東京五輪チケットのネット販売が「高齢者に優しくない理由」 組織委がまさかの回答

「いや、やっぱりサッカーは見に行きたいと思っているんだけどね……」

 と溜め息をつくのは、元サッカー日本代表の釜本邦茂氏である。

 それはそうだろう。御年75歳の氏は、言わずと知れたメキシコ五輪「奇跡の銅メダル」の立役者。何があっても後輩たちの雄姿は目に焼き付けたかったはずだ。

 しかし、今回の東京五輪のチケット販売には申し込みすらしなかった。なぜか。

「仕組みが複雑すぎてね。新しい仕組みでパソコンだのスマホだのと言われたって、私なんかわからんもんね。何でもネットで、というのはそれが文明だから仕方ないけど、やっぱり年寄りにはもう付いていけないね……」

 もう一人、今回の東京大会組織委員会・国際局アドバイザーの吹浦忠正氏は、御年78歳。1964年の東京五輪にもスタッフとして携わった“重鎮”である。

「私も今回は申し込みませんでしたよ」

 と吹浦氏が言う。

「先日、同窓会があったんです。その席でみんな“チケット、何とかならないか”と私に聞くんですよ。どうにもならないに決まってますが、何で?と聞くと、“あんな複雑なのはダメ”と一様に言うんです。行列なら何時間でも並ぶけど、ネットで申し込むのはムリだと言っていました」

 健康寿命が延び続けるこの国にとって、70代は働き盛りとは言えないものの、まだまだ「現役」の一端であるはず。それでも、ネットによる販売という、その一点をもって、事実上、排除されてしまうだけに、溜め息が止まらないのも当然と言えるのである。

 7月2日に購入手続きが締め切られた、東京五輪チケット販売の第1次抽選。申し込んだ方は身をもっておわかりだろうし、さんざん報道もされたが、とにかく手続きは煩雑の極み。改めて振り返ると、

「批判が殺到したのはまずはアクセスの問題でした」

 と言うのは、全国紙の五輪担当デスクである。

「購入するにはまず自分のIDを取らなくてはいけません。でも、チケット発売初日や最終日はID取得画面に行くだけで3時間待ちなんてことも。ようやく画面に辿りつけたとしても、パスワードには『9文字以上で英大文字小文字と数字がすべて含まれるもの』という条件が。この時点で放り投げてしまったお年寄りの方も少なくなかったでしょうね」

 IDを取っても、いざ競技や座席を選択する段になると、「セッション」「カスケードサービス」なんて横文字が並ぶ。頭が痛くなることばかりだった。

「チケットを選んだ後も安心は出来ません。本人認証のために、指定された番号に電話をしないといけないのですが、それも『120秒以内に』と条件が付いた。慣れない人にとっては十分プレッシャーになりますよね。しかも、最終日などはアクセスが殺到していたせいか、かけても繋がらないことすらあった。オマケに、一度選んだチケットを変更したい場合は、すべてを取り消してから申し込みをやり直さなくてはならない。これは酷だな、と思いましたね」

 要は忍耐強い「IT強者」にして初めてクリアできる代物だったというワケだ。


■“会議は踊る”


「ことアクセスに関しては、見積もりの甘さにすべて帰結する話だと思いますね」

 と言うのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏である。

「それが証拠に、秋に予定されていた2次販売を『先着順』にしようとしていたじゃないですか」

 今回の結果を見れば、先着順で行った場合、よりアクセスが殺到し、サーバーがダウンすることは火を見るより明らか。この騒動を受け、組織委員会はそれを止め、第1次と同じように「抽選」とすることを発表した。しかし、

「そんなことはちょっとネットを齧(かじ)ったことがある人であれば誰でもわかりますよ。1〜2日ほど前からそのサイトに向けて1秒間に1万回くらいのアクセス要求が出来るソフトウェアが開発され、今度はそれを“売ります”という輩が現れる。その後はその詐欺まで出現して……。バカバカしい悲劇のコメディが起こるだけです。年始に“あけおめ”メールが殺到することで、毎年携帯が繋がりにくくなるじゃないですか。そういうことすら知らない人が組織委員会にいるということですよね」(同)

 と手厳しい。

 もっとも、この辺、組織委員会に聞くと、

「十分な措置を取っていなかったのは反省すべき点だと思っています。ただ、我々も限られた予算や時間の中でシステムを作っており、皆様にのびのびとチケットを選んでいただけるようなものを作るのが難しい。電話認証についても、同一人物に複数のIDを作らせないようにするための抑止策のひとつとして採用しました。ある程度の効果はあったのですが、もう少し長く販売期間をもうければスムーズに行けたのかな、と」

 また、高齢者が置いてけぼり、との点については、

「ネットに限ったのは、住んでいる地域などによって不公平にならないようにするためです。ネットが苦手な方は、これを機にお子さんに教えてもらうなどして家族間のコミュニケーションに繋げていただければ」

 と人を食ったような回答なのだ。

「組織委員会がうまく機能していない印象は受けますね」

 とは、先の吹浦氏。

「64年大会の時は、まさにオールジャパンという感じで、さまざまな“プロ”が入り、寝食を忘れて仕事に取り組んでいた。ただ、今回は都や広告代理店、スポンサー企業などの“混成部隊”の上に、いろいろな組織の代表者が集まっているせいか、“会議は踊る”で、どうも機動的でない。チケットの件も、内外のプロに意見を聞いて、日本で最高の知恵を絞れば良かったんだと思いますが……」

 民間も含めた知恵を発揮すれば、確かにもっと幅広い層がスムーズにアクセス出来たとの印象はぬぐえない。ルールや手続き重視で実態に即した仕事をしないのなら、まさに“お役所仕事”の典型と言えるのである。

「パソコンやスマホを使えない人は入口にすら立てない。デジタル弱者に対しての配慮が圧倒的に足りませんよね。組織委員会のトップは80を超えた森喜朗さんなのに……」(ITジャーナリストの三上洋氏)

 なるほど、確かに「IT革命」を「イット革命」と呼んだ人だから、もうちょっと意見を聞いてみたら良かったのだ。

 組織委員会はこの夏と秋にも追加チケットを販売する見通し。とはいえ、ウンザリした層が戻ることはないハズで、

「爺さん婆さんは、むしろ熱中症になる危険が減ってラッキーと思えばいいんです」

 とは、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏。

 さてこれからネットでも学びますか、それとも……。

 ガラケー片手に右往左往。高齢者にとっては、悲哀を味わうトホホな日々だったというのは間違いない。

「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)