日経平均大幅反落、ダウ平均も反落のなか今週は企業決算が本格化

− 【日経平均株価】テクニカル分析 2021年8月1日 −


■新型コロナの新規感染急拡大で軟調

2021年7月30日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より498円83銭安の27,283円59銭でした。1月6日以来の安値です。下げ幅は一時500円を超えました。

週末で月末であることや、6日に7月の米雇用統計の発表を控えていることから、持ち高調整や利益確定の売りが出やすい局面でした。

さらに、国内で新型コロナウイルスの新規感染が急増し、大阪府などに緊急事態宣言が追加発令される見通しとなったことから、経済活動再開が後退すると投資家の心理が悪化し、売りが広がりました。

今週の動きはどうなるでしょうか。国内での新型コロナ新規感染者数は29日、初めて1日あたり1万人を超えました。感染拡大に歯止めがかかりません。さらに海外でも、感染力の高いデルタ株による感染が広がっています。

それにもかかわらず米株は依然として高値圏を維持し、ダウ工業株30種平均、S&P500種株価指数、ナスダック総合指数のいわゆる主要3指標は最高値更新を続けています。日本株だけ出遅れ感がありました。

ただ、30日の米株式市場でダウ平均は反落し、前日比149ドル06セント安の34,935ドル47セントで終えています。29日に発表されたアマゾン・ドット・コムの2021年4〜6月期決算で、売上高が市場予想を下回ったことが投資家に嫌気されました。日本株も週初から連れ安になる可能性があります。

しかし、ここから売り目線に転じたほうがいいかというと判断は難しいところです。というのも、日本株も米株も、一部の大型株につられて下落しているものの、個別の銘柄を見ると高安まちまちといったところ。中には大きく値を上げているセクターや銘柄もあります。

今週からは4〜6月期の決算発表が本格化します。コロナ禍にもかかわらず業績堅調の企業もあり、中でも製造業では通年の業績予想を上方修正する企業が目立ちます。方向性が出しづらいところですが、業績のいい銘柄を中心に物色し、チャンスを生かしたいところです。

■200日移動平均線も割り込む、短期的には下降トレンド

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。週初26日は窓をあけて上昇して寄り付きましたが、その後は陰線となりました。

ただ、終値ベースでローソク足の実体が5日線を割らなかったことから、翌日以降の反発が期待されました。そのとおり、翌日は陽線となりましたが、週の中盤に陰線となり5日線も再度割り込んでしまいました。

今週以降の展開はどうなるでしょうか。短期足を見ると、6月15日に戻り高値を付けて以降は高値を更新できていません。一方で、安値は切り下がっています。7月30日には直近の安値である、7月9日の安値(27,419円)を下回ってしまいました。

短期的にはチャートの形は下降トレンドになっています。ここから積極的に買いに回るのは若干リスクがあるでしょう。ただ、中長期的に見るとしっかりとした上昇トレンドの形になっており、直近の調整は上昇一服といったところ。反発狙いで仕掛けておくという戦略もあります。

少し気になるのは、昨今の調整局面により200日線(27,800円付近)も割り込んでしまっていることです。このまま200日線を回復できないと、中長期的にも売り側に回る投資家が増えてきます。

反発の判断基準として、節になりそうなのは、まずは200日線(27,800円付近)や、心理的節目となる28,000円、25日線(28,300円付近)、75日線(28,700円付近)になるでしょう。判断が難しいようであれば、25日線を挽回してから買い出動しても遅くはないでしょう。

関連記事(外部サイト)