紀元前から存在する演劇の力を信じて――吉田智誉樹(劇団四季代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】

 舞台芸術の本質は、その「同時性」と「一回性」にある。同じ場所、同じ時間に集まり、そこで役者と観客が、ただ一度しか生まれない世界を共有する。しかしながら、コロナ禍はそこを直撃した。これから演劇はどうなっていくのか。観客は戻るのか。生き残りをかけた日本最大の劇団の闘い。

 ***

佐藤 今回のコロナ禍は数多くの業種に多大な被害をもたらしていますが、中でも外食業界や旅行業界、そして劇場については、まさに「直撃」でした。劇団四季は全国に八つの専用劇場を持つ日本最大の劇団です。今の状況をどう受け止めていらっしゃいますか。

吉田 甚大な被害を受けています。同時に、これほど「演劇とは何か」を考えさせられる日々もありませんでした。

佐藤 2月末に全演目を中止しました。

吉田 7月14日に再開するまで、1103回の公演が中止になりました。劇団四季は近年の年間総公演回数が約3千回ですので、その3分の1です。約99万人のお客様と、85億円の売り上げが消滅しました。

佐藤 それは大きな数字ですね。

吉田 再開後も、しばらく50%の席数で上演していましたから、損失はさらに広がっています。

佐藤 再開時には今年末までの販売済みのチケットをすべて払い戻し、再度、売り直したと聞きました。

吉田 お客様同士の十分な間隔を確保しなければなりませんでしたから、席を市松模様のように配置して、販売し直しました。

佐藤 いつまで市松模様の配置で販売したのですか。

吉田 10月末までです。政府による制限緩和が行われたので11月分からは客席数を見直して販売しますが、今後の感染状況によっては再び制限される可能性もある。私たちはロングランで興行を行っていますから、本来なら来年のチケットまで売りたい。でもまだそれができないのです。

佐藤 そうなると、さらに経済的ダメージが深くなる。

吉田 幸いコロナ禍以前に借り入れはありませんでしたし、多少の内部留保もありました。稽古場も自社所有しています。だからいますぐどうこうなるわけではない。でも今後再び感染が拡大するなど事態が長期化すれば、劇団の存続が危ぶまれることになります。

佐藤 影響はその他にも多岐に及んでいるでしょう。

吉田 いま「オペラ座の怪人」の稽古をしています。本当は海外のアソシエイト・スタッフに稽古を進めてもらう予定でした。彼らが来日できなくなったので、リモートで稽古をつけてもらっています。

佐藤 時差があるから大変ですね。

吉田 その通りです。また10月3日に開幕した「ロボット・イン・ザ・ガーデン」という作品はオリジナルミュージカルなのですが、このパペット(人形)デザイナーがイギリスにいまして、これもリモートで稽古をしています。海外のスタッフとの協業が必要なものは、どれも影響が出ています。四季だけでなく、日本の演劇界では、国際的な協業を行う仕事がかなりあります。日本への入国が難しい状況が続けば、更に影響が出ると思います。

■劇団員のメンタルケア


佐藤 そうした運営面もさることながら、劇団員の士気を保つことも大切な問題でしょう。

吉田 緊急事態宣言が発出されてステイホームしなければならない時期がありましたね。この時に一番メンタル面で影響を受けたのは俳優たちだと思います。会社の仕事は在宅でも可能ですが、俳優たちは家でコンディションを保つため自己鍛錬するしかありません。

佐藤 それに一人でいると、どんどん不安になってきます。

吉田 この期間、公演はありませんでしたが、俳優たちには一定の報酬を支払いました。

佐藤 ああ、それはいいですね。

吉田 俳優たちには個別に1ステージの単価があり、これに出演回数を乗じた額を報酬として支払っています。ただ「2階構造」になっており、1階部分は四季の舞台に優先的に出演する契約の対価として、キャリアに応じた金額が支払われています。2階部分は実際の出演実績に応じて出す変動部分。この部分は本来出演が無いと支払えませんが、今回は一定の割合で全員に支払いました。

佐藤 その喩えで言うと、私たち作家は2階部分だけです。だから非常に不安定な状況に置かれています。

吉田 他の劇団の俳優たちは、ほとんど2階だけですから、もっとキツかったはずです。

佐藤 経済的な不安が解消できれば、相当気持ちが楽になりますよ。

吉田 そうやってある程度は不安を解消するよう努めながら、再開の日に備えて、オンラインでのレッスンも導入しました。

佐藤 やはり基礎体力をつけておかねばならないし、相手とのインタラクション(相互作用)も重要ですから、稽古は続けないといけない。

吉田 これは創立者の浅利慶太が言っていたことですが、「ダンサーというのは、レッスンを1日休むと自分にわかる、2日休むと相手役にわかる、そして3日休むとお客様にわかる」と。

佐藤 それは文章も一緒ですね。外務省時代、私は情報の仕事をしていましたから、毎日のように電報を打っていました。やはり1日書かないと自分にわかるし、2日書かないと上司にわかる。3日だと、たぶん受け手にもわかるでしょうね。私は職業作家になってから、商業的な文章を書かなかった日は1日もありません。

吉田 俳優たちは自宅待機が最長で3カ月半も続きましたから、再開時には基礎トレーニングから始めました。もう一つ、劇団員には動画で私の話を届ける機会を設けました。普段であれば、劇団員が一堂に会して話す機会も持てますが、今はそれが叶わない。そのため、劇団は公演再開をこういう見通しで考えているとか、政府とこんな交渉をしているとか、起きていることをできるだけ具体的に伝えるようにしました。それでも相当にストレスは溜まっていたと思います。

佐藤 稽古場での稽古を再開されたのはいつからですか。

吉田 6月1日です。ただ600人いる俳優たちが一斉に集まることは感染防止の観点からも難しいので、班分けをしました。横浜の四季芸術センターには、舞台セットがそのまま入るほどの大きな稽古場が三つあります。六つのカンパニーが再開する予定だったので、その6班を二つに分け、まず最初の3班が2週間稽古し、その3班が劇場に行ったら次の3班が稽古場で稽古を始めるというように、完全に分離しました。食事やトイレの場所も班ごとに細かく区分けしました。

佐藤 非常に神経を使われていた。

吉田 PCR検査も1カ月に1度受けています。7月には、横浜で開幕した「マンマ・ミーア!」に出演予定だった俳優1人に陽性反応が出ました。しかし、この班分けが奏功したのか、他に感染者は出ていません。

佐藤 劇場での感染リスクについてはどうされていますか。

吉田 手指消毒を徹底して、必ずマスクを着用していただいています。先日、NHKの取材で、飛沫の可視化実験を行ったのですが、マスクを着用していれば、劇場で隣に座ったお客様同士の飛沫が行き来することはほぼない、という結果が出ました。いまのところ、保健所から劇場で濃厚接触があったという連絡は一度も来ていません。

佐藤 先般、飛行機内でマスク着用を拒否した人が降ろされましたね。すべての人を対象にすれば、必ずそういう人が出てきます。それはどうされます?

吉田 これはお願いするしかないですね。ほとんどのお客様が協力してくださっています。本当にありがたいです。

■演劇の「一回性」


佐藤 スポーツやコンサートなどは無観客の試合や公演がありましたが、半分の観客でも俳優にはかなり勝手が違うのではないかと思います。というのも、私が外務省に入って2年目に東京サミットがあったんですね。この時、G7の首脳夫人ら7人に歌舞伎座で歌舞伎を観ていただくことになった。そうしたら、松竹から待ったが掛かったんです。

吉田 そんなことがありましたか。

佐藤 私は裏方で松竹の方と打ち合わせをしていたのですが、彼らから、あなたたちはまったく歌舞伎がわかってない、と。舞台というものは、お客さんと一緒に作っていくものだ、7人しか観客がいないところで歌舞伎役者は演じられない、だから席をいっぱいにしてくれと、それは厳しく言われましたね。

吉田 松竹の方がおっしゃっている通りだと思います。演劇は、興行側だけでは成り立ちません。舞台の上の俳優とお客様に通じ合うものがあって、初めて成り立ちます。

佐藤 あの時はすぐにも席を埋めなければならなかったのですが、一方でセキュリティの問題があった。席を埋めるのに誰でもいいわけではない。

吉田 どうされたのですか。

佐藤 警察学校に頼みました。だから夫人たちの他は全員若い人ばかり、しかも目つきが鋭かったり、体型がいかつい感じだったりで、カップルがいても婦人警官とのコンビです。

吉田 それは見てみたかった(笑)。

佐藤 やっぱり舞台の本質は、観客と共有するその一回性なんですよね。

吉田 はい。演劇は常にお客様に同じ場所、同じ時間に来ていただかないと成り立たない芸術です。そこが絵画や小説、音楽とは違います。その同時性と一回性がお客様の心を動かし、特別な体験となる。

佐藤 私が研究しているキリスト教神学も、実は一回性の研究と言えるんですね。イエス・キリストがこの世に一回だけやってきた。その一回だけの生涯を、何度も何度も解釈し直すというのが神学なのです。

吉田 そうなのですか。お客様が劇場に足を運んでくださる理由も、この一回性の魅力だと思います。

佐藤 私は同志社大学神学部で教えていますが、いま講義をZoomでやっています。でもYouTube配信にはしない。Zoomも録画はできますが、学生たちには、一回だけと思ってやらないと力がつかないよ、一回性は神学に内在している論理だから、と話しています。

吉田 この状況に対応するために、私たちもライブ配信などを考えねばなりません。しかし、演劇の同時性や一回性を、お客様が満足を得られるレベルで代替する技術というのはまだ見つかっていません。

佐藤 ちょっとしたその場の空気の動き、人が笑ったり、ため息をついたりすると、わずかでもそこに風が生じますからね。それはそこにいないとわからない。

吉田 そうです。そこが再現できなければ、演劇にならない。浅利慶太は「劇場からの糧だけで生計を立てる」ことを劇団のモットーとしました。日本では、いまでも演劇だけで生活することは難しく、映像や広告など近接業界との兼業で生きている人がほとんどです。「プロの演劇人」は数少ない。我々は浅利から、プロとして「劇場からの糧だけ」で生きることを叩き込まれて育ちました。そこへこのコロナ禍がやってきた。劇団の「一丁目一番地」を襲われた思いでいます。


■カリスマの後を継いで


佐藤 吉田さんが初めて浅利さんにお会いになったのはいつですか。

吉田 高校2年の時です。通っていた高校の行事で、劇団四季のミュージカル「アプローズ」を観に行きました。当時、私は演劇部の部長だったんです。

佐藤 高校で演劇をされていたんですね。

吉田 そうです。観終わった後に、演劇部の部長だからと、先生や友人に促されて、楽屋へ花束を持って挨拶に伺ったんです。

佐藤 なるほど。

吉田 主演していた前田美波里さんの楽屋を訪ねて花束を渡し、「私も神奈川県出身なのよ」という話を伺っていたら、背後から背の高い男性が接近してくる気配があった。それが浅利慶太でした。「今日はいいお芝居をありがとうございました」と頭を下げたのですが、完全に無視(笑)。そしてすぐ隣の楽屋に入っていったと思ったら、激しい怒鳴り声が聞こえてきた。何かが気に入らなくて、ダメ出しに行ったわけです。それが浅利との初めての出会いですね。と言っても、正確には目撃しただけですが(笑)。

佐藤 高校生としては衝撃ですね。

吉田 厳しい人とは聞いていましたが、迫力は想像以上でした。後年、この話を浅利にしたら、お前は昔から間が悪かったんだな、と言われました(笑)。

佐藤 こうした出会いも一回性です。もし浅利さんが、「高校の演劇、頑張って」とか言ったら、興味も持たなかっただろうし、吉田さんの人生も違うものになったかもしれない。

吉田 学校行事以外にも、自分で小遣いを貯めて劇団四季の舞台を観ていました。観劇した一作に、「ジーザス・クライスト=スーパースター」がありました。イエスを「異化」して描く構造を持っている、ロイド=ウェバーの出世作です。

佐藤 それは神学的にはど真ん中の見方ですよ。

吉田 象徴的なのが「ハンドマイクの使用」でした。当時は出演者が皆、コードのついているマイクを手で持って歌っていた。つまり、これはショウだということですね。このマイクのコードを、群衆役の俳優たちが見事に捌きながら演技をするのです。その動きの完璧さに目を見張りました。あの怒鳴り声がこういう世界を作り出し、演劇のプロをプロたらしめるのかと感じ入りましたね。

佐藤 吉田さんはそこで一つの小宇宙を見たんです。その小宇宙から、世界全体がわかるというような感覚を身体全体に覚えたのではないでしょうか。

吉田 そうかもしれませんね。

佐藤 大学でも演劇をされたんですか。

吉田 演劇研究会には入りましたが、学費を自分で稼がなくてはならなくなって、短期間で辞めてしまったんですよ。

佐藤 演出家とか脚本家は考えませんでした?

吉田 自分で書いた作品を上演したこともありましたが、アマチュアの域を出ていないという自覚はありました。

佐藤 でも就職活動では劇団四季を受けたわけですね。

吉田 あの浅利慶太にもう一度会えるとしたら、就職試験しかないと思ったんです。最終面接まで行けば会えるだろうと思いました。

佐藤 やっぱり強烈な印象が残っていたわけですね。

吉田 大学時代は劇団四季よりも小劇場演劇をよく観ていました。なかでも寺山修司さんに惹かれていたのですが、寺山さんの本にも浅利が出てくるんです。劇団四季にはトラディショナルなイメージを持っていましたが、草創期は前衛だったことを知り、高校時代の興味が蘇りました。せっかくの機会ですし、面接で会えたらいろいろ聞こうと、質問を考えていました。驚いたことに、浅利は1次の集団面接から出てきたのです。2次に進んだら、もう一対一の面接でした。浅利から開口一番、「君は僕の大学の後輩だけど、同じ歳の時には劇団を作ってそれで食っていくことを決めていたよ。君も自分で劇団を作って生きていけばいいじゃないか」と言われたんです。衝撃でしたね。あまりに混乱して何も聞けませんでした。

佐藤 それは後継者を探していたということではないですか。

吉田 どうでしょうかね。採用試験とは、組織が相応しい学生を選抜する場だというイメージを持っていましたが、全く型破りな面接だった記憶があります。

佐藤 いずれ将来、自分が作った劇団を誰かに託さねばならない。その潜在的可能性を見ていたのではないかと思いますよ。

吉田 いま振り返って思うのは、この仕事は非常に厳しい、だから自分が創業するくらいの気持ちじゃないとやっていけないということを間接的に伝えようとしたんじゃないかなと。

佐藤 カリスマ的存在だった浅利さんの後を継がれた吉田さんには、また別の大変さがありますでしょう。

吉田 浅利がいた頃は、とにかく彼についていけばよかった。いまは責任あるメンバーが集まって、一つ一つ協議して決めています。ただ浅利の作った四季のビジネススキームは本当によくできている。ロングランを成功させれば経営も安定しますし、それは新たな魅力ある作品の確保にも繋がります。作品が増えれば俳優たちの出演機会も増え、所得も安定する。そうすると入団を志す若者が増え、出演者のレベルも高くなる。これがお客様を更に満足させて、ロングランが続いていくという循環ですね。

佐藤 それがコロナで揺らいでいるわけではない。

吉田 スキームそのものは変わっていません。コロナが終息すれば、以前のような循環は必ず戻ってくるはずです。ただ、浅利が言っていた「劇場からの糧だけで」の「だけ」の部分は、取らなければいけないかもしれない。演劇の周辺でマネタイズできることには、チャレンジしたいと思っています。でも、変化するのはそれだけ。私たちの中心にあるのはあくまで生の演劇です。演劇そのものは紀元数世紀前から存在し、現在まで生き残ってきた「しぶとい芸術」です。その間には戦禍もあったし、疫病の流行もあった。でも滅びてはいません。それは演劇が持つ魅力を他のどんなものも代替できないからです。技術が進んでも、生の舞台が伝える感動は超えられない。だから演劇という芸術がこの世から消えてなくなることはないはずです。それを信じて、生き残るために定めたプランを一歩ずつ進んでいこうと思っています。

吉田智誉樹(よしだちよき) 劇団四季代表取締役社長
1964年横浜市生まれ。慶應義塾大学文学部卒。87年四季株式会社(劇団四季)入社。主に広報営業関連セクションを担当し、東京、札幌、名古屋、大阪、福岡など四季の拠点都市に勤務。2002年制作部広宣・ネットグループ長、04年執行役員広宣部長、08年取締役広報宣伝担当を経て、14年に浅利慶太氏から社長を引き継ぐ。

「週刊新潮」2020年10月15日号 掲載

関連記事(外部サイト)