通常国会開会。改めて見ておきたい、虚偽答弁訂正の場で嘘を重ねた安倍前総理

通常国会開会。改めて見ておきたい、虚偽答弁訂正の場で嘘を重ねた安倍前総理

筆者のYouTubeチャンネルより

◆「訂正」ですらなかった安倍答弁

 2020年12月24日、桜を見る会を巡って不起訴処分となった安倍晋三前総理は事実と異なる答弁の訂正についての申し出を行い、急遽、翌25日に衆参両院の議院運営委員会で安倍氏への質疑が計約2時間にわたって行われた。

 その答弁は、安倍前総理自らが申し出たくせに、何がどのように間違っていて真実はどうだったのかを明らかにするまともな「訂正」ではなかったこと、そして、メディアが「自身で申し出て答弁の機会を作ったのに、訂正にすらなっていないこと」を指摘することすらできなかったことについては法政大学の上西充子教授が過去の記事で指摘している。

 上西教授の言う通り、当日の質疑では、これまでの答弁のどこが誤っており、どのように訂正するのか安倍氏はまともに説明できず、挙げ句の果てには新たな虚偽答弁と判断せざるを得ない回答も散見されたのだ。

 特に、約1年前(2019年11月8日)に桜を見る会追及の口火を切る質疑を行った共産党・田村智子議員は衆参通じて当日の最後の質問者であったため、当日それまでの質疑内容も踏まえて端的に事実関係を確認していった。その質疑に対する安倍前総理の答弁は酷いものだった。

 通常国会も始まった今、改めてその酷さを知っておくべく、本記事では当日の田村議員の約9分間の質疑のうち、冒頭約4分間の質疑を一字一句漏らさずにノーカットで信号機で直感的に視覚化していく。具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化する。(※なお、色表示は配信先では表示されないため、発言段落の後に( )で表記している。色で確認する場合は本体サイトでご確認ください)

◆田村智子議員の質疑にまともに答えなかった安倍前総理

 質問に対する安倍前総理の回答を集計した結果、下記の円グラフのようになった。

<色別集計・結果>

●安倍晋三:赤信号81% 灰色19%

*小数点以下を四捨五入しているため、合計は必ずしも100%にはならない

 赤信号が実に8割を占めており、青信号は0%。つまり、質問には一言も答えていない。また、不要な言葉や意味不明な言葉を意味する灰色が19%もあり、何を言っているのか理解しづらい場面が度々見受けられた。いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。

 実際の映像は筆者のYoutubeチャンネル「赤黄青で国会ウォッチ」で視聴できる。

◆桜を見る会 前夜祭の契約主体は?

 まず、田村議員は、桜を見る会 前夜祭のホテルとの契約者を端的に確認する。その質疑は以下の通り。

田村智子議員(1問目):

「日本共産党の田村智子です。まず確認致します。桜を見る会前日の夕食会 前夜祭は参加者個々人がホテルとの契約主体ではなく、あなたの事務所側がホテルとの契約主体である。これでよろしいですね?」

安倍晋三 前総理:

「契約主体ということにつきましては、当初は、あー、この5000円で完結をしていたというふうに認識をしておりましたので、え、契約はですね、主体はそれぞれ参加した方々だという、まあ、認識であったわけであります。(赤信号)

 契約主体は誰、誰かという認定においては様々な考え方があるわけでございますが、今回はですね、あのー、ま、検察と当局のですね、えー、認識に我々は従ったということで、えー、ございます。(赤信号)」

田村智子議員(2問目):

「答えてない。契約主体があなたの事務所側である。それでよろしいですね。事実を聞いています。」

安倍晋三 前総理:

「あの、おー、えー、まあ、ですから今申し上げましたように、ま、今回の、ま、主体はですね、えー、安倍晋三後援会であるということでですね、えー、我々、まあ、検察側の認識と同じにしたところでございます。(赤信号)」

田村智子議員:

「領収書が晋和会ですので、私はあなたの事務所側というふうに今、理解を致します。」

◆契約主体は「後援会」と言うのは本当なのか?

 田村議員の「ホテルとの契約主体は安倍氏の事務所ですね?」という非常にシンプルな質問に対して、安倍氏は全く回答できていない。まず、1問目は論点をすり替えており、赤信号とした。

1問目 1段落目

【質問】契約主体の現在の認識

↓ すり替え

【回答】契約主体の過去の認識

1問目 2段落目

【質問】契約主体の現在の認識

↓ すり替え

【回答】契約主体の解釈方法

 1問目の2段落目では「契約主体の認定には様々な考え方がある」と意味不明なことを言っているが、常識的に考えてホテルとの契約主体がどこかは確認すればすぐに分かるだろう。この違和感は2問目の回答の伏線となる。

 同じ聞き方で再質問した2問目に対する安倍氏の「契約主体は後援会である」という回答。これは、虚偽答弁の疑いが非常に強いため、赤信号とした。

 ホテルからの領収書は晋和会(安倍氏の資金管理団体)宛であったことが既に明らかになっており、当日に先に行われた共産党・宮本徹議員の質疑においては2013年まで晋和会の政治資金収支報告書に支出報告があったことが言及されている。これらの事実から考えて、ホテルとの契約主体は晋和会だとしか考えられない。

 想像するに、現時点では「ホテルとの契約主体は後援会であり、ゆえに後援会の政治資金収支報告書のみを修正する。晋和会は契約主体ではないため、政治資金報告書も修正しない」というストーリーが作り上げられており、そのストーリーに従って、安倍氏は答弁したのではないか。

◆誰が負担すべき費用を立て替えた?

 次に田村議員は、契約主体と同様に説明が二転三転してきた費用補填について質問する。前日24日の記者会見では、「自分の預金から補填した」という完全な利益供与にあたる説明内容だったが、途中から「立て替えた」という表現に変わったため、誰が負担すべき費用が立て替えられたのかという疑問についての質問だった。その質疑は以下の通り。

田村智子議員(3問目):

「費用補填についてもお聞きします。あなたの私費から出したと最初は言い、それを立て替えたと言い換えを行っています。誰が負担すべきものを立て替えたということですか?」

安倍晋三 前総理:

「それは、あのー、安倍晋三後援会に記載するべきものであったということでございまして、まあ、ですから今回は、えー、そのように修正をさせて、修正するようにという指導を頂き、そのように修正をさせて頂いたわけで、えー、ございます。(赤信号)」

田村智子議員(4問目):

「報告書のことを聞いてるんじゃないんです。お金を、誰が負担すべきものをあなたが立て替えたのかと聞いてるんです。」

安倍晋三 前総理:

「あのー、おー、誰がということでございますが、いわば、あのー、食費、ま、飲食費等につきましては5000円の、おー、ま、会費を徴収をしているわけで、えー、ございます。(赤信号)

 えー、そして、えー、いわば、本来、その、えー、不足分を、おー、ま、会場費等でございますが、を立て替えるのをですね、私から、あー、えー、共有資金の中からこれを立て替えているのでございますが、えー、これ本来であれば安倍晋三後援会からですね、支出するものであったと、いわば安倍晋三後援会から支出するものであったからこそですね、えー、政治資金収支報告書上そのように修正をして提示をさせて頂いているということではないかと思います。(赤信号)」

田村智子議員:

「今もね、会場費云々言いましたけれどもね、公職選挙法199条の2、寄附の禁止の中でね、会場費のことについては、政治上の主義または政策を普及するために行う講習会、その他の政治教育のための集会に関し、やむを得ない実費。これは寄附の禁止のね、限定的な例外ですよ。宴会じゃないですか。収支報告書、宴会料で書いてあるじゃないですか。で、しかもね、収支報告書の中で本来、後援会が記載、あの、負担すべきだったから変えたって言ってるけど、実際にじゃあお金はですね、後援会の訂正された収支報告書を見てもですよ、確かに不足分の支払いの記述あります。しかしその不足分がどこから出てきたのかが全く分からない。」

 田村議員の「誰が負担すべき費用を立て替えたのか?」という非常にシンプルな質問に対して、安倍氏はまたしても全く回答できていない。いずれも論点をすり替えており、赤信号とした。

3問目、4問目 2段落目

【質問】費用を立て替えた相手

↓ すり替え

【回答】費用の報告書への修正

4問目 1段落目

【質問】費用を立て替えた相手

↓ すり替え

【回答】費用の徴収金額

 また、安倍氏は立て替えたのは会場費であるという主旨のコメントをしているが、田村議員も最後に指摘している通り、公職選挙法199条の2(寄付の禁止)に則ると、この発言は墓穴を掘ったと言える。少し長くなるが、条文では以下のように定められている。

<第百九十九条の二>

公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。以下この条において「公職の候補者等」という。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域。以下この条において同じ。)内にある者に対し、いかなる名義をもつてするを問わず、寄附をしてはならない。ただし、政党その他の政治団体若しくはその支部又は当該公職の候補者等の親族に対してする場合及び当該公職の候補者等が専ら政治上の主義又は施策を普及するために行う講習会その他の政治教育のための集会(参加者に対して饗応接待(通常用いられる程度の食事の提供を除く。)が行われるようなもの、当該選挙区外において行われるもの及び第百九十九条の五第四項各号の区分による当該選挙ごとに当該各号に定める期間内に行われるものを除く。以下この条において同じ。)に関し必要やむを得ない実費の補償(食事についての実費の補償を除く。以下この条において同じ。)としてする場合は、この限りでない。

 条文は以上である。今回のケースに関係する部分をざっくりと要約すると、「公職の候補者は当該選挙区内の者に対して寄附をしてはならないが、講習会や集会などの必要やむを得ない実費の補償は除く。ただし、この例外に饗応接待は含まれない」となると思う。

 そう。饗応接待(酒や食事を振る舞うこと。接待すること)は例外に含まれないと条文にはっきりと明記されている。地元選挙区の有権者に対して費用を補填する形で宴会でもてなした安倍氏の行為は、日本語が読めれば100%疑いの余地が無いレベルで公職選挙法違反である。

◆誰の「指導」で報告書記載を修正したのか? 浮かぶ新たな疑念

 さらに、3問目に対する回答に非常に気がかりな言い回しがあることも指摘しておく。

「安倍晋三後援会の政治資金報告書に記載すべきであると指導を頂いたので、そのように修正した」という主旨の内容を語っているが、いったい誰から指導されたのか? 

 2問目の回答で「今回の契約主体は後援会であると検察の認識と同じにした」と語っていたことを踏まえると、指導したのは検察(あるいはその関係者)と解釈するのが自然だろう。

 公職選挙法違反の疑いが極めて強い安倍氏に対して、事態を収束させる方法を検察関係者が指南したとも受け取れる衝撃的な事実を安倍氏の回答は示唆している。

◆1年前から一貫して嘘を繰り返してきた安倍晋三氏

 こうして25日の議院運営委員会は、これまでの虚偽答弁の訂正を行うはずだった安倍氏がさらに虚偽答弁を重ねる形で幕を閉じた。検察の捜査(実態は指導?)の結果、後援会の政治資金収支報告書の訂正が必要になり、形だけの申し開きの場を設けたというのが実態なのかもしれない。

 費用を誰が補填したのかなど分からない点も多いが、桜を見る会における公職選挙法違反の全容が少しずつ明らかになってきた今、追及のきっかけとなった2019年11月8日の田村議員による質疑を見返すと非常に感慨深いものがある。

 この時点から田村議員は前夜祭と桜を見る会がセットになって、地元有権者をもてなすイベントになっているのではないかと指摘していたが、その指摘は見事に当たっていた。しかも、この時は会費については一切質問していないが、安倍氏は自ら「参加者個人がホテルに直接払い込みしている」という、常識的に考えてあり得ない答弁をしていた。

 つまり、最初の段階で自ら積極的に虚偽答弁をしていた。その発言は、下記動画の3分55秒からはっきりと確認できる。

*動画リンクが表示されない配信先で本記事を読んでいる場合、筆者のYoutubeチャンネル「赤黄青で国会ウォッチ」で公開中の動画「#桜を見る会 田村智子vs安倍晋三総理&大塚参考人 2019年11月8日 参議院予算委員会」をご視聴ください。

 ホテルとの契約者については、「参加者個人がホテルとの契約者」という荒唐無稽な嘘に始まり、現時点では「後援会が契約主体」というストーリーに切り替わったようだが、本記事の1〜2問目で説明したようにそれも嘘である可能性が極めて高く、実際は晋和会(安倍氏の資金管理団体)だと考えられる。

 1年以上も嘘に嘘を重ねた挙句、本人からの申し入れで訂正の場を設けたはずの場でも新たな嘘をついた安倍氏。どうやら検察関係者もグルである可能性すらあるという絶望的な事実を突きつけられて、2021年の通常国会を迎えることとなった。

〈文・図版作成/犬飼淳〉

【犬飼淳】

TwitterID/@jun21101016

いぬかいじゅん●サラリーマンとして勤務する傍ら、自身のnoteで政治に関するさまざまな論考を発表。党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。noteのサークルでは読者からのフィードバックや分析のリクエストを受け付け、読者との交流を図っている。また、日英仏3ヶ国語のYouTubeチャンネル(日本語版/ 英語版/ 仏語版)で国会答弁の視覚化を全世界に発信している。

関連記事(外部サイト)