井上康生は「コンビニ」で何を買う? レジェンド柔道家が選ぶ3つの商品

■「あなたとコンビニとニッポン」第1回(前編)井上康生×渡辺広明


 全国約5万8000店舗、年間155億人強が買い物する“コンビニ超大国ニッポン”。老若男女、昼夜を問わずさまざまな人が訪れるコンビニは、その目的や利用方法も人によってさまざまだ。「コンビニとの付き合い方」を覗いた先に見えてくるものとは? コンビニジャーナリスト・渡辺広明氏が、ゲストを招きコンビニについて大いに語り合う──。

 記念すべき第1回目のゲストは柔道家の井上康生氏。現役時代はシドニー五輪男子柔道100キロ級で金メダルに輝き、指導者としてはリオデジャネイロ五輪と東京五輪の2期にわたって柔道全日本男子の監督を務め、メダルラッシュに導いた。そんな柔道界の功労者が、コンビニとの“ストイックな関係”を教えてくれた。(全2回の1回目)

■減量期間中のコンビニは地獄!?


渡辺広明(以下、渡辺):まずは小さい頃のコンビニの記憶からうかがいたいのですが、康生さんの少年時代は1980年代ですよね。当時、近所にコンビニってありましたか?

井上康生(以下、井上):僕は中学時代まで宮崎で過ごしていて、すでにコンビニはあったと思うんですけど、ほとんど利用した記憶がないんですよ。当時は買い物と言えば、コンビニよりもスーパーのイメージが圧倒的に強かったです。

渡辺:では、コンビニを利用するようになったのは高校からですか?

井上:そうです。高校は神奈川県の東海大相模に進学しましたが、そこで初めて「何かすげえ便利な店があるな」と認識した感じです(笑)。高校時代は寮生活だったので、朝昼晩の三食とも寮で食べられましたが、やっぱりそれだけじゃ足りない。補食として練習前によく利用していました。

渡辺:コンビニで「補食」という表現はアスリートならではかもしれません。当時は何を買っていましたか?

井上:おにぎりが多かったです。「効率よく練習するためのエネルギー補給」ですね。

渡辺:よく利用していたコンビニチェーンはどこでしょう。

井上:どこだったかな?…おそらく高校の前にあったスリーエフ(現ローソン・スリーエフ)だと思います。

渡辺:スリーエフ! 時代と地域を感じられる回答です。スリーエフは神奈川県横浜市生まれのコンビニですから。

井上:そうだったんですね。スリーエフでは、よく夏場の練習後に「シャーベット」を買っていた記憶があります。今だったら岡田先生(※岡田隆日本体育大学体育学部教授・ボディビルダー。井上さんと渡辺さんの共通の友人)に怒られると思いますけど(笑)。

渡辺:確実に怒られますよ。以前、僕はカキフライにタルタルソースをつけて食べただけで岡田先生に怒られましたもん。「衣がついた揚げ物に、さらにタルタルをつけるなんてあり得ない!」って(笑)。それにしても、運動部の高校生って食欲旺盛でジャンクフードも大好きなイメージがありますが、高校時代の康生さんはお菓子やジュースなどを買わなかったんですか?

井上:もちろん買ったことはありますが、決して頻繁ではなかったですね。当時から栄養学を学ぶ機会があり、食べ物ならば「練習後にはたんぱく質が必要だから、お菓子よりも肉や魚」だとか、飲み物ならば「カルシウムを摂りたいから牛乳やヨーグルト」や「ビタミンを摂りたいから果汁100%」など、体作りを優先した選択を心掛けていました。とにかく「柔道が強くなりたい!」というエネルギーに満ちあふれていた時代で、大学進学後も変わらなかったと思います。

渡辺:康生さんは摂生されていたから大丈夫だったと思いますが、体重制限があり、減量も必要な柔道家にとって、コンビニは誘惑の多い場所かもしれません。

井上:減量期間中のコンビニは“地獄”でした(笑)。ただ、減量が終わっていち早くエネルギーを摂る必要があるときは、気軽に行けて品揃えも豊富なコンビニは重宝されると思います。

渡辺:康生さんでも減量中のコンビニは辛かったんですか?

井上:少なからず食欲との戦いはありました。減量中は自分でコンビニに行かず、誰かに買い物を頼む選手もいましたよ。

渡辺:多くの消費者にとっては「近くにあればありがたい存在」であるコンビニが、減量中のアスリートにとっては「足を踏み入れることすら躊躇う場所」になる、というのは何とも興味深い話です。


■サラダチキンの衝撃


渡辺:今回の対談にあたって「好きなコンビニ商品」をご持参いただくようにお願いしていたのですが、康生さんはどのような商品を選ばれたのでしょうか。

井上:いずれもローソンの商品で「サラダチキン スモーク」、「有機栽培の干し芋」、「ひとくちマンゴー」です。

渡辺:実にアスリートらしいチョイスですね。

井上:いやいや、単純に好きなだけですよ。

渡辺:そんなことありません。実は今回の商品、事前に康生さんから窺っていたので、岡田先生にも情報を共有したところ、次のようなコメントが届きました。「サラダチキン:超絶忙しい監督でも、たんぱく質摂取を欠かさないあたりはさすが」、「有機栽培の干し芋:優秀な炭水化物。糖質制限ダイエットという頭の悪い食事法に惑わされず、きちんとトレーニングして健康を保つ食事法を実践している」、「ひとくちマンゴー:ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンC、ナイアシンなどが豊富で素晴らしい。あと“宮崎愛”を感じる」とのことです。まぁ、ローソンのマンゴーは康生さんの故郷の宮崎産ではなく、タイ産ですけどね。

井上:岡田先生に伝えておいてください。「知らんがな」と(笑)。

渡辺:でも「好きなだけ」とは言いつつも、栄養にも気を遣ってますよね?

井上:そうですね。バランスのいいものを選ぶ習慣は身についているかもしれません。食品を購入する際は、パッケージ裏の成分表を見るのが癖になっていますから。ついついカロリー、たんぱく質、糖質などをチェックしてしまいます。

渡辺:その「バランスのいいもの」が、コンビニでも手に入る時代になっているわけです。かつては「食事はコンビニばかり」なんて言ったら、「不健康な食生活の人」という印象がありました。しかし、近年のコンビニは健康意識の高い商品を数多く取り揃えています。これはアスリートにとっても大きいのではないでしょうか。

井上:たしかに「サラダチキン」の存在を知ったときは「すごいものが発明された!」と思いました。

渡辺:「サラダチキン」という商品自体は2000年代から存在していましたが、ブームの火付け役は間違いなく2010年代に販売を開始したコンビニだと思います。「サラダチキン」の大ヒットを受けて、いまなおコンビニでは高たんぱく質ブームが続いています。

井上:それまで日々の生活のなかで、たんぱく質が強調される場面ってほとんどなかったと思うんですよ。でも、今はコンビニでもスーパーでもたんぱく質の豊富さを謳った商品が多く出てますよね。それらを目にする度に「変わったな」と実感します。

渡辺:コンビニ業界に限った話ではありませんが、食品は日々進化しています。

井上:日本人の健康寿命を伸ばした一因として、僕は「慎ましい食生活」が挙げられると思っています。今後、食品がさまざまな発展を遂げていくなかで、それらの食品が従来の日本人の食生活とイコールになるか…という点は課題になるかもしれません。近年はヴィーガンをはじめとした食の多様化について耳にする機会も増えましたし、選択の幅も広がっていますよね。

渡辺:大豆などを用いた代替肉が話題になっていますが、あと数年もすれば「物珍しい食品」ではなく、普通に「食の選択肢のひとつ」として定着する可能性は高いでしょう。その際、普及の追い風としてコンビニが一役買うかもしれません。

井上:つくづく便利だし、本当にスゴイですよね、コンビニって。

渡辺:コンビニは「贅沢の象徴」という側面もあるので、“消費者をだらけさせてしまう店”でもありますけどね。

井上:それは否めませんね(笑)。

(取材・構成/松本晋平)

後編へつづく

井上康生(いのうえ・こうせい)
柔道家(七段)。1978年宮崎県生まれ。東海大学体育学部武道学科卒、東海大学文学研究科博士課程コミュニケーション学専攻満期退学。2000年シドニー五輪男子柔道100キロ級金メダリスト。2008年に現役を退いたのちに指導者の道を進み、2012年から2期9年にわたって柔道全日本男子監督を務める。現在は東海大学教授として教鞭を執るほか、NPO法人JUDOs理事長として柔道を通じた国際理解・交流にも尽力している。

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)
流通アナリスト。コンビニジャーナリスト。1967年静岡県浜松市生まれ。株式会社ローソンに22年間勤務し、店長、スーパーバイザー、バイヤーなどを経験。現在は商品開発・営業・マーケティング・顧問・コンサル業務など幅広く活動中。フジテレビ『FNN Live News α』レギュラーコメンテーター、TOKYO FM『馬渕・渡辺の#ビジトピ』パーソナリティ。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)