世界の教育ニーズを根こぞぎ持ってくる――永瀬昭幸(株式会社ナガセ代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】

 浪人向けから現役向けの予備校に転換し、いまや東大現役合格者の3人に1人が出身者という「東進ハイスクール」。経営するナガセは中学受験の「四谷大塚」なども運営するが、社会人教育にも進出し、幅広い年代で明日を担う人材を作らんとしている。そして新たにAI人材育成で世界を目指す。

 ***

佐藤 31年続いた大学入試センター試験に代わって、今年から大学入学共通テストが始まりました。1月の試験を終えて、どんなご感想をお持ちですか。

永瀬 平均点は多くの科目でセンター試験より上がりました。だから易化したと言えるのですが、私どもは試験の後、900点満点で20点くらいは下がると予想を出してしまったんですね。

佐藤 私もそう思いました。主だった教科を解いてみましたが、意外に難しい。数学でサイコロが出てきて確率かと思ったら1次方程式の問題なので驚きましたし、国語の現代文は大正時代の作家、加能作次郎の私小説でしょう。もはやほとんど忘れられた作家で、これには予備校でも対応するのが難しい。

永瀬 弊社でいろいろ分析してみると、上位の生徒が点数を取りにくくなっているのがわかりました。逆に下位の生徒は取りやすかった。数学なら、センター試験だと「15分の2」という解答に「1」と「5」と「2」と数字をマークしなくてはいけませんでした。ところが今回は、選択式の問題が増えましたから、まぐれ当たりの確率も高くなっていたんです。

佐藤 私は英語と数学は難しくなった気がしました。

永瀬 ええ。普通であれば、下がるはずなんですけどもね。私どもの東進ハイスクールに通う生徒たちの標準偏差を見ると、非常に縮まっています。特に上位のほうで縮まっている。そこからも、できる生徒には点が取りにくく、できない生徒は取りやすいということが言えます。もっとも他ではそうでもないところもあり、そこは少し驚きました。

佐藤 母集団が違うということですね。

永瀬 わりと優秀な生徒たちが多いものですから、それで予想を誤ってしまったところがあります。

佐藤 東進ハイスクールは現役生のための予備校で、例年、東京大学の現役合格者の3人に1人は通っています。これはすごい数字です。

永瀬 ありがとうございます。ただ1985年に開校した数年後には、私たちも浪人生中心の予備校だったんですね。

佐藤 当時は駿台予備校、河合塾、代々木ゼミナールが三大予備校でした。

永瀬 浪人予備校を始めて3年くらいはよかったのですが、1990年代に入ると、浪人生が減り始めます。また人口も減っていきますから、子供自体の数が少なくなった。私どもは駿台、河合塾、代ゼミに続き、四大予備校の一角を占めるようになりますが、浪人生減少でまっさきに苦しくなったのが弊社です。

佐藤 新興勢力の方が影響を受けやすいのですね。

永瀬 新しい予備校には、どうしても上位の生徒が来ません。浪人生減少で一番打撃を受けたのが、私どものレベルです。毎年、2割、3割と減っていった。

佐藤 それで事業のかたち自体を見直したのですね。

永瀬 はい。1993年くらいから、これからは現役生でやろう、それも上位の難関大学を目指す予備校にしようと方向転換しました。

佐藤 それが成功したわけですが、決め手になったのは何ですか。

永瀬 結局は先生だと思いますね。もともと東進には、生徒たちを夢中にさせる先生が何人もいました。「金ピカ先生」の英語の佐藤忠志先生や「古文のマドンナ先生」と呼ばれた荻野文子先生などですね。でも東大を目指すとなると、彼らだけでは十分ではない。東大志望者には、受験テクニックだけでなく学問の本質に迫る授業を展開する先生方が必要になってきます。

佐藤 テレビに引っ張りだこの林修先生はその一人ですか。

永瀬 はい。非常に熱心ですし、東大志望の生徒たちを教えるのが極めて上手です。東京・名古屋・大阪で授業をされていますが、移動の時間も惜しんで、生徒の答案200名分くらいを持って新幹線に乗り込み、細かく添削されています。その書き込みを見て、もう生徒は大ファンになってしまうんです。

佐藤 林先生を見ていると、その強さは、机に向かわない生徒をいかに机に向かわせるかという技法にあると思いました。机に向かう習慣さえできれば、多くの人は伸びていきます。

永瀬 授業も素晴らしい。林先生だけでなく、数学や英語も高度な授業ができる先生を集めました。数学などは、この定理はどういうところからできたのか、という根源的なところから入っていくのです。昔、東大入試で円周率の値に関する証明問題が出たことがありますが、数学の根源に触れるような授業をすると、東大志望の生徒たちは非常に喜ぶ。

佐藤 東大に入るような生徒には、もう中学時代に高校の数学まで終わらせてしまう人もいますからね。

永瀬 そうした優秀な生徒を集めることでも、いろいろ工夫をしました。「大学への数学」という雑誌がありますね。そこに東進からの挑戦と題して難問を載せて、解答を求めたのです。

佐藤 それならハイレベルの生徒が面白がってやってきますね。

永瀬 上位の生徒を集めるのは簡単ではありません。そうした積み重ねをもう20年がかりでやって、レベルを上げてきました。

■学習プランはAIで


佐藤 現役予備校への質的転換を図ると同時に、永瀬さんは全国に予備校のフランチャイズ展開を行い、そこへ通信衛星を使って授業を配信するという非常にユニークな手法で事業を拡大されてきました。

永瀬 東進ハイスクールの前身となる塾を始める前、私は2年ほど野村證券に勤めていましたが、その頃からフランチャイズ展開には興味があり、ある程度の知識はありました。弊社には人気講師もいましたし、一定の評価もいただいていたので、各地の塾に声はかけやすかったですね。

佐藤 通信衛星を使ったのは、東進が最初ですか。

永瀬 それはまず河合塾が最初にやって次が代ゼミで、私どもはその次です。でも河合塾も代ゼミもただ中継するだけなんですね。もっと工夫できないかと、好きな時間に見られるようにしたり、トランスポンダー(無線中継器)の帯域を4分割して4チャンネル化したり、いろいろ試みましたね。また予備校ではなく、個人向け授業の衛星放送に挑戦したこともありましたが、インターネットの普及で劇的に変わりました。

佐藤 教育業界にも革命が起きた。

永瀬 パソコンを使えば、インタラクティブ(双方向)なやりとりが可能になります。そうすると、テストで生徒の弱いところがわかるようになる。例えば数IIBのベクトルで点数が取れなければ、そこを集中してやればいいということになる。

佐藤 同時にデータも蓄積されていきますね。それが東進独自のAI(人工知能)による学習指導につながるわけですね。

永瀬 「志望校別単元ジャンル演習講座」と言いますが、AIによる学習診断で、合格に必要な、取り組むべき単元・ジャンルと問題レベルを把握し、「必勝・必達演習セット」を作って生徒に勉強させます。

佐藤 いつから始めたのですか。

永瀬 今年で4年目になります。簡単に言えば、AIで弱いところを特定して、その対策をするのですが、そのためには、これまでのすべての試験問題にタグ付けしていかなければなりません。一問一問、問題を読み解いて、どの単元の中のどの章、どの節が含まれているか、目印をつけていく。最初は、東大本郷キャンパスの近くにある建物に東大生を集めて、人力でやっていました。

佐藤 それは気の遠くなるような作業ですね。

永瀬 いまはスキャンした問題をAIが読み込めるようになってきましたから、90%くらいはAIで、残りの10%を人間の力でタグ付けしています。また、過去の生徒たち延べ100万人超が解いた問題、約200億の演習データをデータベース化しています。

佐藤 効果のほどはいかがですか。

永瀬 これはもうはっきり出ます。先ほど触れましたが、それぞれに必勝・必達演習セットを提示して、その25%をやればこのくらいの合格率で、50%やれば、さらに合格率は上がるという結果が出ています。もっとも75%と100%の間には、そう差はありません。その人にとって苦手なところを先に持ってきて勉強をさせますから。

佐藤 そうなると、生徒も頑張りますね。

永瀬 他にも過去問を何年分やったという要素も加えると、合格率はもっと顕著に上がります。

佐藤 データサイエンスの発想で、効率的な勉強法が生まれたのですね。

永瀬 しかも、それをいつやればいいかもデータではっきり出てくる。過去問は本番の2〜3日前にやればいいと言う人がいますが、とんでもない話です。過去問はいまからどういう対策が必要かを知るためにやるものですから、夏休みにはやっておかないといけない。

佐藤 過去問は大学の顔ですからね。自前で入試問題を作っている大学を受験するなら、過去問対策は不可欠です。

■1・5倍速の授業


永瀬 結局、点数を上げるには、二つのことが重要になります。まずはモチベーションを上げることです。一所懸命にがんばろうという気にならない限りは無理です。

佐藤 東進では、そのためにグループを作って勉強させていますね。

永瀬 生徒4〜6名でグループを作り、自分の学習の進捗状況や来週の目標を発表したり、ある一つのテーマでディベートしたりと、仲間同士が刺激しあえる環境を作っています。モチベーションの重要な要素は、そうしたライバルがいることです。ただし評価については、絶対評価を重視する。

佐藤 仲間との勝ち負けではない。

永瀬 模試の順位や偏差値で見たら、伸びた生徒が半分いれば、当然、半分は下がります。努力しても下がることがある。東進では共通テストと同じレベルの模試を年に6回実施します。900点満点で最初は450点でも、2カ月後に500点取れれば50点分の努力をしたことになる。次は550点を取るべくがんばればいい。そうやって最終目標となる点数に近づくようにする。努力すれば誰でも絶対評価は上がります。

佐藤 そこは「やる気」に直結します。

永瀬 もう一つはシステムです。これはきちんとした教材、テストを用意することです。テストはいい点数を取るためだけではなく、どこが弱いかを把握するためのものです。弱点がわかれば、勉強する箇所がわかる。テストや模擬試験は、そのヒントを与えてくれる貴重な機会です。

佐藤 私も同志社大学で月に1回、集中講義を行っていますが、毎回、授業の冒頭でテストをやります。

永瀬 重要なことです。東進の授業には必ず確認テストがあります。この確認テストに受からないと次の回の受講ができないようにしてあります。SS、S、A、B、Cと評価し、SSが90点くらいでSだと80点、ここまでが合格です。合格するために、生徒たちは集中して授業を受けるようになりますし、自分なりに復習も始めて、どんどん一度でクリアする人が増えていきます。

佐藤 それはいい仕組みです。

永瀬 また東進の授業は、標準と1・5倍速の2種類のスピードで受講できます。1・5倍速なら90分の授業は60分になりますが、それでもちゃんと聞き取れますし、集中して聞くようになりますから、頭の回転も速くなる。

佐藤 映像授業ならではの発見ですね。

永瀬 ゆったりした先生の授業は、受講している生徒に、途中で他のことを考える余裕が生まれるので、集中力を失ってしまいます。データを見ると、1・5倍速で受けている生徒たちのほうが、確認テスト合格率も高い。やはり人間は集中すればするほど効率的になるし、ポテンシャルも引き出されてくる。

佐藤 永瀬社長の勉強法の哲学は「合理的」「集中力」そして「学習時間」の三つがポイントですね。ほとんどの高校生はまだ合理的な計画が立てられませんから、そこはAIを使いながら個々のプログラムを組んであげる。そして生徒たちのプライドを傷つけないようにしながら集中力を高めさせて、密度の濃い学習時間を作る。これらがすごくシステマティックにできている。

永瀬 やはり予備校ですから、結果を出さなければなりません。本気で生徒の第1志望校合格を考えているのは、予備校をおいて他にないと思います。


■AI人材の育成


佐藤 東進では、社会人教育もやっていますね。

永瀬 英語研修などのお手伝いをしています。TOEICのスコアを上げるなら、他よりもはるかに点数が伸びますよ。

佐藤 どんな方が受けにくるのですか。

永瀬 さまざまな企業から依頼がありますが、特に熱心なのは都市銀行の方々ですね。TOEIC対策を半年間でお引き受けすると、だいたい新卒で150点くらい上がります。

佐藤 スタート時ではどのくらいの点数の人たちですか。

永瀬 600点くらいですね。

佐藤 英検に換算すると、英検2級が準1級になる感じですね。それを半年でやるのは、とても効率がいい。

永瀬 これも最低月1回はテストをやります。お互いライバル同士ですし、人事の方からも応援がありますから、みんな高いモチベーションを持っていますね。

佐藤 TOEICは730点が一つの目安だと思います。国家公務員のキャリア試験である総合職試験はTOEICの得点が730点だと、英語で25点加算されるのです。

永瀬 さまざまな会社を見ていて思うのは、会社が強いかどうかは、社員力だということです。そのために一番いいのは優秀な人を採用する。それが難しければ、採用した人を一所懸命に訓練することです。私どもは四谷大塚の小学生から東進ハイスクールの高校生まで教えていますが、社会人向けの教育のニーズも高いと思っていました。例えば銀行を考えると、これから経理や総務系の仕事はどんどんなくなり、リストラか営業職などに回ることになります。メガバンクなら1行当たり8万人が不要になるという試算があり、3行なら24万人です。彼らが失意の日々を送るか、もう一度、充実した日々を送るかは、彼らの再教育にかかっている。

佐藤 そこを担う存在になっていくわけですね。

永瀬 まずはTOEICから入りましたが、昨年11月には全米大学ランキングAI部門第1位のカーネギーメロン大学と、データサイエンス部門第1位のカリフォルニア大学バークレー校と提携しました。AIをはじめ最先端技術を、ビジネスに活用できる人材を養成する東進デジタルユニバーシティをはじめます。

佐藤 それは面白い。

永瀬 どの会社もいまAIやデータサイエンスの人材がいなくて困っています。AIがわかるという人がいても、まだまだ一作業者のレベルです。仕組みを根幹から作ったり、世界の最先端の知識を吸収して製品に生かしたり、新しいビジネスモデルを作れるという人はいません。そうした人材を育成しようと思っています。

佐藤 そこには大きなニーズがありますよ。

永瀬 はい。どの企業でもそうした人材が欲しい。でもスカウトするにも、人事体系がありますから、いきなり年収2千万円を提示するわけにはいきません。それなら自分の社員を育てればいい。この間、銀行の方と話したら、それに数千万から1億くらいは出してもいいとおっしゃっていましたね。

佐藤 この分野をきちんと教えられる教育機関はそうありませんからね。

永瀬 そうでしょう。だから外国の大学と提携する。そこで、銀行で仕事のなくなった経理の人が学べば、その知識を生かして素晴らしいプログラムを作れるかもしれない。もともとある分野の専門知識を持つ人が学べば、AI技術の専門家にはできないものが作れます。

佐藤 永瀬社長は、四谷大塚やイトマンスイミングスクールなどをグループ化してきましたが、人を育てるという観点から事業がどんどん広がっていますね。

永瀬 東大に合格させるというニーズは日本だけです。それに対して、ITやAIの技術は、欧米でもインドでも中国でも求められています。だから教育の仕組みを構築してネットワークを作ってしまえば、少なくとも日本の10倍の仕事にはなります。

佐藤 グローバル展開ができる。

永瀬 いままで教育はローカルな世界に閉じ込められていました。それがITによって、世界に広げることができるようになった。日本にはまだ世界の教育のニーズを根こそぎ持ってくるような企業はありません。日本は宗教色が強くないし、政治的なイデオロギーも偏っているわけではありませんから、教育分野の世界展開においては有利です。いま私は72歳で、あと何年頑張れるかわかりませんが、AI人材の育成から世界を目指したいですね。

永瀬昭幸(ながせあきゆき) 株式会社ナガセ代表取締役社長
1948年鹿児島県生まれ。東京大学経済学部卒。在学中に学習塾を作り卒業後は野村證券に入社。2年で退職、ナガセの前進・東京進学教室を設立する。85年東進ハイスクール開校。91年通信衛星での授業配信を始め、翌年フランチャイズ展開を開始。2006年四谷大塚、08年イトマンスイミングスクール、14年早稲田塾をグループ化。

「週刊新潮」2021年3月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)

×