【クレカ比較】「ビュー・スイカ」カードと三井住友カード(NL)はどちらがポイントを貯めやすいクレカか


今回はクレジットカードマニアの筆者がスペックやSNSでの意見をもとに、「ビュー・スイカ」カードと三井住友カード(NL)を比較していきます。

新型コロナウイルスの影響で、現金に直接触れることへの懸念からキャッシュレスに注目が集まり普及が進みました。クレジットカードひとつあるだけで、スマホ決済ができたり、電子マネーが使えたりQRコード決済の引き落としができたりと、キャッシュレスの幅が広がります。

せっかくクレジットカードを使うならよりお得に便利に使いたい方に、少しでも参考になれば幸いです。

■「ビュー・スイカ」カードと三井住友カード(NL)を比較

それでは早速、「ビュー・スイカ」カードと三井住友カード(NL)を比較していきましょう。まずは比較表をご覧ください。

拡大する

【徹底比較】「ビュー・スイカ」カードと三井住友カード(NL)の年会費とポイント

この表ではクレジットカード選びで重要な年会費とポイント還元について比較しています。続いてこちらの表をご覧ください。

拡大する

【徹底比較】「ビュー・スイカ」カードと三井住友カード(NL)の付帯サービスと電子マネー機能、スマホ決済

この表では、カードの付帯サービスと電子マネー機能、スマホ決済を比較しています。

●年会費の違い

まずは年会費の違いについてです。「ビュー・スイカ」カードの年会費は524円となっています。三井住友カード(NL)の年会費は無料です。

●国際ブランドの違い

両クレカとも、VISA、Mastercardに対応しています。「ビュー・スイカ」カードはそれに加えて、JCBに対応しています。

●ポイント還元の違い

続いてポイント還元の違いについてです。「ビュー・スイカ」カードは1000円につき5ポイント貯まり、還元率は0.5%です。オートチャージ利用時には1000円につき15ポイント貯まるので還元率は1.5%になります。

三井住友カード(NL)は200円につき1ポイント貯まり、還元率は同じく0.5%です。コンビニ3社(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)とマクドナルドでタッチ決済利用時に5%の還元があります。

●付帯保険について

続いて付帯保険についてです。付帯保険はそれぞれ内容に違いがありますので、みていきましょう。

「ビュー・スイカ」カードは海外旅行損害保険が最高500万円、国内旅行損害保険が最高1000万円となっておりショッピング保険は付帯していません。

三井住友カード(NL)は海外旅行損害保険が最高2000万円、ショッピング保険が100万円まで付帯しています。国内旅行損害保険が付帯していません。

●電子マネーについて

電子マネーについてもそれぞれ対応が異なります。「ビュー・スイカ」カードはSuicaに対応しており、三井住友カード(NL)はiD、PiTaPa、WAONに対応しています。

●スマホ決済について

両クレカとも、Apple Pay、楽天ペイに対応しています。それに加えて三井住友カード(NL)はGoogle Payに対応しています。

■SNSでも話題の両クレカ

両クレカ、SNSでも話題になっているのでいくつかピックアップします。

●「ビュー・スイカ」カード

  • 「Suicaを日常的に使うのでオートチャージで還元率が高くなるのは助かります。」
  • 「オートチャージ便利だし、ポイントも貯まるので一石二鳥。」

●三井住友カード(NL)

  • 「コンビニとマック専用カードにしています。」
  • 「還元率が高いからコンビニとマクドナルドで使用しています。」

このように、「ビュー・スイカ」カードはオートチャージでの還元率が、三井住友カード(NL)はコンビニとマクドナルドでの還元率が喜ばれています。

■まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。今回は「ビュー・スイカ」カードと三井住友カード(NL)を比較しました。少しでも参考になれば幸いです。

拡大する

藤原の各クレカ注目点まとめ

最後に、私の視点から今回ご紹介したクレジットカードの注目点をポイント還元率や有効活用方法、意外な付加サービスをまとめています。少しでもクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

●参考資料

  • 「ビュー・スイカ」カード( https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html )
  • 三井住友カード(NL)( https://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp )

関連記事(外部サイト)