【クレカ比較】VIASOカードとリクルートカードはどちらがポイントの貯めやすいクレカか


今回はクレジットカードマニアの筆者がスペックやSNSでの意見をもとに、VIASOカードとリクルートカードを比較していきます。

せっかくクレジットカードを使うなら少しでもお得に、便利に使いたい方の参考に少しでもなれば幸いです。

■VIASOカードとリクルートカードを比較

それでは早速、VIASOカードとリクルートカードを比較していきましょう。まずは比較表をご覧ください。

拡大する

【徹底比較】VIASOカードとリクルートカードの年会費とポイント

この表ではクレジットカード選びに重要な、年会費とポイント還元について比較しています。続いてこちらの表をご覧ください。

拡大する

【徹底比較】VIASOカードとリクルートカードの付帯サービスと電子マネー機能、スマホ決済

この表では、カードの付帯サービスと電子マネー機能、スマホ決済について比較しています。

●共通していること

まずは共通していることをおさえておきましょう。年会費はVIASOカードもリクルートカードも無料になっています。年会費を気にせずに使えるクレジットカードです。

追加カードは両クレカともETCカード、家族カードに対応しています。また、スマホ決済はApple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応しています。

また、海外旅行損害保険が付帯しており、両クレカとも最高2000万円までの補償がついています。

●国際ブランドの違いについて

VIASOカードはMastercardのみです。一方でリクルートカードはVISA、Mastercard、JCB、銀聯(UnionPay)に対応しています。

●ポイント還元の違い

VIASOカードは1000円につき5ポイント貯まり、還元率は0.5%です。携帯電話、インターネット、ETCの利用でポイントが2倍になります。

リクルートカードは100円(税込)につき1.2ポイント貯まり、還元率は1.2%です。ポンパレモールでの利用で4.2%の還元があります。

●付帯保険の違い

海外旅行損害保険が付帯しており、両クレカとも最高2000万円までの補償がついていますが、リクルートカードは国内旅行損害保険も付帯しており、最高1000万円の補償がついています。

また、両クレカショッピング保険が付帯しており、VIASOカードは100万円まで、リクルートカードは200万円までの補償がついています。

●電子マネーについて

VIASOカードは電子マネーに対応していません。リクルートカードはiD、WAONに対応しています。

■SNSでも話題の両クレカ

両クレカ、SNSでも話題になっているのでいくつかピックアップします。

●VIASOカード

  • 「貯まったポイントは自動でキャッシュバックされるのがいい。」
  • 「ポイントがオートキャッシュバックされるからわかりやすい。」

●リクルートカード

  • 「100円で1.2ポイント貯まるから還元率は高いと思う。」
  • 「常時1.2%の還元は大きいです。」

このように、VIASOカードはオートキャッシュバック機能が、リクルートカードは還元率が喜ばれています。

■まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。今回はVIASOカードとリクルートカードを比較しました。少しでも参考になれば幸いです。

拡大する

藤原の各クレカ注目点まとめ

最後に、私の視点から今回ご紹介したクレジットカードの注目点をポイント還元率や有効活用方法、意外な付加サービスをまとめています。少しでもクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

●参考資料

  • VIASOカード( https://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/index.html )
  • リクルートカード( https://recruit-card.jp/ )

関連記事(外部サイト)