2021年は「説明責任」を果たさぬ政治家や大企業を看過するな

2021年は「説明責任」を果たさぬ政治家や大企業を看過するな

「空間除菌中」のラベルシールを剥がし利用客に説明なく除菌ミスト噴霧を続けるすかいらーく系レストラン(筆者撮影)

 筆者の2020年の執筆活動を振り返ると、新型コロナウイルスに関連した取材が多かったことは当然ながら、共通するキーワードとして「説明責任」という言葉が思い浮かぶ。

 すかいらーく系列レストランにおける謎の除菌ミスト噴霧問題、数多の疑惑追及から逃げ回る菅原一秀前経済産業大臣を追った一連の記事によって、説明責任を果たそうとしない大手外食企業や政治家の姿を浮き彫りにしてきた一年だった。

◆すかいらーく空間除菌問題

 新型コロナウイルス禍により、混乱を極めたのが消毒液等の空間噴霧だ。筆者が6月にすかいらーく系レストランにおいて遭遇した謎の除菌液の空間噴霧。そこから追及を開始した所謂「すかいらーく謎霧問題」では、全国の店舗に設置された超音波加湿器から噴霧されていた除菌液の成分を突き止め、除菌液製造会社や科学者への取材からその有効性と安全性を検証、各運営会社の説明の食い違いやすかいらーくホールディングスのちぐはぐな対応などから食の安全を預かる大手外食チェーンとしての姿勢を問うた。

 当初の報道後、すかいらーく各レストランは超音波加湿器を撤去。しかし、11月から「空間除菌中」などのラベルを剥がして除菌液ミスト噴霧を再開した。再噴霧に際しては従業員への口止め疑惑も浮上し、一部店舗では「ただの水です」と虚偽の説明が行われていたことを掴んだ。

 国内外の機関が有効性と安全性に懸念を示す除菌液の空間噴霧を現在も続けるすかいらーくグループ。何のために、そして誰のために行うミスト噴霧なのか、「すかいらーく謎霧問題」は「すかいらーく謎対応問題」と化し、企業倫理が問われる事態となった。

〈参照:HBOL|すかいらーく系レストランでミスト噴霧される謎の除菌液は大丈夫なのか? その正体を追ってみた〉

〈参照:HBOL|すかいらーく系レストランでミスト噴霧される謎の除菌液。運営会社によって主張が食い違う「成分」〉

〈参照:HBOL|すかいらーくグループ、系列レストランでの「除菌ミスト噴霧」を再開。一部店舗では「水です」と客へ説明〉

◆前国務大臣への直当て取材

 そして政治家の疑惑追及では菅原一秀前経産相への直当て取材により、この代議士の本性を炙り出した。

 週刊文春の香典秘書スクープ報道による公選法違反疑惑によって2019年10月に経産大臣を辞任後、雲隠れを続けていた菅原議員。年明けに活動を再開するのではと見た筆者は20年1月、ジャーナリストの藤倉善郎氏とともに前経産相の選挙区内での動きを追った。

 しかし、昨年初頭の主要駅や練馬区の賀詞交歓会には秘書のみが現れ代議士の姿はなかった。その後、菅原は国会会期直前の1月中旬と検察が不可解な起訴猶予処分とした6月下旬にそれぞれ衆議院自民党控室と党本部で記者会見を行ったが、疑惑への説明を果たしたとは言えないものだった。

 安倍晋三の首相辞任表明により菅義偉官房長官が自民党総裁・内閣総理大臣となることが確実視されていた9月初旬、菅原は選挙区内で駅頭活動を再開した。菅のチラシを配布し、近しい関係をアピールするなど菅人気に便乗する形で有権者の前に姿を現したのだ。 

 日々、駅頭場所を筆者に知られまいと工作を続ける代議士を捉え、直撃取材を行ったのは9月中旬。疑惑を追及する筆者に対し「あなたのは取材ではなく嫌がらせ、脅迫ですよ」と抗弁する前経産相を捉えたスクープ画像は、この代議士の真の姿を伝えるのに余りあるものだった。

 東京高検の黒川弘務元検事長による「賭けマージャン問題」で、賭博容疑の刑事告発に対し不起訴(起訴猶予)とした東京地検の処分に対し、12月24日、検察審査会が「起訴相当」と議決、東京地検が再捜査を行うとのニュースが飛び込んできた。

 同じく、不可解な起訴猶予処分となった菅原の刑事告発(公選法違反)も検察審査会案件となっている。2021年には同様の判断を検察審査会が菅原に下すことを期待したい。

〈参照:HBOL|公選法違反常態化の菅原一秀を東京地検が不起訴処分、起訴猶予は妥当ではない〉

〈参照:HBOL|菅氏の人気に便乗、1年ぶりに有権者の前に姿を見せアピールに勤しむ菅原一秀前経産相〉

〈参照:HBOL|菅原一秀衆院議員、駅頭演説への直撃取材に、説明責任果たさず「脅迫」「嫌がらせ」と逆ギレ〉

〈参照:HBOL|疑惑直撃に取材者の個人情報を連呼した菅原一秀前経産相。“探偵”使用疑惑も〉

◆安倍前首相による「説明責任」の示し方

 12月24日、「桜を見る会」の前夜祭の費用補填問題で、安倍前首相が自民党の記者クラブである平河クラブの記者を相手に国会内において会見を開いた。全ての責任を秘書に負わせ、安倍自身は「私が知らない中で行われていたこととはいえ道義的責任を痛感している」と“反省”してみせた。2020年を締めくくる年末最後に「説明責任」を果たすフリをしたのが安倍前首相だったことは、つくづく2020年を象徴している出来事だった。

◆2021年、菅政権の起死回生策に統一教会ルート?

 新型コロナウイルスの感染拡大により、見えづらくなったのが自民党政権と統一教会(天の父母様聖会世界平和統一家庭連合)の関係だ。

 2019年までは多くの恥ずべき政治家が教団の集会やイベント等に参加し、その関係が可視化されてきた。しかし、コロナ禍に見舞われた20年は、2月のワールドサミット以降、教団の大規模集会イベントは全てオンラインで行われており、これまで日本の現役政治家の直接参加は確認できていない。集会自体がオンラインで行われるようになったことで、その関係性が見えづらくなっているのだ。

 だからと言って、その関係が途絶えたわけではない。第2次安倍政権時代に強固な結びつきを構築した首相官邸と教団の緊密な間柄は、菅政権でも継続・発展していくと見ている。当初の高支持率がコロナ対応の不手際により急落、支持率低下に歯止めが掛からず迷走を続ける菅義偉総理大臣にとって、支持率回復への起死回生の切り札となるのは北朝鮮による日本人拉致問題の進展だ。そこに北朝鮮との太いパイプを持つ韓鶴子総裁率いる統一教会が首を突っ込んでくる可能性がある。

 もともと菅は官房長官時代からと統一教会は結びつきが強い。13年参院選では安倍首相の肝いり候補だった北村経夫を選挙期間中に統一教会地区教会へ極秘派遣、16年には教団のアメリカのVIPたちを首相官邸に招いている。子飼いの菅原一秀や山本朋広前防衛副大臣を教団関連イベントに“派遣”したのも菅の手配と見られている。

 教団は20年に全世界規模で組織の再編成を行い、日本の教団組織も会長を含め体制が変わった。そんな中で教団と自民党菅政権が今年10月までに行われる衆院選において、どのような策動を巡らせるのかにも注目したい。

〈参照:HBOL|統一教会大規模イベントへトランプ・金正恩・文在寅が祝賀メッセージ。韓鶴子訪朝団に日本の元首相と安倍側近が参加の噂も!?〉

〈参照:HBOL|自民党総裁選3候補、統一教会との”協助”関係でも菅官房長官が独走〉

〈参照:HBOL|統一教会が組織再編、全摂理機関と共に新包括組織『天の父母様聖会』の傘下に。政治家対策に影響も〉

〈参照:HBOL連載記事|政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係〉

(文中敬称略)

<取材・文/鈴木エイト(ジャーナリスト)>

【鈴木エイト】

すずきえいと●やや日刊カルト新聞主筆・Twitter ID:@cult_and_fraud。滋賀県生まれ。日本大学卒業 2009年創刊のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」で副代表〜主筆を歴任。2011年よりジャーナリスト活動を始め「週刊朝日」「AERA」「東洋経済」「ダイヤモンド」に寄稿。宗教と政治というテーマのほかに宗教2世問題や反ワクチン問題を取材しトークイベントの主催も行う。共著に『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩選書)、『日本を壊した安倍政権』(扶桑社)

関連記事(外部サイト)