【500円で満足盛のお弁当】「丸亀製麺」「かつや」テイクアウトが今すごい


飲食店各社がテイクアウトという新しい販路を開拓し、“自宅で安くお店の味を楽しめる”機会が増えました。このテイクアウト=中食(なかしょく)市場は、これからもどんどん広がりを見せていくはずです。

株式会社Daiが中食を利用したことがある20〜69歳の男女1239名を対象に調査した「新型コロナウイルスの流行による中食利用傾向の変化( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000013191.html )」(調査期間:2020年12月16日〜2020年12月18日)では、中食を利用する目的として「気軽さ・便利」「楽できる・時間の節約」が上位にあげられました。

気軽においしい料理が楽しめて、かつ時短になることが好まれているようです。そこで今回は、SNSなどを中心に話題を集める『丸亀製麺』『かつや』のお得なテイクアウト弁当をご紹介。300円台〜500円台で楽しめるリーズナブルな商品をチェックしてみましょう。

■【丸亀製麺】390円から。打ち立て「丸亀うどん弁当」4種

「丸亀製麺」は、2021年4月13日(火)から全国の丸亀製麺でお持ち帰り限定の打ち立ての『丸亀うどん弁当』全4種を販売。店舗でひとつひとつ手づくりの天ぷらと、このお弁当でしか食べることのできない定番おかず2種(玉子焼き・きんぴらごぼう)を詰め込んだ『丸亀うどん弁当』は390円から。お持ち帰り専用商品のため、行楽のおともに、おうちや職場のランチに、手づくり・できたてのおいしさをどこでも自由に、安心して楽しめます

●2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当 税込390円

ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら2つと、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。

●3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当 税込490円

ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、「えび天」「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら3つと、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。

●4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当 税込620円

ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、「鶏もも天」2個、「えび天」「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら4種類と、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。?

●2種の天ぷらと定番おかずの肉うどん弁当 税込650円

ぶっかけうどん(並・冷)1玉に、肉うどんの「肉」をトッピング。「ちくわ磯辺天」「野菜バラ天」の天ぷら2つと、「きんぴらごぼう」「玉子焼き」付き。

■【かつや】500円台で楽しめるとんかつ・カツ丼

とんかつ専門店の単価はだいたい1,000円超が相場ですが、『かつや』は単価700円台というお手頃さ。特注オートフライヤーで揚げ時間を短縮し、頻繁に油をろ過することで、コストダウンしながら“おいしく・安く”とんかつを提供することが可能なのです。お弁当はさらにお得!

●カツ丼弁当 【梅】税込529円(80gロース)( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/menu/1409/ )

画像出典:かつや公式サイト( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/menu/1409/ )

なんと500円台で楽しめてしまうカツ丼弁当。「すごいボリューム」「本当にコスパが良い」とさまざまな年代の方から人気を集めています。さらにたっぷり量が欲しい方は、【竹】(120gロース・税込702円)( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/menu/1410/ )・【松】(80gロース2枚+玉子2個・税込918円)( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/menu/1411/ )というメニューもおすすめ。

●ソースカツ丼弁当 【梅】税込529円(80gロース)( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/menu/1412/ )

画像出典:かつや公式サイト( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/menu/1412/ )

千切りキャベツとソースの染みたとんかつが食欲をそそる、ソースカツ丼弁当です。「安い食材はスーパーで手に入るけれど、おいしいとんかつを作るのは難しい。それがこの価格で楽しめるなんてありがたすぎる!」と主婦からも好評。こちらも【竹】(120gロース・税込702円)( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/menu/1413/ )が選べます。

■テイクアウトはどんどん進化!もっとテイクアウトを楽しもう

今回ご紹介したテイクアウトメニューのほかにも、各社さまざまな商品を扱っているので、この機会にチェックしてみてください。テイクアウトは今後もさらに進化し、よりおいしく・手軽にお店の味を楽しめるようになるでしょう。テイクアウトを楽しむという目線で、さまざまなお店を探してみてはいかがですか?

●参考資料

  • 株式会社Dai【中食の利用傾向調査】「新型コロナウイルスの流行による中食利用傾向の変化( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000013191.html )」PR TIMES
  • かつや「公式サイト( https://www.arclandservice.co.jp/katsuya/ )」
  • CoCo「壱番屋公式サイト( https://www.ichibanya.co.jp/ )」
  • 丸亀製麺「公式サイト( https://www.marugame-seimen.com/ )」

関連記事(外部サイト)