横浜「トゥクトゥク」物語 老舗玩具店主が3輪バイクで“移動式写真屋さん”を始めるまで

■取材・文/大寺明(ライター)


 神奈川県・横浜の赤レンガ倉庫前に、ひときわ目を引く「トゥクトゥク」が停まっているのを見かけたことはないだろうか。東南アジア諸国では庶民の足としておなじみの3輪タクシーが、なぜ横浜に……? 運転手に話を聞けば、知られざる波乱万丈のストーリーがあった。

 ***

 先に答えを言ってしまうと、横浜のトゥクトゥクはタクシーとしてではなく、「フォトクルージング」という観光客向けのサービスとして営業している。横浜中華街やコスモワールドといった横浜の観光スポットをトゥクトゥクでクルージングし、その際にインスタントカメラで撮った写真を販売する、いわば「移動式写真屋さん」というものだ。

「日本の道路交通法では、トゥクトゥクを走らせることはできても、乗車運賃を取ってお客さんを乗せることができません。そこで考えたのが『フォトクルージング』でした」

 そう語るのは、ドライバーの足立吉雄さん(47)。有限会社ネオスタイルラボの代表として、ひとりで「YOKOHAMA TUKx2」を運営している。走り出して、8カ月になる。
 
「トゥクトゥクの魅力は、風を感じられることです。これからの季節はフルオープンにして走るので、景色もよく見えるし、風が最高に気持ちいいですよ。私は横浜生まれ横浜育ちの人間なので、横浜に来た人には、横浜の景色を満喫してほしいし、横浜の風を感じてほしい。空には遊覧ヘリがあって、海にはクルージング船があるけど、陸には観光用の乗り物があまりないですよね。今はまだ『なんだこりゃ?』という反応が多いですけど、認知度さえ上がれば絶対に流行るはずだと思ってます」

 お値段は、30分6千円や1時間1万2千円などの料金設定。こう聞くと「高い」と思うかもしれないが、トゥクトゥクの座席には最大6人が座れ、何人座ってもこのお値段。割り勘にすれば手ごろな値段で横浜観光が楽しめ、さらには写真で思い出も作れちゃう、と足立さんは胸を張る。

 昨年、開業したトゥクトゥクサービスだが、実は足立さん、昭和初期の創業という横浜の老舗オモチャ屋さん「足立玩具店」の跡取り息子だった。


■閉店、安定を求めて定職に就くが…


 横浜駅前の相鉄ジョイナス1階にあった「足立玩具店」は、ハマっ子なら誰しもが知る有名店だった。足立さんは大学卒業後、パチスロメーカーや大手広告代理店など4社ほど転職を繰り返しているが、いずれ家業のオモチャ屋さんを継ぐつもりだったため、「ひとつの会社に長居せず、好きな仕事をやろう」と考えてのことだった。

 ところが、30代半ばにいよいよ店を継ぐことになり、帳簿を見て愕然。最盛期の頃に比べ、売り上げが半分ほどになっていたのだ。横浜駅前の路面店という恵まれた立地もあってそれ相応の売り上げではあったが、そのぶん賃料が高く、固定費や仕入れ費と相殺するとギリギリの経営状態になっていた。広告代理店時代の経験を活かして、なんとか経営を立て直そうと奮闘したが、どんどんジリ貧になっていったそうだ。

「お店のレイアウトを変えたり、ポップを工夫したり、ネット販売を始めたり、いろいろ手を打ちましたけど、現状維持がやっとの状態でしたね。とくに店を継いだ1年後、ヨドバシカメラがオープンしたことが大打撃だった……。ワンフロアを使ったオモチャ売り場ができてスケール的にかなわないし、うちは定価商売。同じオモチャを歩いて5分のところで3割引きで売られたら、とてもじゃないけど太刀打ちできない。量販店では扱っていない高価なぬいぐるみを置くようにして対抗しようとしましたが、時代の流れには勝てないと思いましたね」

 大型量販店の進出により、昔ながらの家族経営の店が立ちいかなくなることは、今の時代には避けがたい現実だろう。代表の父と「店を畳むか、続けるか」という議論をずっとしていたが、「祖父の代から続く店を自分の代で終わらせたくない」という思いもあり、なかなか踏ん切りがつかなかった。なんとか6年ほど店を続けたが、いよいよ赤字に突入するという瀬戸際、2010年に足立玩具店は閉店することに。足立さんが40歳のときである。

 家業を失い、これから何を食い扶持にしていくのか? まさしく人生の分岐点である。このとき足立さんには、30代の頃から温めていた2つのアイデアがあった。ひとつは「たい焼き屋さんと立ち飲み屋さん」のダブル営業の飲食店であり、もうひとつがタイ旅行で興味を持った、トゥクトゥクを使った商売だった。しかし、当時同棲していた彼女との結婚を考え、安定を求めた足立さんは、とりあえず企業に所属する道を選んだ。薬品メーカー、大手カードメーカーを渡り歩く。契約社員として働いているうちに、正社員へのお声もかかった。しかし足立さんの答えは……NO。

「幼い頃から店を経営する親父の背中を見てきたので、自分で商売をやって生きていくことが私にとっては普通のことだったんですよね。やり甲斐を持って会社の仕事をやってましたけど、独立への思いがずっとくずぶり続けていて、やっぱり立ち飲み屋をやろうと思ったんですよね」

 飲食業は未経験だった足立さん。将来の開業を見据え、会社勤めの傍ら、終業後に立ち飲み屋さんでアルバイトをすることにした。41歳の時である。

「1年ほど修業してみた結果、自分にはムリだと実感しました。それまでインスタントラーメンしか作ったことがなくて、包丁も握ったことがない自分がいきなり飲食店をやろうなんて甘かったな……と(苦笑)。それから大手家電メーカーに転職して営業の仕事に就いたんですが、やっぱり自分で商売がやりたくて、次は何をやろう?と考え続けていました。そのとき30代の頃から温めていたトゥクトゥクのアイデアを実現しようと考え始めたんですよね」


■300万円でトゥクトゥクをオーダー


 とりあえず道路交通法や旅客運送法、道路運送車両法をひと通り調べ、トゥクトゥクを使ってどんな商売が可能かを模索した。先述のとおり、日本では色々と規制が多く、ナンバーをつければ道路は走れるが、タクシーとして営業はできない。そこで辿り着いたのが、トゥクトゥクを使った「フォトクルージング」というオリジナルの商売である。これなら法的には何の問題もないはずだ。さっそく足立さんは沖縄県の業者に依頼して、フルオーダーのトゥクトゥクを300万円かけて作ることにした。これと前後し、2017年春に大手家電メーカーを退職。なんの迷いもなかったという。

「トゥクトゥクの製作に半年ほどかかるということだったので、タクシー会社で1年間修業することにしたんです。タクシー業務を通して、街中の人の流れや、距離と移動時間の感覚を把握しておきたかったわけですけど、(タクシー業ができる)第二種運転免許が欲しかったというのもありましたね。1年間勤務すれば免許費用をタクシー会社が負担してくれることになっていたので、きっちり1年間勤めてから辞めるつもりでした」

 いまはトゥクトゥクでタクシーは営業できないが、近い将来、ライドシェア・ウーバーが認可されれば、第二種運転免許で営業できる可能性もあるとの判断だったそう。立ち飲み屋さん修業にしても、タクシー修業にしても、発想はなかなか斬新だが、石橋を叩いて慎重に準備するタイプであるようだ。とはいえ、トゥクトゥクドライバーになることに、周囲から反対する声も少なくなかった。

「親からは当然、反対されましたね。そのときはトゥクトゥクの現物もなかったから、親からすると半信半疑だったでしょうね(笑)。その後、トゥクトゥクが納車されたのを見て、『きれいに作ったな』って少し考え方が変わったんです。だけど、『恥ずかしいから乗りたくない』というので、友人や親せきを呼んで試乗してもらうことにしたんです。これがすごく好評で、その声が親に伝わってようやく理解してもらえたんです」

 いよいよ足立さんは46歳にして、念願だったトゥクトゥクを使った新商売に挑戦することに。46歳というと、家庭を持って安定志向になっていてもおかしくない年齢だが?

「自分には40代だから……という感覚がなくて、今も気持ち的には若い頃のままなんですよね。ふと我に返って年齢的な焦りを感じるときもありますよ。あのとき結婚していたら、今頃、20歳くらいの子供の父親になっていたんだろうなって。だけど、逆に言うと、独り身で背負うものがないからこそ、こうして新しいことに挑戦できるんですよね。家庭を持っていたら、それこそ安定志向になって会社勤めを続けていたかもしれない」

■夢はフランチャイズ


 足立さんは1971年生まれの団塊ジュニア世代である。この世代の生涯未婚率が増加傾向にあるが、足立さんのようなチャレンジ精神旺盛なおひとり様もいるのだと思うと、同世代として勇気づけられる思いだ。こうして2018年夏からスタートした「YOKOHAMA TUKx2」だが、世間の反応はどんなものだっただろう?

「私のトゥクトゥクはとにかく目立つので、なんだこりゃ?と足を止める人は多いんですけど、声をかけて説明しても、なかなか利用してもらえなかったですね。週に3、4組しか利用しないという状況が1カ月ほど続いて、その後、徐々にお客さんが増えていきましたけど、やっぱり今でも平日の寒い日なんかは売り上げが厳しいこともある。でも、客商売は売り上げに波があるのは当然のことなので、落ち込んでいても仕方がない。たとえ前日の売り上げがゼロだったとしても、翌日はお客さんの前で笑顔を見せなければいけないですから」

 新商売の第一関門が“認知”だとしたら、第二は“法律”。AirbnbやUberがまさにその典型だが、法的に問題がないかという点が問われてしまうのだ。もちろん足立さんは違法でないことを確認してから開業したわけだが、スタートして間もなく陸運局から「白タク(未認可の違法タクシー)ではないのか?」という問い合わせがあったそうだ。

「誰もやっていないビジネスだから注意を受けることは最初から想定していたので、移動式の写真サービスであることを説明して納得してもらいました。ところが、つい先日も陸運局の別の人から同じ問い合わせがあったんです。写真代として料金をいただいて、クルージングの移動手段としてトゥクトゥクを使っていることが違法であるのか、違法でないのかを問い返しましたね。そしたら『今は、違法とは言えません』という答えが返ってきて、『今は……』とはどういうことなんだって(苦笑)」

 同様に白タクと間違われ、当初は警察官から注意を受けることも少なからずあった。きちんと説明して納得してもらい、顔見知りの警察官からは何も言われることはなくなったが、今でも初対面の警察官が注意してくることがあるそうだ。

 運転席がむき出しのトゥクトゥクという乗り物ならではの苦労もある。当然のことながら夏は暑いし、冬は寒い。バイク用の防寒対策をしてはどうかと話したところ、トゥクトゥクの見栄えを大事にしているため、あえて自分用の防寒対策はしないことに決めているそうだ。

「冬場はお客さん用の後部座席は防寒対策のカーテンをかけていて、本当は運転席もそうしたいんですけど、そうすると運転席が見えなくなって、お客さんの反応がかなり変わってくるんですよね。だったら自分が寒くても、認知されやすくしたほうがいい。そういう辛さはたいして苦にならなくて、本当に辛いのはお客さんがいないときですよ。自分が食っていくためにやっていることだから、仕事が辛いなんて思っていたら何もできないですよね」

 ネオンでライトアップされた足立さんのトゥクトゥクが走っていると、誰もが振り返って好奇の目を向ける。「インスタ映え」を目的に足立さんのトゥクトゥクを利用する人も多いというが、道行く人が足立さんのトゥクトゥクを写真に撮ってインスタやツイッターに投稿することも。こうして拡散されることで認知度が上がっていくことを足立さんは期待している。目指すは横浜名物となり、「TUKx2」の商標でフランチャイズ展開することだ。

「振り返ると山あり谷ありの人生でしたけど、それでもなんとか愛犬2匹と一緒に暮らせている今は幸せだと思ってますね。それで満足しているわけじゃないけど、何事も絶対に努力しなければ結果は付いてこないと思っているので、やり続けるしかない。売り上げの面ではまだまだ大したことないですけど、お客さんが笑顔になってくれると、やっぱりトゥクトゥクを選んで良かったなって思えるんですよね(笑)」

 今日も足立さんは横浜の赤レンガ倉庫前でスタンバイしているはず。横浜に行く機会があれば、ぜひ一度、異国情緒溢れるトゥクトゥクで横浜の観光スポットをめぐるこの新商売を体験してみてほしい。運転する足立さんの背中に彼の人生ドラマを思い浮かべてみると、横浜の風がしみ入るような味わいが感じられるかもしれない。

大寺明(おおでら・あきら)
ライター・編集者。1971年富山県生まれ。法政大学卒。求人誌「週刊B-ing」編集部、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』編集部を経て1999年に独立。現在はビジネスマン向け情報メディア「bizpow(ビズポ)」(http://bizpow.bizocean.jp)で記事制作に携わる。著書に『ジャンクビジネス』(共著・早月堂書房)、『生涯現役で働ける仕事が見つかる本』(洋泉社)がある。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月16日 掲載

関連記事(外部サイト)