ランチパックをBBCが“ファンタスティック”と紹介「山崎製パン」に1億円ワイロ騒動

山崎製パンに1億円賄賂疑惑が浮上 SFC元役員が「爛れた関係」を告白

記事まとめ

  • ランチパックはBBCで「ファンタスティック」と紹介され世界に名を轟かせた
  • そんな山崎製パンに1億円ワイロ疑惑が浮上しているという
  • 16年に破産したSFCの元役員によると、元社長が山崎製パン側に計1億円を渡したそう

ランチパックをBBCが“ファンタスティック”と紹介「山崎製パン」に1億円ワイロ騒動

ランチパックをBBCが“ファンタスティック”と紹介「山崎製パン」に1億円ワイロ騒動

好事魔多し?

 ラグビー日本代表、通称「ブレイブ・ブロッサムズ」は、文字通り日本に大いなる勇気を与えてくれただけでなく、大金をもたらしてくれた。その経済効果は4300億円とも言われるなか、思わぬ恩恵にあずかった企業がある。山崎製パン。W杯を機に、世界に名を広めた同社だが、社内には対外的に広めたくない「恥部」があるようで……。

 山崎製パンは売上高1兆円を誇る、東証1部上場の大会社だ。同社の主力商品である「ランチパック」を知らぬ者はおるまい。たまご、ツナマヨネーズ……。多様な品揃えで、まさに日本人の昼食を支えてきた。

 そのランチパックはW杯に関連し、「ファンタスティックな味わい」と英国の公共放送「BBC」で紹介され、世界に名を轟かせることになった。だがそんな「世界的企業」が、陰では全くファンタスティックではない疑惑を抱えていた。

「うちは2016年に破産してしまいましたが、実はそれまで山崎製パンとは『ずぶずぶの関係』でしてね」

 こう明かすのは、システム開発会社「SFC」(神奈川県)の元役員だ。

「SFCは社員約120人の中小企業で、山崎製パンからシステム関連の仕事をもらうために幹部を接待漬けにするなど、かなりの無理をしていたんです」

 その接待の内容を簡単に紹介すると、

「山崎製パン側の幹部が、うちの元社長らから東京・向島の高級料亭で接待を受けたり、タクシーチケットをもらうなどしていました」(同)

 しかも、両社の「爛(ただ)れた関係」は接待だけに留まらなかったという。

「うちの社内調査では、元社長が後に山崎製パンの役員に上り詰める男に賄賂を渡していたことまで判明したんです。09年から11年頃にかけて、八重洲にある富士屋ホテルで計5回にわたり、元社長がナイロン製のバッグに入れて総額約1億円を直接手渡していたという調査結果でした」(同)


■株主総会でも…


 越後屋もびっくりの「古典的」な賄賂授受が行われていたというのである。その上、

「この調査結果はSFCサイドから山崎製パンに報告され、一昨年と昨年の山崎製パンの株主総会でも問題になりました。実際、山崎製パンの飯島延浩社長は、『(自社の社員とSFCの爛れた関係について)そういうことがあったのではないかな、という風に思っておりまして……』と答えています」(山崎製パン関係者)

 ところがその後、賄賂などの疑惑を、

「山崎製パンがちゃんと社内調査したのか極めて疑わしい」(前出の元役員)

 そこで改めて山崎製パンに尋ねると、

「もらったとされる本人がそれを否定しているので、(賄賂等の)事実は確定できませんでした」(同社の顧問弁護士)

 しかし、賄賂をもらったと素直に認めるお人好しはそうはおらず、反面調査が欠かせないはずだが、

「賄賂を渡したと認めているSFCの元社長に、山崎製パンは一切話を聞いていません」(前出の元役員)

 企業の広報対応や危機管理コンサルティングを行う「エイレックス」の江良俊郎社長はこう指摘する。

「一般論として、今回の告発のように相手方がいる話であれば、社内調査であっても双方から話を聞くのがあるべき姿と言えるでしょう。それが行われていないのだとすると、臭い物に蓋をしようとしているのではないかという印象が残ります」

 世界に飛翔した山崎製パンが、このまま疑惑に蓋ならぬ、疑惑を「パック詰め」して済ませていいのだろうか。

「週刊新潮」2019年11月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)