「観光立国」の落とし穴。「観光客のいない2度目の夏」が来たら本当にヤバいスペイン経済

「観光立国」の落とし穴。「観光客のいない2度目の夏」が来たら本当にヤバいスペイン経済

Michal Jarmoluk Pixabay

◆「観光客のいない2度目の夏」

 スペイン最大のホテルグループメリア(Melia)の社長ガブリエル・エスカレールが1月28日、ワクチン接種の遅れとコロナ禍による感染度合いが好転しない現状を見て、今夏も昨年と同じように外国からの観光客の訪問が期待できなくなる可能性のあることを懸念して「観光客のいない2回目の夏を迎えるような事態になればスペインはそれに耐えることはできなくなる」とツイートした。

 メリアは世界でも屈指のホテルチェーンであり、仮に今夏外国からの観光客が戻って来なくても資金的に耐える能力はある。しかし、スペインの中小の多くのホテルにとって昨年と同様に今夏も観光客が例年の8割減少というような事態になれば廃業を余儀なくさせらるのは必至である。ところが、その可能性が次第に高まっているということだ。

◆スペイン観光業界の「お得意様」、イギリスの事情

 この不安に追い打ちを掛けるかのような事態も起きた。

 英国のワクチン相ナディム・ザハウィがスカイニューズで英国市民は夏のバケーション予約をまだ待つべきかという質問に答えて、彼は「まだ早すぎると思う。Covidで入院している患者がまだこの時期3万7000人もいる。夏のことについて期待感をもって思案するのはまだ早すぎると思う」と回答したのである。

 彼はそれについて規制があると指摘しているわけではない。そうかといって自由に休暇を愉しめるという判断は時期尚早だとして、その決定にはまだ慎重であるべきだと示唆したのである。(参照:「El Pais」)

 彼のこの回答はスペインの観光業界にとってはさらに不安を掻き立てるのに十分なものとなっている。

 今年のイースターでの観光客の訪問はもう時期的に期待できない。となると、今夏が唯一の生き残りのための期待となっているのである。スペインに年間で8300万人の外国からの観光客が訪れのであるが、その内におよそ1900万人が英国からの訪問客となっている。そしてドイツとフランスを加えてスペイン観光客の3本柱を形成している。

 その意味で英国からの観光客の訪問が今夏も昨年同様に期待できないとなると、スペインの観光業界は深刻な打撃を受けることになる。

◆続々と噴出する「不安要素」

 それに輪をかけるかのようにドイツの内務相ホルスト・ゼーホーファーがドイツ政府は国際便のフライトを殆どゼロ近くにすることを検討しているという声明を発表した。これは現在ヨーロッパを席捲しているコロナ禍の感染を抑える意味での発言であって、それが今夏まで継続されるとは思われない。しかし、それが今夏まで延長されないという保障はないということで、この発言もスペインの観光業者を不安にさせている。(参照:「El Pais」)

 更に、サンチェス首相が1月19日に発言したことがまた観光業界に不安を招く要因となっている。

 彼はCovid-19のワクチン接種が対象となる国民の70%まで行き渡った時点で外国からの観光客を積極的に受け入れることができるようになるとした上で、その割合に達成するのが8月末になると示唆したのである。8月末ということは夏の観光シーズンのピークを過ぎた時点ということになる。(参照:「La Razon」)

 ワクチンが不足している現況から推断して、恐らく8月末になっても予定の70%に達しない可能性も十分にある。ということでか彼の発言から今夏も昨年と同様に外国からの観光客の訪問が期待できなくなる可能性は十分にあるということなのである。

◆2020年だけで62万人以上の雇用が喪失

 スペインのGDPの12%を担っている観光業の落ち込みもあって昨年は62万2600人の雇用が喪失されたことが1月25日にメディアで一斉に発表された。それはスペインの失業率を16.13%まで押し上げたことになった。

 しかし、この政府が発表した数字はまやかしものだという話も浮上している。と言うのも、この失業率を割り出した失業者数は371万9800人ということになっているのだが、ここに一つ落とし穴があるのだ。それは「休職補償を貰っている人がまだ52万8200人いる」ということである。それに失業手当もなくなっている長期失業者が93万3600人いるということだ。

 この2つのグループを先程の失業者数に加えてみよう「3,719,800+528,200+933,600=518万1600人というのが実質失業者ということなのである。政府はそれを隠している。

 特に、休職補償を受けている人を政府は失業者としていない。ということから実質の失業率は21.59%であって16.13%ではないということだ。

 更に、政府は昨年新たに雇用が16万7400人創出されたとしているが、その内の12万5800人は公務員の雇用増加であるということ。新たに企業による職場の創出ではないということで生産力を高める雇用の創出ではないということだ。(参照:「Libre Mercado」、「El Pais」)

 このような厳しい現状になったのも一番の要因はスペインがサービス産業で成り立っている国だからである。そのサービス産業の大半が観光業によるものだということ。

 その観光業が今夏も期待できないとなるとスペイン経済は非常に厳しい経済を抱えることになる。それを回避するためにもワクチン接種のスピードを上げねばならないのであるが、現在EU加盟国内では期待を裏切る展開の遅さである。

<文/白石和幸>

【白石和幸】

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

関連記事(外部サイト)

×