「任命拒否の反発はかなり大きくなると思っていた」笑いながら答えた総理会見を信号無視話法分析

「任命拒否の反発はかなり大きくなると思っていた」笑いながら答えた総理会見を信号無視話法分析

筆者のYouTubeチャンネルより

◆またも繰り返された菅総理と記者クラブの朗読会

 2020年12月4日、菅義偉総理は国会が事実上閉会したことで就任以来2回目の記者会見をようやく開いた。これまで質問者をわずか3名に絞った「グループインタビュー」と称する閉鎖的な質疑応答の場はあったものの、記者会見については9月16日の就任時に開いた1回目から実に2ヶ月半ぶりであった。だが、今回の1時間弱の記者会見においても、幹事社からの質問は事前に提出されており、菅総理は用意された原稿を読みながら答える「朗読会」と言って差し支えない状況であった。

 そんな記者会見ではあったが、終盤の2問は注目を集めた。日本学術会議の任命拒否の反発を予想していたかという問いに対して、菅総理はなぜか笑いながら「かなり(反発は)大きくなると思っていた」と回答。また、海外メディア特派員がGoToトラベルの推進と二階俊博幹事長が全国旅行業協会会長であることの関係性に切り込む質問も初めてなされた。この癒着とも呼べる関係性は周知の事実だが、これまで菅総理に質問できる立場にあった国内の大手メディアが質問することはなく、この問題に対する菅総理の見解が初めて語られることとなった。

 本記事では、約7分間に及んだ終盤のこれら2問の質疑を一字一句漏らさずにノーカットで信号機で直感的に視覚化していく。具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化する。(※なお、色表示は配信先では表示されないため、発言段落の後に( )で表記している。色で確認する場合は本体サイトでご確認ください)

◆1割にも満たない「青信号」で漏れたホンネ?

 終盤の2問の質問に対する菅総理の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。

<色別集計・結果>

●菅総理:黄信号81% 青信号12% 灰色8%

*小数点以下を四捨五入しているため、合計は必ずしも100%にはならない

 黄信号が8割を占めており、青信号は1割しかない。つまり、質問にはほとんど答えていない。だが、この1割の青信号に注目を集めた回答が含まれていた。いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。

 また、実際の映像は筆者のYoutubeチャンネル「赤黄青で国会ウォッチ」で公開している動画「【任命拒否への反発はかなり大きくなると思っていた】2020年12月4日 菅総理記者会見」で視聴できる。

 さてそれでは、記者の質疑とそれに対する菅総理の答弁を文字起こしし、信号無視話法分析で可視化してみよう。

◆「反発を予想していた」と嗤いながら言った菅総理

 まず、京都新聞 国貞記者は、日本学術会議の任命見送りを判断した際、これほどアカデミズムからの反発が広がると思っていたのかを質問。その質疑は以下の通り。

京都新聞 国貞記者:「すいません。京都新聞の国貞と申します。日本学術会議のですね、ことで、あのー、関連でお伺いします。えー、先日ですね、あの、人文社会系のですね、310の学協会が、えー、任命拒否を撤回するように、あのー、声明を出したんですけども、あのー、総理はですね、先ほども、その、おー、国会で丁寧に説明をされているということをおっしゃったわけですけれども、あのー、アカデミズムからの反発っていうものは、えー、まあ、現状では止まっていないと思うんです。率直にですね、あの、任命見送りをですね、判断された時に、えー、これほどまでですね、反発が広がると思っていたのかどうか。で、また、あのー、これほどまでですね、アカデミズムの方が反発をしているということに関して、どう思われているか、認識をよろしくお願いします。」

菅総理:

「えー、まず、私自身が、この任命、えー、の問題でありますけども、先ほど申し上げましたように、任命者、権者として、内閣法制局の了解を得た政府の一貫の考え方というのは、必ずしも推薦通りに任命しなければならないというわけじゃないということが、これ、まずは大前提です。まあ、そういう中で、えー、学術会議そのものについて、えー、これで良いのかということを私は官房長官の時から考えてきました。(黄信号)

 それは、日本に研究者と言われる方が90万人いらっしゃいます。その中で学術会議に入られる方というのは、まさに現職の会員の方が、えー、210人おります。また、それを、おー、連携会員の方が2000名おります。そうした方の推薦が無ければ、これ、なれないわけでありますから、これは、19、あのー、49年ですかね、この組織ができてから。ですから、多くの、おー、関係者の方がたくさんいて、新しい方がなかなか入れないというのも、これは現実だという風に思っています。(黄信号)

 まあ、そういう中で私自身は、縦割り、あるいは既得権益、悪しき前例主義。そうしたものを打破したい。こうしたことを、まあ、掲げて、自民党総裁選挙も当選をさせて頂きました。この、そういう中で、その、学術会議はですね、えー、また新しい方向に向かった方が良いのではないかなという、そうした、あー、意味合いの中でですね、えー、この、ない、内閣法制局の了解を得て一貫した考えのもとで、ここは自ら、まあ、判断をさせて頂いたと、まあ、そういうことであります。(黄信号)

 それで、これだけ大きくなるかどうかということでありますけども、まあ、私は、かなり、なるんじゃないかなという風には思ってました。(青信号)」

*4段落目の青信号は笑みを浮かべながら回答

◆大きな違和感を残した「笑顔」

 まず、1段落目、2段落目、3段落目はこれまでの答弁でも繰り返されてきた周知の事実を述べているだけのため、黄信号とした。

1段落目、3段落目:任命拒否に至った経緯

2段落目:日本学術会議の構成

 そして、注目すべきは4段落目の青信号。ここまでの会見中では笑みをこぼす場面はほとんど無かったのだが、「かなり(反発は大きく)なるんじゃないかなと思っていた」という趣旨の内容を菅総理はなぜか笑いながら回答。これほど大きな問題になっているのに、菅総理はなぜ笑っているのか。反発を予想した上で任命拒否を強行したことで自らの権力の大きさを実感できたからなのか真意は不明だが、この場面に漂う違和感は非常に大きい。

*この場面は、筆者のYouTubeチャンネル「赤黄青で国会ウォッチ」で公開している動画「【任命拒否への反発はかなり大きくなると思っていた】2020年12月4日 菅総理記者会見」の3分21秒から確認できる。

◆GoToトラベルの背後にある利権疑惑

 先ほどの任命拒否に関する質問に続いて、この会見の最後の質問者として指名されたのは、ラジオフランス の西村カリン記者。新型コロナウイルスの感染拡大が続いているにもかかわらず、今も続いているGoToトラベルについて、自民党の二階幹事長と旅行業界の関係性を指摘しつつ、質問する。その質疑は以下の通り。

ラジオフランス 西村カリン記者:「フランスの公共ラジオ局のラジオフランスの特派員・西村と申します。GoToトラベルについての質問をします。GoToトラベルキャンペーンは、強く推進する自民党の二階幹事長は、えー、全国旅行業協会の会長として務めていますが、結果的に他の業界・・、結果的に他の業界に比べて、自民党はこのトラベル業界を優遇するのではないかと思う国民はいると思われます。その点について、総理のご意見を聞かせてください。」

菅総理:

「あのー、GoToトラベルでありますけども、そもそも日本には観光関連の方が約900万人おります。全国にホテルや旅館、さらにはホテルや旅館で働く従業員の方。そして、えー、お土産を製造する、あるいは販売をされる方。農林水産品を、おー、納入する方。そうした地域で活躍されている方が観光を支えているということも、観光に従事している方が地域をしっかりと支えて頂いているということも、これ事実だという風に思ってます。(黄信号)

 まあ、そういう中でこのGoToトラベルを政府としては、あー、この、あの、実行に移してきているところであります。そういう中で地域の中でそうした生活をしている人がですね、えー、このGoToトラベルによって、当時は、5月6月は稼働率が1割とか2割だったんです。そうした人たちは、もうこのままいったら、あー、まさにこの事業を継続することができないというような条件の中で、状況の中で、私どもはこのGoToトラベルをさせて頂いて、えー、今に至っていることであります。(黄信号)

 二階、いー、幹事長が、と、特別ということではなくて、何がこの地域の経済を支えるのに一番ですね、役立つのかなという中で判断をさせて頂いたと、頂いているということであります。 (青信号) 」

 まず、1段落目、2段落目はこれまでの答弁でも繰り返されてきた周知の事実を述べているだけのため、黄信号とした。関連する業界や団体の構成、問題となっている事柄の経緯を長く答えるのが、先ほどの1問目とそっくりだ。

1段落目:観光業従事者の構成

2段落目:GoToトラベルを始めた経緯

 そして、3段落目でようやく二階幹事長と旅行業界の関係性に関する内容に踏み込んだため、青信号としたが、その内容はゼロ回答に等しい。「何が地域経済を支えるのに役立つのか判断した上で旅行業界を支援した」というニュアンスの回答に聞こえるが、他にも様々な業界がある中で、なぜ旅行業界なのかの説明は一切無かった。本来であれば、この点を追及する質問を重ねるべきだが、菅総理の回答後にすぐさま司会者は以下のように発言し、会見は終了された。

司会者(山田真貴子 内閣広報官):「えー、それでは、あのー、次の日程ございます。大変申し訳ございません。会見を終了させて頂きます。あのー、現在挙手をされている方で、あの、ご希望がありましたら、あのー、各1問を、あの、メールなどでお送り頂ければ、後ほど総理のお答えを書面で、えー、返させて頂きますので、ご理解頂くようにお願いします。えー、それでは、以上をもちまして、えー、本日の総理記者会見を結ばせて頂きます。皆様のご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。」

◆わずかに見どころはあったが、「出来合い」会見は変わらず

 こうして約2ヶ月ぶりに行われた菅総理の就任以来2回目の記者会見は終了した。終盤にわずかながら見所はあったものの、幹事社からの質問は事前に提出されており、菅総理は用意された原稿を読みながら答えるという「朗読会」と言って差し支えない状況が大半を占めていた。

 菅総理の記者会見の異様な少なさ、質問を事前に集めて回答も事前に用意するという閉鎖性の理由を紐解いていくと、やはり8年近く務めた官房長官時代にあると思われる。菅総理は官房長官時代、事前に提出された質問に対して用意された回答を棒読みするだけの記者会見を平日にほぼ1日2回のペースで8年近くも続けてきた。試しに筆者が2年前のある日の官房長官会見に参加した5人の記者の質問と菅官房長官(当時)の回答を全て書き起こして、信号無視話法分析してみたところ、実に5人中3人は質問に対する回答をほとんどもらえていなかった。その様子は下記の動画で確認できる。

*動画へのリンクが表示されない配信先で本記事を読んでいる場合、筆者のYouTubeチャンネル「赤黄青で国会ウォッチ」で公開している動画「【信号無視話法分析】菅義偉官房長官 vs 5人の記者 2019年2月8日午前 記者会見」をご覧ください。

 事前に用意された原稿を読むだけなので、質問の方向性が少しでも想定と異なると回答は食い違い、しかも記者は質問と回答のズレを追及せず、ただタイピング音が鳴り響く異様な光景がこの動画で確認できる。こうした会見を長年続けてきたこともあり、菅総理はもはや自分の頭で考えて自分の言葉で質問に即答すること自体が難しいのではないかと思われる。

<文・図版作成/犬飼淳>

【犬飼淳】

TwitterID/@jun21101016

いぬかいじゅん●サラリーマンとして勤務する傍ら、自身のnoteで政治に関するさまざまな論考を発表。党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。noteのサークルでは読者からのフィードバックや分析のリクエストを受け付け、読者との交流を図っている。また、日英仏3ヶ国語のYouTubeチャンネル(日本語版/ 英語版/ 仏語版)で国会答弁の視覚化を全世界に発信している。

関連記事(外部サイト)