車は今も子どもの憧れ。脱炭素時代に「車離れ」は止められるか


内閣府が2020年9月に発表したレポート「人口要因に着目した自動車保有台数と新車販売台数の将来推計」によれば、首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)での世帯あたり自動車保有台数は0.71台と、1台を下回っています。

首都圏以外の地域の世帯当たり保有台数の平均は1.24台ですから、人口が集中する首都圏で自動車離れが顕著であることがわかります。

大都市では駐車場代をはじめ何かと出費がかさむので、収入が伸びない中では車離れが進むのはやむをえないのかもしれません。また、都市部は公共交通機関が整っていることも、車の購入に気持ちが傾かない原因の一つでしょう。

■「大人になったら1番最初に買いたいもの」

上記の調査では、今後10年で新車販売台数は1割程度減少すると推計されています。とはいえ、自動車産業は日本経済の中心。国内市場でこのまま車離れが進むのは決して喜ばしい事態ではないでしょう。

しかし、暗い話題だけでもないようです。第一生命保険が30年以上にわたり子どもを対象に実施しているアンケート「大人になったらなりたいもの」のスピンオフ企画、「大人になったら1番最初に買いたいもの」では、「車」が1位に輝いたのです。

ちなみに、このスピンオフ企画のアンケートは新型コロナウイルスによる臨時休校直前の2020年2月に行われているため、コロナ禍による意識変化等の影響はほぼないものと考えられます。

■男子も女子も「車」がトップ

では、「大人になったら1番最初に買いたいもの」のトップ3を男女別に見てみましょう(調査対象:全国の未就学児および小学生、1000サンプル)。

【男子のトップ3】

  • 1位 車(33.6%)
  • 2位 ゲーム機(14.8%)
  • 3位 スマートフォン(7.4%)

【女子のトップ3】

  • 1位 車(14.4%)
  • 2位 スマートフォン(13.0%)
  • 3位 洋服、家(9.6%、同率3位)

スマートフォンは子どもにとって身近であり魅力的なツールです。しかし小学校高学年になると、あるいは中学入学とともに自分用のスマホを買ってもらっている子もいるため、「大人になったら最初に買いたいもの」と考えるほど遠い存在ではありません。

対して、自動車の場合は普通免許取得が18歳以上と定められています。値段も高額ですから、まさに子どもにとって「大人にならないと買えないもの」の代表格といえるでしょう。

このように、子どもたちの中では性別を問わず根強い車への憧れがあります。子どもの頃の気持ちが、大人になったときに車の購入意欲に直接つながるというわけではありませんが、少なくとも車そのものへの興味が失われているというわけではないようです。

■新技術やカーシェアリングなど時代の転換期

前述のように、都市部では公共交通機関の発達や維持費の問題もあり、地方のように自動車を保有する必然性を感じにくい環境です。その一方で、カーシェアリングの普及により、利用したいときにだけ自動車に乗ることのハードルは格段に低くなりました。

また、昨今さまざまな場面で取り沙汰されている「脱炭素化」により、自動車メーカーは電気自動車や水素エンジン車などの新技術開発に力を注いでいます。こうした新たな分野への挑戦と競争は子どもにとって魅力的に映り、自動車産業に興味を抱くきっかけにもなります。

かつてのスーパーカーブーム、バブル期からバブル崩壊期に重なるF1ブームなどを自動車産業は作り出し、高級車は今でも変わらず憧れの存在です。子どもたちのアンケート結果を見ても、車は免許を取得した大人しか運転できない特別な存在であることに変わりはありません。

少子高齢化の中、自動車産業は衰退を免れないという暗い見方で捉えることも多いですが、自動運転も含め大きな変革期を迎えようとしている中、いかに車の魅力を子どもたちにアピールしていくかも大切なミッションといえるでしょう。

●参考資料

  • 人口要因に着目した自動車保有台数と新車販売台数の将来推計( https://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2020/0916/1242.pdf )(内閣府)
  • 大人になったら1番最初に買いたいものアンケート調査結果(P4〜5)( https://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2020_010.pdf )(第一生命保険株式会社)
  • 車は子どもの憧れ?( https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58680350Q0A430C2CR8000/ )(2020年5月1日、日本経済新聞)

関連記事(外部サイト)