【クレカ比較】「ビュー・スイカ」カードとリクルートカードはどちらがポイントを貯めやすいクレカか


今回はクレジットカードマニアの筆者がスペックやSNSでの意見をもとに、「ビュー・スイカ」カードとリクルートカードを比較していきます。

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、現金に直接触れることへの懸念から、キャッシュレスに注目が集まり、普及が進みました。クレジットカードも古くからあるキャッシュレスのひとつですが、クレジットカードがひとつあるだけで、スマホ決済ができたり、電子マネーが使えたり、QRコード決済の引き落としにできたりとキャッシュレスの幅が広がります。

せっかくクレジットカードを使うならよりお得に、さらに便利に使いたい方に少しでも参考になれば幸いです。

■「ビュー・スイカ」カードとリクルートカードを比較

それでは早速、「ビュー・スイカ」カードとリクルートカードを比較していきましょう。まずは比較表をご覧ください。

拡大する

【徹底比較】「ビュー・スイカ」カードとリクルートカードの年会費とポイント

この表ではクレジットカード選びに重要な年会費とポイント還元について比較しています。続いてこちらの表をご確認ください。

拡大する

【徹底比較】「ビュー・スイカ」カードとリクルートカードの付帯サービスと電子マネー機能、スマホ決済

この表では、カードの付帯サービスと電子マネー機能、スマホ決済について比較しています。

●年会費の違い

まずは年会費の違いについてです。「ビュー・スイカ」カードの年会費は524円です。一方でリクルートカードの年会費は無料となっています。

●国際ブランドの違い

両クレカとも、VISA、Mastercard、JCBに対応しています。それに加えてリクルートカードは銀聯(UnionPay)に対応しています。

●ポイント還元の違い

続いてポイント還元の違いについてです。「ビュー・スイカ」カードは1000円につき5ポイント貯まり、還元率は0.5%です。オートチャージ利用時には1000円につき15ポイント貯まるためその際は還元率は1.5%になります。

リクルートカードは100円につき1.2ポイント貯まり、還元率は1.2%です。また、ポンパレモールでの利用で4.2%の還元があります。

●付帯保険について

付帯している保険にはそれぞれ補償金額などが違います。「ビュー・スイカ」カードは海外旅行損害保険が最高500万円、国内旅行損害保険が最高1000万円、ショッピング保険は付帯していません。

一方でリクルートカードは海外旅行損害保険が最高2000万円、国内旅行損害保険が最高1000万円、ショッピング保険が200万円まで付帯しています。

●電子マネーについて

「ビュー・スイカ」カードはSuicaに対応しており、リクルートカードはiD、WAONに対応しています。

●スマホ決済について

両クレカとも、Apple Pay、楽天ペイに対応しています。それに加えてリクルートカードはGoogle Payに対応しています。

■SNSでも話題の両クレカ

両クレカ、SNSでも話題になっていましたのでいくつかピックアップします。

●「ビュー・スイカ」カード

  • 「オートチャージでもポイント貯まるのがいい。」
  • 「オートチャージ利用のときは還元率が高いです。」

●リクルートカード

  • 「常時1.2%の還元率があるので、カードをつくりました。」
  • 「還元率が決め手となって、メインカードにしています。」

このように、「ビュー・スイカ」カードはオートチャージでの還元率が、リクルートカードは常時1.2%の還元率が喜ばれていることがわかります。

■まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。今回は「ビュー・スイカ」カードとリクルートカードを比較しました。少しでも参考になれば幸いです。

拡大する

藤原の各クレカ注目点まとめ

最後に、私の視点から今回ご紹介したクレジットカードの注目点をポイント還元率や有効活用方法、意外な付加サービスをまとめています。少しでもクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

●参考資料

  • 「ビュー・スイカ」カード( https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html )
  • リクルートカード( https://recruit-card.jp/ )

関連記事(外部サイト)