連発された見当違いの回答。TBS『news23』の菅首相インタビューを信号無視話法分析してみた

連発された見当違いの回答。TBS『news23』の菅首相インタビューを信号無視話法分析してみた

時事通信フォト

◆ノーカット放送された約21分間のインタビュー映像の衝撃

 2020年12月21日、TBS系列「news23」に菅義偉総理が出演。番組のアンカーである星浩氏、メインキャスターの小川彩佳氏の2名が約21分間にわたって菅総理に単独インタビューし、新型コロナウイルス対応を中心に、桜を見る会、日本学術会議の任命拒否などの問題を幅広く質問した。このインタビューは当日17時台に事前収録されたものだが、23時からの放送ではノーカットで放送され、大きな注目を集めた。これまでテレビで放送されてきた菅総理の国会やグループインタビューにおける受け答えは、あたかも質問に回答できているかのように編集された映像が大半であったが、今回は約21分間にわたる質疑がノーカットで放送されてしまったため、総理の回答はことごとく質問とズレるという事実が露呈したからだ。

 本記事では、全18問の質疑を一字一句漏らさずにノーカットで信号機で直感的に視覚化していく。具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化する。(※なお、色表示は配信先では表示されないため、発言段落の後に( )で表記している。色で確認する場合は本体サイトでご確認ください)

 また、当日の映像はTBS NEWSのyoutubeチャンネルで、全文 文字起こしは筆者のnote「【全文 文字起こし】 news23 菅義偉首相インタビュー2020年12月21日」で公開されている。

https://youtu.be/j7o3uWVvesE

◆質問にほとんどまともに答えなかった菅総理

 質問に対する菅首相の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。

<色別集計・結果>

●菅首相:赤信号30% 黄信号36% 青信号27% 灰色6%

*小数点以下を四捨五入しているため、合計は必ずしも100%にはならない

 首相の見解を問うような緩い聞き方の質問もあったため、青信号の割合が3割弱あるものの、赤信号と黄信号が7割弱を占めている。いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。

◆イギリスで拡大する変異種に対する水際対策

 まず、新型コロナウイルスについて、より感染力の強い変異種がイギリスで拡大していることを受けて、日本の水際対策について質問される。その質疑は以下の通り。

【1問目】

小川彩佳氏:

「主に新型コロナをめぐる対応について、お話を伺ってまいりたいと思っているんですけれども、その前にまずはイギリスから非常に気になる発表がありました。あの、従来のものよりも感染力が強いという新型コロナの変異種が拡大しているという報告があったということですけれども、総理にはどのような報告があったんでしょうか。」

菅総理:

「あのー、英国政府の発表を踏まえてですね、えー、直ちに厚生労働省、えー、ウイルスの専門……、厚生労働省とウイルスの専門家、国立感染症研究所ですか、ここで、えー、すぐ対応しました。(赤信号)

 で、対応した結果ですね、えー、同じような変異をしたウイルスは現時点では……、おいては無いと。まあ、そういうことの報告を受けています。(青信号)」

【2問目】

星浩氏:

「ヨーロッパとか中東で、あのー、入国停止措置をやってますよね。そこは日本はどうですか。」

菅総理:

「ここは、日本は、あのー、イギリス政府と緊密に連携しながら。(青信号) 

 ただですね、現時点において上陸拒否対象国に今なってますので、特別の方限りですよね、日本に入って来れるのは。例えば日本人の方でイギリスに住んでらっしゃる方とか、あー、1週……、1日1人か2人だそうです。それで、そうした人もちろん検査します。それで陰性でも14……、14日間、あのー、隔離する。まあ、そういう体制でありますので、えー、そこは大丈夫だというふうに思っています。(赤信号)」

【3問目】

小川彩佳氏:

「今後、水際対策を強化されるという考えは今のところは?」

菅総理:

「あのー、ですから、今のままの中で、ただ、1日1人ぐらいですから。そこは、今対応できますから。(赤信号)

 さらに厳しくする方向というのは当然イギリスとの間で、今、あのー、交渉してます。(青信号)」

 この1〜3問目では、変異種に対して日本政府がどのような水際対策をするのかが問われているのだが、日本政府の方針は全く見えてこない。回答にあたる青信号が少ない上に、青信号の内容は「イギリス政府と緊密に連携」「イギリスと交渉している」など具体性が全くないからだ。

 それでは、青信号以外の箇所で菅総理がいったい何を話していたのかを振り返ってみると、1問目の2段落目の回答は、以下のように論点をすり替えており、赤信号とした。

【質問】変異種の報告内容

↓ すり替え

【回答】変異種の対応状況

◆イギリスからの入国者についていい加減な回答

 また、注目すべきは2問目の2段落目、および3問目の1段落目。菅総理は「イギリスから日本への入国者が1日あたり1人〜2人だから大丈夫」という主旨の回答をしているが、これは大変な認識誤りであり、赤信号とした。

 翌22日の野党合同ヒアリングでこの発言の真偽を問われた厚労省は「11月29日からの一週間でイギリスに滞在歴のあった方の空港での検査数が692名。うち陽性となった方が2名。総理は陽性の方の数字を述べておられたのでは」という回答をしている。また、翌々日の23日に加藤勝信官房長官はイギリスからの入国者は「12月は1日平均150人」と説明している。菅総理は、水際対策を考える上での基本的な数字を桁が2つもズレるほど誤って認識していることがこの質疑で露呈した。

◆新型コロナウイルス対応への政府の反省

 続いて、日本政府の新型コロナウイルス対応への反省について質問される。その質疑は以下の通り。

【4問目】

小川彩佳氏:

「そして、国内では新たな感染者が連日3000人近くという中で、非常にこの感染が拡大している。これが止まらない傾向が続いているわけですけれども、残念ながらこれまでの感染対策、成功とは言えないと思うんですが、振り返られまして総理としては何が足りないという風にお感じになっていますか?」

菅総理:

「まあ、ここは非常に、えー、難しいですよね。ただ、あのー、過去の、今日までのですね、各種効果で、やはり飲食。まあ、ここを重点的にやろうという、そこが可能性としては高いだろうという、先生方思ってますんで。えー、そこを中心にですね、えー、今やってます。(赤信号)

 えー、確か、あの、勝負の3週間。これ終わった後も増えてますけれども、当時は東京・大阪・札幌、おー、このー、3つ、3県だった。今、15県くらい都道府県は、こう広めてですね、えー、そこの飲食の時間短縮を要請しています。で、国もですね、地方自治体の人がそうしたことをできるようにですね、えー、従来は最大60万円の保証が応援だったんですけど今120万にしました。特に年末年始ありますので、まあ、そういう形で多くの地方自治体からですね、そういう支援のお金関係なくですね、心配しないで出来るような体制というのを今つくっているという、まあ、そういうことです。(黄信号)」

【5問目】

星浩氏:

「まあ、本来、あのー、年末年始っていうのはですね、帰省をしたり遊びに出掛けたりですね、それから、まあ、商売の人も年末年始でいろいろ商売ををやろうっていう人が多いわけで、まあ、本来ですとね、その年末年始にもうちょっとこう活動ができるように、それこそ勝負の3週間の頃にもうちょっと厳しめの対応をやってれば、まあ、ちょっとこの仮定の話で恐縮ですけども、そこでこうもっとブレーキを踏んでいればですね、年末年始もうちょっと楽しく過ごせることになったんじゃないか。そこは、その政府の判断にちょっと抜かりがあったじゃないかと。」

菅総理:

「まあ、これ、ただ私ども判断をして実行に移す場合ですね、専門家の委員会というのがあります。その先生方から提案を頂いた中で政府としては対応してきている。(赤信号)

 まあ、そういう時も、ステージ3、感染拡大が増えているところですね、ここについては時間短縮ということでさっき言った、えー、東京とか大阪、札幌の3ヶ所だったんですね、当時。そこは時間短縮をやっています。(黄信号)

 えー、それと、GoToトラベルについても一旦停止をしたらということの提案を頂きましたので、えー、今そこは停止をしております。さらに愛知県もそうですかね。えー、それと、まあ、年末年始は全国でGoToトラベルについては一旦停止をさせていただく。まあ、そういう判断を致しました。(黄信号)」

◆次第に漂い始める不穏な空気

 この4〜5問目は質問と回答が全く噛み合っていない。4問目では感染対策で不足していたこと、5問目では政府の判断の誤りについて問われているのだが、回答にあたる内容は一言も無い。では菅総理はいったい何を話していたのか見ていくと、以下2ヶ所は論点をすり替えており、赤信号とした。

<4問目 1段落目>

【質問】感染対策で不足したこと

↓ すり替え

【回答】感染対策で重視したこと

<5問目 1段落目>

【質問】政府の判断の誤り

↓ すり替え

【回答】政府の意思決定過程

 また、以下3ヶ所は周知の事実を述べているだけのため、黄信号とした。

<4問目 2段落目、5問目 2段落目>

時短要請の経緯

<5問目 3段落目>

GoToトラベル停止の経緯

 このあたりから「菅総理は本当に質問の意味が理解できないのではないか……」とスタジオの空気は不穏なものになっていき、特に小川彩佳氏は菅総理の回答をなんとか頷きながら聞きつつも、質問と回答のあまりの噛み合わなさに戸惑いの表情を隠せなくなっていく。

◆政府対応の拙さや会食批判への見解を問うと……

 次に、支持率低下も絡めながら、感染対策や菅総理の会食に対する批判をどのように受け止めているのかが質問される。その質疑は以下の通り。

【6問目】

星浩氏:

「あのー、連日与論調査で支持率が下がってですね、その感染対策を評価しないという国民の声も出ているんですね。それからもう総理のその会食についても批判が出て、まあ、あのー、会食そのものということもさることながら、私は、そのー、感染に対する恐怖とかですね、それからその商売がなかなか難しくなった。それから、まあ、医療現場の人たち非常にも悪戦苦闘している。そういう悲鳴のようなものがですね、総理に届いているのかどうかというところがちょっと気になるんですね。そこはどうでしょう? 」

菅総理:

「あのー、私どもですね、やはり例えば今回、えー、飲食の時短お願いする、そうした方にもこの年末年始のある意味で一番この書き入れ時ですから、まあ、そういう意味合いで、まあ、協力金というんですかね、おおよその、些少ですけども、倍にさせて頂くとかですね。(黄信号)

 あるいは病院ですね、非常にこれ逼迫をしています。そこで今度の新しい経済対策で1兆4000億円、えー、コロナのために、えー、例えば病床を空けているところとか、そういうところの支援策として対応しています。それとか、あのー、他の病院からコロナ対策の病院に応援に行く場合、これも医師・看護師もですね、えー、その支援金というものを倍にしました。まあ、こういうことをやらさせて頂いて、少しでもそういう応援をできるような環境というのをこれ今つくってます。それとあとは、あのー、逼迫しているこの保健所にも国から応援に行くとかですね、あるいは北海道とか大阪とか、ちょっとひどかったですね、えー、そういうところに政府から派遣に出して、また自衛隊を出すとか、まあ、そういう体制はしっかり整えさせて今頂いているんです。(黄信号) 」

【7問目】

星浩氏:

「官房長官の時にね、毎晩その二階建てというんで、そのー、情報収集を熱心にされたのを私も取材をして、えー、存じてはいるんですけども、やっぱり総理大臣と官房長官、違いますのでね、総理大臣は毎日、あのー、総理動静が全国民に見られるわけですよね。その辺、やっぱりちょっと注意を怠ったなという意識はありませんか?」

菅総理:

「あのー、ただこの間のですね、今話題になってますのは、やはりこれ本当に、いー、大いなる反省をさせて頂いています。ただ私自身どうしても今まで朝昼晩とですね、食事、会食とよりもいろんなお話を伺う。まあ、そういうことで知識を入れながら何が一番対策として良いのか、まあ、そういうことをやってきました。でも、やはり今度のことをきっかけにですね、まあ、慎重にいろいろ考えながら行っていきたい。こういうふうに思います(青信号)」

【8問目】

小川彩佳氏:

「様々な手を打ってこられたというのは、あの、先ほども話にもありましたけれども、そうした手があったにもかかわらず、やはりその世論調査などで今日も朝日新聞の調査では39%という支持率が急落している。こうした国民に届いていないというのは、どういうことだったとお考えですか?」

菅総理:

「あのー、まあ、いずれにしろ結果ですから、やはり、このコロナ対策、結果を出すことが大事だというふうに思っています。やれることは、あー、全てやるというですね、意識の中で先頭になって取り組んでいきたい。こういうふうに思います。(赤信号)」

◆国民の不満についてはスルー

 6問目は、医療現場を始めとする国民の悲鳴が総理に届いているのかという質問だったのだが、総理は周知の事実を述べただけのため、黄信号とした。

<6問目 1段落目>

飲食店への補償内容

<6問目 2段落目>

医療機関への支援内容

 7問目は、菅総理がGoToトラベル停止を発表した12月14日夜、ステーキ店で会食した上、人数は政府が注意を促している「5人以上」にあたる8人であったため、大きな批判にさらされていた件についての意識を質問したものであり、菅総理は反省の弁を述べているため、青信号とした。だが、問題となっている12月14日の会食の相手は、自民党・二階俊博幹事長に加えて、プロ野球の王貞治氏、俳優の杉良太郎氏らであり。感染症対策の関係者は特に居なかったことは指摘しておく。

〈*詳細は、東京新聞 記事「菅首相、ステーキ会食でマスクせず『二階氏の仲間が集まる忘年会』」を参照〉

 8問目は、支持率低下を挙げながらコロナ対策が国民に評価されていない理由を問われているのだが、菅総理はコロナ対策への意気込みのような何かを語っているだけであり、論点すり替えとして、赤信号とした。

【質問】コロナ対策が評価されない理由

↓ すり替え

【回答】コロナ対策への意気込み

◆緊急事態宣言の可能性

 次に、緊急事態宣言の可能性、その他の打ち手について質問される。その質疑は以下の通り。

【9問目】

星浩氏:

「緊急事態宣言について、あのー、知事会の方からですね、場合によってはそういうことも考えざるを得ないんじゃないかという見方も出てまして。総理の頭の中では、そういう、まあ、危機管理っていうのは、あの、最悪の事態を考えるということからするとですね、緊急事態宣言っていうのはちょっと頭の片隅にあるんですか?」

菅総理:

「まあ、あのー、いずれにしろ先ほどから申し上げてますけど、やはり尾身会長を中心にですね、えー、そうしたことについては相談をさせて頂きながら、まあ、政府の今対策を行っているんですけど、まあ、先般の尾身先生はですね、まだそこは無いということを言っていらしたと思います。(青信号)」

【10問目】

星浩氏:

「緊急事態宣言じゃない場合は、まあ、GoToの全面停止というのを決めたんですけど、それ以外に何か打つ手があるということですかね? 」

菅総理:

「やはり、飲食店の時間対策、時間短縮ですね。これが先生方の評価高いんです。ですから、そこを、まあ、中心にですね、これ、交付金も用意してますので、地方自治体の皆さんは協力金を全く心配しないで、そうした短縮をですね、あの、増えてきているところについてはやってほしいなというふうに思っています。そうしたところに、まあ、国としても毎日こう連携しながら増え始めそうだとか、そういうところに事前に対応策というものお話をさせて頂いている。まあ、そんな状況です。(赤信号)」

【11問目】

星浩氏:

「そうすると飲食店の、そのー、時短営業で10時までのところを8時までにするとか、そういういろんな対策は今後検討の余地があるということですね?」

菅総理:

「それを広めていきたいと思います。ここは、あのー、非常に効果があるということを委員会の先生方に提言頂いてますので、えー、そこを中心にやっていきたいというふうに思います。(青信号)」

◆緊急事態宣言を出さない、その他の打ち手もない

 9問目は、緊急事態宣言の可能性を問われ、尾身会長の言葉を借りる形ではあるが「無い」と回答しているため、青信号とした。

 緊急事態宣言の可能性が無いことを確認した上で、その他の打ち手を確認したのが10問目。しかし、菅総理は既に行っている飲食店に対する時間短縮の評価の高さや既存の支援内容を延々と語るだけであり、以下のように論点をすり替えており、赤信号とした。

【質問】GoTo停止以外の今後の打ち手

↓ すり替え

【回答】GoTo停止以外の既存の打ち手

 続く11問目。菅総理は質問に回答しているものの、やはり飲食店の時短営業に対する意気込みを語っている。

◆ワクチン接種の開始時期

 次に、新型コロナウイルス対応に関する最後の質問として、注目が高まるワクチン接種について質問される。その質疑は以下の通り。

【12問目】

小川彩佳氏:

「あの、今後の鍵となってくるのがやはりワクチンですけれども世界ではすでに接種が始まっています。日本では早ければ2月にもという話もありますけれども総理はいつ頃という風に考えていらっしゃいますか? 」

菅総理:

「えー、まずワクチンについて米国の会社から12月18日に特例承認を求める申請があり、また国内治験では2回の接種これすでに終わっています。そして来年2月までに主要なデータ、これがとりまとめられる予定であります。(黄信号)

 で、今後、治験などのそうしたデータ、しっかり審査した上でですね、えー、全国の国民の皆さんに人数分だけは確保してますので、えー、体制を整えている。ただ、その場合やはり安全性、えー、有効性、こういう確認も大事ですから、そうした事を確認ができたら一挙にスタートできるようにですね、今官邸にその対策チームつくってます。例えば厚生労働省だけでは、この、70度ですか、それを運ぶ車、ここは国土交通省。地方自治体にお願いするところは総務省とか。あー、運ぶ車の冷凍庫をつくるのは経済産業省とか。これ全部分かれているんです。そこは官邸にしっかりしたチームをつくって、えー、安全確認されたら一挙に、この接種できるようなそんな体制を今つくっているところです。(赤信号) 」

 12問目は日本におけるワクチン接種の開始時期が単刀直入に問われているが、回答(=開始時期)は一言も無い。まず、1段落目は周知の事実である「ワクチンをめぐる動き」を述べただけのため、黄信号とした。

 続く2段落目は官邸の対策チームについて長々と説明しているが、以下のように論点をすり替えており、赤信号とした。

【質問】ワクチン接種の開始時期

↓ すり替え

【回答】ワクチン接種の体制整備

 以上が、新型コロナウイルス対応を中心に問われた、インタビュー開始から約13分間の12問のやり取りだ。菅総理は本当に質問を理解できないのか、用意された原稿の内容の中で答えるつもりしかないのか真意は図りかねるが、質問と回答が全く噛み合っていない質疑が大半を占めている。

 そして、質疑は噛み合わないまま、残りの約8分間で行われた6問では、桜を見る会、日本学術会議など国会をめぐる動きについても質問されていく。それらは近日公開予定の後編で紹介する。

<文・図版作成/犬飼淳>

【犬飼淳】

TwitterID/@jun21101016

いぬかいじゅん●サラリーマンとして勤務する傍ら、自身のnoteで政治に関するさまざまな論考を発表。党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。noteのサークルでは読者からのフィードバックや分析のリクエストを受け付け、読者との交流を図っている。また、日英仏3ヶ国語のYouTubeチャンネル(日本語版/ 英語版/ 仏語版)で国会答弁の視覚化を全世界に発信している。

関連記事(外部サイト)