ゴーンに人生を狂わされた元社員たち 経営手腕などなかった“虚飾のカリスマ”

ゴーンに人生を狂わされた元社員たち 経営手腕などなかった“虚飾のカリスマ”

カルロス・ゴーン被告

 日本脱出を果たしたカルロス・ゴーン(65)が、12歳下の妻キャロルと共に、赤ワインで“祝杯”……。フランスメディアが、大晦日に撮影したとされるゴーンの夕食会の写真を公開した。

「レバノンでゆったりワインを飲んでいるのを見て、信じられない思いでいっぱい」

 と渋面を作るのは坂ノ下征稔さん(76)。日産元社員で、全日本金属情報機器労働組合の日産自動車支部執行委員長を務めた人物だ。

「1999年にゴーンが発表した『日産リバイバルプラン』で多くの労働者がつらい思いをしました。五つの工場が閉鎖され2万人もの労働者がリストラされたのです。関連部品メーカーでも多くの方が職を失いました」

 坂ノ下さんが35年以上働いた村山工場でも3千人のうち千人が退職。ほかは神奈川の追浜(おっぱま)や座間、栃木などに転勤となった。

「みんな生活が激変しました。退職者は解雇でなく退職金が出た。50歳前後で最大2千万円の退職金に割増分もつきましたが、税金をべらぼうに取られて後悔する人が多くいた。転勤者は通勤に片道2時間以上とられるようになり、家族との時間が消えた。単身赴任者も大変な二重生活を強いられました。その一方でゴーンは巨額の金を懐に入れ、妻に会いたいからと逃走した。お前さんの苦しみとリストラされた者の苦しみ、どっちが重いと思っているのかを聞いてみたい」

 99年3月末に有利子負債2兆1千億円を抱え倒産寸前だった日産は、仏ルノーから出資を受けた。

 そして「再建請負人」としてルノーからゴーンが派遣され、最高執行責任者として大胆なリストラを断行。その様は、“ゴーン革命”と呼ばれた。2000年3月期連結決算の7千億円近い記録的な最終赤字からV字回復を成し遂げ、約4年で負債を返済したとされる。

 当時のゴーンを、『「名経営者」はどこで間違ったのか』の著者で、元日産北米副社長の法木秀雄さん(74)はこう見ている。

「見ていたのは数字だけで、現場や下請けなどの生活なんかどうでもいい男。ただし、歴代、経営者に恵まれなかった日産にあって、彼がやったのは必要なことでした。しかし“自分は世界に類を見ない経営者である”とのアピールがすべてに優先され、自身を神格化したうえで無理難題を押しつけていた。V字回復とされた数字も、営業外の損と利益が出るタイミングを操作したもの。純粋な営業利益ではありません」

 実際は経営手腕などない“虚飾のカリスマ”というわけだ。日本人にはできない苛烈な首切り断行で、突如として人生設計を狂わされた元社員たち。彼らはいま、どんな思いで高級ワインに酔いしれるゴーン夫妻を見ているのだろうか。


■バランスを失している


 ゴーン弁護団も、恨めしい眼差しを元の依頼人に向けたいはず。なにせ日本の刑事司法を揺るがす大失態を演じさせられたのだ。ところが“無罪請負人”弘中惇一郎弁護士の表情は能面のように変わらない。法曹界からは、「一言でも謝罪めいた言葉があってもいいのでは」「責任を感じていないのか」との声が上がり……。元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士は言う。

「弘中弁護士を含む弁護団の態度は無責任な振る舞いに見えます」

 それは道義的な説明責任を果たしていないためで、

「弁護団は監視カメラを設置するなど特殊な保釈条件で保釈を勝ち取りました。しかし、逃亡を許してしまった。なので弁護団は、保釈条件がどう履行されていたかなどを守秘義務に反しない範囲で、きちんと説明すべきだと思います。結果的に被告を日本で裁けない状況を招き、世界に恥を晒すことになったのですから」

 なのに、なぜあんなに偉そうにしているのか。元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士が語る。

「弁護士は各々がスタンスを持っています。弘中弁護士は“毅然とした対応をする”とのスタンスを貫いているだけだと思います。ゴーンの弁護人に就いた際には大々的に会見していました。そういった晴れの舞台だけ出て、今回のように追及される立場になったら会見しないのは、バランスを失しています」

 弘中弁護士は、検察からゴーンが使っていたパソコンの提出を求められても、刑事訴訟法の「押収拒絶権」をタテに返り討ちにしてもいる。黙したままでは逃亡の協力者の汚名を雪(すす)ぐことができないのも確実だ。

「週刊新潮」2020年1月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)