられる言葉になる。そう考えるとやはり、「野党は反発」という言葉遣いは問い直されるべきだと思うのだ。

◆「国民生活の守り」の「あら」を指摘するのが野党の役割

 野党については「反発」という言葉が多用される一方で、野党の追及を受けた政府与党側には「かわす」という言葉が多用される。「かわす」という言葉は、「誠実に対応せずに逃げる」というような卑劣さを表すよりは、何を言われても動じないという気持ちの余裕のようなものを感じさせる。クレーマーの理不尽なクレームを言葉巧みに退けるようなイメージだ。

 このように見てくると、国会報道の言葉遣いは、どっしりとした横綱に、血気盛んな小柄な力士が挑んでおり、それを政治部記者が実況中継しているように見えてくる。相手がどのような技を繰り出してきても、動じない横綱。その横綱になんとか土をつけてやろうと策を練る小柄な力士――しかし、国会をそのように見てよいのだろうか。

 そんな言葉遣いで実況されると、「いくら野党がダメージを与えようと騒ごうが、政権はびくともしない。諦めなさい」と言われているような気になる。数の力を重視すれば、そのような見方になるのかもしれない。しかし、質疑の中身に注目すれば、そのような実況はできないはずなのだ。

 ここで、違う見方を紹介したい。与野党の役割を野球における攻守に譬えた小川淳也議員の見方だ。同じように対戦ゲームに譬えているのだが、その対戦ゲームの目的は相手を打ちまかすことや自分のチームの得点を稼ぐことではない。

 「今夜は小川淳也がじっくり語ります!これまでの政治、コロナ後の社会」という2020年5月26日のYouTube配信で、小川淳也議員はこう語った(映像の33:37より)。

https://youtu.be/GGEGZxc3vAE?t=2017

 “野球で言うと政権交代は、攻守交替に似ているんです。

 政権与党はそれまで、守備に就いているんですね。エラーをしないように。ポテンヒットがこないように。守備に就いて国民生活を守るのが与党の仕事です。

 一方、野党は、守備に就いた人たちのあらを捜さなければいけません。それはあら捜し自体が目的じゃないんです。あらのあるような守備配置では、最終的に国民生活が被害を受けるので、きちんとあらを見つけて叩いて、交替させて、守備位置を整えさせるプレッシャーをかけるのが野党の仕事なんです。だから、批判的立場から検証する。これが野党の最大の仕事なんです。

 ですから野党は、守備に就くんじゃなくて、バッターボックスに入って、バットを振るんですね。できるだけ強い打球を打つんです。それによって、どこにあらがあるか、そのあらが国民生活に被害をもたらさないか、そういうチェック機能を果たすのが野党の仕事なんです。“

 この譬えはよくわかるのだ。与党と野党は、共に国民生活を守ることに責任を負っている。与党は直接的な形で責任を負っており、野党はチェック機能を果たすという形で責任を負っている。あらを捜すのは、しっかりとした守備固めをさせ、国民生活に被害が及ぶことを防ぐためであって、相手を打倒するためではない。もちろん与党が守備の役割をしっかり果たせないなら、「交替させろ」と求めるわけだが、それも国民生活を守るためだ。

 そういうとらえ方と、国会を単なる対戦ゲームのようにとらえる捉え方では、どちらが適切か。小川淳也議員の捉え方の方だろう。そうであれば、「反発」と表現されている行動の背後にある論点にこそ注目すべきだ。そこに守備の乱れ、あらがあるのだから。そのあらをなくすよう求めることは、与党にダメージを与えることが目的ではなく、社会をより正常に機能させることが目的なのだから。

 なのに単なる対戦ゲームのように報じてしまうと、それが何のためのゲームなのかが見えなくなる。国会を、単に権力争いや支持率争いのための場のように見せてしまうことになる。そのような報じ方は、国会質疑の意義を損なうものだ。

◆あまりにも酷い「言葉選び」は止めよ

 立憲民主党で国対委員長を務めた辻元清美議員も、著書『国対委員長』(集英社新書、2020年)の中でこう語っている(p.63-64)。

 “与党は法案提出前に党内審査を済ませてお墨付きを与えているのですから、国会審議で法案が本当に正しいものなのかをチェックするのは野党の役割なのです。言い換えれば、野党が厳しく追及しても耐えうる法案なのか、それをチェックするのが国会の質疑の場なのです。”

 小川議員の野球の譬えと辻元議員のこの説明は重なり合う。法案審議であれ行政監視であれ、野党の役割はしっかりとしたチェックなのだ。

 そう考えると、時事通信の下記の記事のような言い回しがいかに不適切か、わかっていただけるだろう。

 “先の臨時国会で首相を攻めあぐねた野党はほくそ笑んでいる。立憲民主党幹部は「Go Toを含むコロナ対策と疑惑で政府・与党への不信が広がった」と断じ、共産党の小池晃書記局長は会見で「首相がコロナ対応で迷走する姿に国民が失望している」と語った。” (【内閣支持急落に政府が危機感 GoTo批判、与党にも】時事通信2020年12月8日)

 これではまるで、Go To キャンペーンの推進や政府のコロナ対策の不備によって感染が拡大し、医療現場や国民がさらに苦境に陥るのを、野党議員が「しめしめ」と喜んでいるかのようだ。

 国会審議を「与野党攻防」という視点でとらえるから、「ほくそ笑んでいる」などという表現になる。実際には野党はGo To トラベルの継続が感染拡大につながっていないかと問い、医療崩壊を防ぐための対策を求め、事業の継続や雇用を守るための迅速な対応を求めている。

 「菅政権が失政を重ねて国民がさらなる苦境に陥れば、自分たちに政権交代のチャンスがやって来るぞ」とほくそ笑んでいるわけではない。いいかげんにしてほしい。

◆【短期集中連載】政治と報道 第8回

<文/上西充子>

【上西充子】

Twitter ID:@mu0283

うえにしみつこ●法政大学キャリアデザイン学部教授。共著に『大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A』(旬報社)など。働き方改革関連法案について活発な発言を行い、「国会パブリックビューイング」代表として、国会審議を可視化する活動を行っている。また、『日本を壊した安倍政権』に共著として参加、『緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説 「安倍政権が不信任に足る7つの理由」』の解説、脚注を執筆している(ともに扶桑社)。単著『呪いの言葉の解きかた』(晶文社)、『国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み』(集英社クリエイティブ)ともに好評発売中。

関連記事(外部サイト)