「車のニオイ」どうしてる? 芳香剤、消臭剤どちらを選ぶか


みなさんは愛車の臭い、どうしていますか?

全く気にならないから何も置いていないという人もいれば、タバコを吸うから消臭剤を置くという人、そして好きな香りのする芳香剤を買って楽しんでいる、なんて人もいるかと思います。

今回は、愛車の車内の臭いが気になるという人はもちろん、気にならないという人にもお伝えしておきたい「車内の臭いを変える(改善する)」ための芳香剤などの選び方を紹介します。

■自分では意外と気がつかない、車内の臭い

頻繁に車に乗る人の中には、愛車を自分の部屋のように活用しているという人もきっと多いでしょう。このご時世ですから、人との接触を避けるために車を使う機会も増えてきていると思います。

車の中はパーソナルな空間ですから、ファストフードのドライブスルーやコンビニで買ってきたお弁当などを食べることもあるかと思います。こうした食べ物の臭い、自分はよくても、いざ誰かを乗せるなると気になってしまうものです。

また、雨が降った日に使った傘を濡れたまま車内に放置してしまうと、生乾きの嫌な臭いが車内にこもってしまうこともあります。こうした臭いをどう改善していくか、いくつかの方法を見ていきましょう。

■芳香剤と消臭剤、どちらを選ぶ?

カー用品店やディスカウントストアに行くと芳香剤のコーナーがあり、多くのサンプル品が置いてあります。このコーナーで自分好みの香りのする芳香剤を見つけて購入するカーオーナーは多いのではないでしょうか。

ただ、お店で嗅いだときと車内に置いたときで芳香剤が出す香りの感じ方が違って、新しいものを買いなおすということもあるでしょう。香りを楽しみたい人にとっては、これもまた楽しみの一つかもしれません。

しかし、人によって香りの種類に好き嫌いがあったり、芳香剤の香りそのものが苦手という場合もあるでしょう。芳香剤のメリットは自分好みの匂いに包まれるということですが、家族や友人を乗せた際に不快にさせてしまう可能性があるのがデメリットと言えます。

少し考え方を変えてみると、芳香剤は「車内に香りを追加するもの」ということになりますが、嫌な臭いを改善したいのであればその「車内に滞留している臭いを取り除く」のも一つの方法です。

最近では車内に置くタイプの消臭剤も増えています。シート下に置くことで消臭効果があるタイプや、一定時間エアコンを全開にかけた状態で消臭剤を循環させるタイプも出てきました。芳香剤が苦手という人は、香りを追加するという発想から臭いを取り除く発想に転換するのもいいですね。

また、新しく車を購入すると独特の「新車のニオイ」がありますが、これも好き嫌いが分かれます。気になるのであれば、芳香剤で匂いを混ぜてしまうのではなく、消臭剤で取り除いてしまうのも一つの方法ではないでしょうか。

■”アロマ”で車内も自宅と同じ香りに

ところで、自宅でアロマを焚く人もいると思いますが、この香りを車内でも楽しみたいと思ったことはありませんか?

筆者もそのうちの一人。どうにかして車内でアロマを焚きたいと思ってインターネットやカー用品店を探し回り、見つかるまではアロマオイルをティッシュに垂らして車内に置いていたこともありました。

最近は、車で使えるアロマディフューザーが、カー用品メーカーや生活雑貨を扱うお店で売られています。電源は車のシガーソケットから給電するものやUSB電源のもの、充電式のものと多彩なラインナップです。

アロマオイルを持ち歩いたり補充したりする手間はかかりますが、アロマの優しい香りに包まれて運転するのもドライブの楽しみになるかもしれませんね。

■おわりに

臭いの感じ方は人それぞれかと思います。自分の好きな香りに包まれていたいという方は芳香剤やアロマで香りを追加、生活臭やカビ臭などを改善したい方は消臭剤というように、目的によって使い分けをして、快適な車内空間を作ってみてください。

関連記事(外部サイト)

×