日経平均は一時3万円台回復も日銀会合受け大幅反落、中期的傾向はどうか

− 【日経平均株価】テクニカル分析 2021年3月21日 −


■日経平均は一時3万円台を回復するが上値は重い

2021年3月19日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より424円70銭安の29,792円05銭となりました。

17日まで開かれた金融政策を決定する会合で、米連邦準備制度理事会(FRB)がゼロ金利政策を少なくとも2023年末まで続ける見通しが維持されました。これを受けて米株、日本株も買われ、日経平均も18日には終値ベースで30,216円75銭と3万円台を回復しています。

しかし、19日午後に日銀が金融政策決定会合の結果を公表。方針として、上場投資信託(ETF)の買い入れ対象について日経平均連動型を外し、すべて東証株価指数(TOPIX)連動型とすることが明らかになったことから、ファーストリテイリングなど日経平均への寄与度が大きい銘柄が売られました。

今週の動きはどうなるでしょうか。19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比234ドル33セント安の32,627ドル97セントとなりました。

FRBが、新型コロナウイルス危機に対応して導入した銀行の資本規制「補完的レバレッジ比率(SLR)」の緩和を延長せず、予定通り3月末に終了すると発表したことから金融株などが下げています。

米長期金利は一時、1.74%に上昇しました。ゼロ金利政策継続にもかかわらず金利が上昇しています。ハイテク関連銘柄などが売られやすい局面になっています。

ただ、日本株について言えば、相場全体が調整局面になるかというと、そこまでの心配はなさそうです。日銀の公表を受けて19日に日経平均は下落しましたが、逆にTOPIXは上昇しています。また、同日の東証1部の売買代金は概算で4兆4456億円と活況でした。

国内では緊急事態宣言が21日に全面解除され、経済活動再開への期待も高まるところです。旅行・運輸・レジャー・飲食などの業種で需要回復が見込めそうです。さらに金融など景気敏感株も買われる傾向にあります。

米長期金利の動きには注意しながらも業績の改善が見込める銘柄を中心に物色したいところです。

■25日線に下値をサポートされて堅調な動き

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。前週末にローソク足が大きな陽線となり、実体が25日移動平均線を回復しました。先週は、この25日線をキープできるかどうかが注目されました。

実際には、週初は窓をあけて上昇。その後も陽線が続き、18日には終値ベースで30,216円と3万円台を回復しました。19日には大きく下落し陰線となりましたが、25日線付近で下支えされています。

今週以降の展開はどうなるでしょうか。3月上旬に、これまで長期間にわたり下値をサポートされてきた25日線を割り込んでしまいましたが、再び回復したことで、昨年10月末以降続く中期的な上昇トレンドは維持されています。

ただ、このトレンドの調整がそろそろ来そうなところではあります。パターンとしてはいくつか想定できます。10月30日〜2月16日までの上昇の3分の1押し(28,000円付近)はあるかもしれません。ただし、3月5日の安値(28,308円)あたりでの押し目買いを狙っている投資家も多そうです。

一方、1月29日の安値(27,629円)を割ると、中期的な上昇トレンドが崩れるので注意が必要です。短期的には2月16日の高値(30,714円)と3月5日の安値(28,308円)の間でもみ合うことも考えられます。

心理的節目となる30,000円、2月16日の高値(30,714円)あたりを力強く超えてくるようであれば、自信を持って上目線で「買い」で付いていっていいでしょう。まずは今週、このあたりを突破できるかどうか注目したいところです。

関連記事(外部サイト)