【スシロー】プロも太鼓判!みんなが好きな「寿司ネタ」ランキングTOP7


業界首位に君臨するスシロー。新型コロナウイルス感染症(COVID?19)の拡大によって、飲食業界が落ち込むなか、スシローは素早くテイクアウトやデリバリーに力を入れ、緊急事態宣言中の落ち込みを最小限におさえました。

スシローを運営する株式会社スシローグローバルホールディングスが2021年2月5日に発表した「2021年9月期第1四半期決算短信( https://ssl4.eir-parts.net/doc/3563/tdnet/1927527/00.pdf )」によると、売上収益は59,529百万円(前年同期比6.8%増)や、営業利益に至っては7,008百万円(前年同期比44.9%増)と、コロナ禍でありながら着実に伸びてきています。

スシローが業界NO.1である理由は、一流の寿司職人ですら「おいしい」と認めるほどのネタの鮮度や質が良いことに加え、いち早くIT化を取り入れたことです。世界初の回転すし総合管理システム導入で、ネタの売れ行きをリアルタイムで把握したり、客層に合わせてレーンに流すネタの種類を変更したりと、おいしい寿司を提供できるように徹底管理されています。

では、ここまでこだわったスシローのネタの中で、なにがおすすめなのか気になりますよね。今回はリピーター続出の人気ネタが並んだ、一番おいしい寿司ランキングTOP7を発表します。あなたの好きなネタはランクインしているのか、早速チェックしてみましょう!

■みんなが好きな寿司ネタランキング第7〜6位

●第7位

牛塩カルビ 141 kcal   110円(税込)( https://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/ )
やわらかい牛カルビを塩とコショウで味つけした一品。寿司というとシンプルなネタが多いですが、ときにはガツンと食べたいですよね。そんな気分のときに満たされるネタが選ばれました。意外とシャリとの相性が良く、カルビでもさっぱり食べられます。肉系のお寿司になじみのない人も、ハマるおいしさです。いつもと違うネタが食べたいときに注文してみて!

●第6位

本鮪赤身  79 kcal   165円(税込)( https://www.akindo-sushiro.co.jp/m/menu/detail.php?id=683&mcat=3&page=4 )
高級本マグロが165円という破格の値段設定に、スシローの本気度が見える一品。赤字覚悟のネタが回転すしで食べられるなんて、驚きですね。冷凍マグロは塩水につけながら解凍をしているので、ドリップが出ずにうま味をギュッと閉じ込めています。

■みんなが好きな寿司ネタランキング第5〜4位 

●第5位

サーモン  95 kcal   110円(税込)( https://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/ )
子どもからの人気も高いサーモンが5位でした。スシローのサーモンは甘味が強く、あぶらもしつこくないので、何皿でも食べられる一品です。サーモンを使った寿司は何種類もありますが、まずは定番から食べはじめると、味の変化が楽しめますよ。

●第4位

いくら 81 kcal  110円(税込)( https://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/ )
プチプチとはじけるいくらが乗った、軍艦巻きです。しょうゆに漬け込み、いくら特有のしょっぱさが甘めのシャリと良く合います。口コミでも「110円はお得」と、いくらのクオリティから考えても安すぎると評判です。

■みんなが好きな寿司ネタランキング第3〜2位 

●第3位

えびアボカド 116 kcal   110円(税込)( https://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/ )
えびとアボカドの絶妙なハーモニーにハマる人続出。スシローから、このコンビが好きになった人もいるのではないでしょうか。オニオンスライスとマヨネーズソースが良いアクセントになっています。ネタがたっぷり乗っているので、お腹も満たされそうですね。

●第2位

まぐろ 80 kcal   110円(税込)( https://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/ )
回転すしの定番といえば、まぐろという人も多いはず。漁獲後すぐに凍らせることで、鮮度を保つことができます。赤身の中でも貴重な部位「天身」を使用していて、筋は少なく、濃厚な甘みを感じることができます。

■みんなが好きな寿司ネタランキング第1位!

●第1位

はまち 111kcal   110円(税込)( https://www.akindo-sushiro.co.jp/menu/ )

栄えある1位には『はまち』が輝きました。スシローこだわりの鮮度が感じられるネタとして知られるはまちは、工場加工ではなく店内で皮引きを行います。細かな手間をかけることが、ランキングに反映されているのかもしれませんね。

スシローで一番おいしい寿司ランキングTOP7をご紹介しました。どのネタも、スシローマニアなら納得できる結果になったはず。今回のランキングにランクインしたネタだけでなく、期間限定商品も気になる商品ばかりです。

年間600種類の商品開発に力を注いでいるスシロー。その中から約70種類ほどが販売されているといいます。この開発のおかげで、いままで回転すしで見たことのないネタが私たちを楽しませてくれます。まだ食べたことがない寿司があれば、一度挑戦してみてくださいね。業界トップの実力が見えるかもしれませんよ。また、テイクアウトで購入できるネタも多く取り揃えているので、プロも納得の味をぜひ堪能してみてくださいね。

●参考資料

  • 株式会社あきんど「スシロー公式サイト( https://www.akindo-sushiro.co.jp/ )」

関連記事(外部サイト)