売り切れ必至?【業務スーパー】低糖質で高タンパクな豆腐皮(トウフーピー)がテレビ番組で紹介されて注目


「毎日がお買得」をコンセプトに、大容量&高コスパで人気の「業務スーパー」。全国922店舗(2021年4月時点)で全国に展開しているので、お店を利用したことがある人も多いのでは。とくにSNSを中心に人気を集めており、節約を考えている皆さんにはすでにおなじみのことと思います。

今回は、朝の情報テレビ番組で紹介され注目の、業務スーパー「豆腐皮(トウフーピー)」についてご紹介します。筆者もたまたま見かけたのですが、高タンパク、低糖質で健康にも良さそうとのこと。どんな食材なんでしょうね?

拡大する

筆者自宅近くの業務スーパーでは、テレビ放送の影響かほぼ売り切れ状態でした

■豆腐皮(トウフーピー)

業務スーパーの公式サイトによれば、「中国料理の前菜や炒め物で使われる豆腐皮(トウフーピー)」「食感が良く、大豆の旨味がたっぷり味わえるのが魅力です」「本場中国では、炒めたり、ゴマ油などと和えたりして食べるのが一般的」とのこと。

拡大する

画像出典:業務スーパー公式( https://www.gyomusuper.jp/item/detail.php?go_id=4152 )

原材料名を確認すると、記載があるのは「大豆(遺伝子組み換えでない)」そして「凝固剤(塩化Ca、塩化Mg)」のみ。凝固剤というのは豆腐を作る際に豆乳を固まらせるために入れるものなので、事実上「お豆腐を麺のように引き伸ばしたもの」ということになりますね。

■気になる栄養素は

業務スーパーの豆腐皮、栄養成分表示を見てみると、100gあたりのカロリーは198kcal。たんぱく質20.3g、脂質10.8g、炭水化物5gとなっておりました。

一般的な麺類としてうどんと比較してみますと、森永製菓のウェブサイトによれば、ゆでうどん100gあたりのカロリーは105kcal、たんぱく質2.6g、脂質0.4g、炭水化物21.6g。

実はカロリーでいえばうどんが半分程度となっているんですね。一方で注目したいのはたんぱく質と炭水化物。たんぱく質で見ると10倍程度、炭水化物は4分の1程度になっていて、いわゆる「低糖質・高タンパク」。まあ実質、豆腐と思えばそのあたりは納得できるところではあります。

■「レンチンすると…」

ツイッターでの口コミを見てみると、

・「業務スーパーの冷凍コーナーにひっそり置かれている豆腐皮はレンチンすると低糖質スナックになります」(@IMAGINI_MAXさん)

・「昨日作った芋煮に業務スーパーで買った豆腐皮スライス入れてスープジャーで持って来たけど食べごたえと味においてこれが一番かもしれない」(@dongzocoさん)

・「歯応えがモキュモキュした感じのお麩みたいな。私はこれ大好きで、いろんな味でアレンジして食べたい」(@HotsuKitchenさん)

といろいろなアレンジで楽しまれている様子でした。公式サイトではレシピも公開されているので、気になる方は挑戦してみてはいかがでしょう。

■業務スーパー

業務スーパーを運営する神戸物産が9月24日に発表した「月次IRニュース」によれば、8月の売上高は300億8300万円で前年比111.5%と好調、上期決算全体で見ても前年比109.7%。各種メディアやSNSでの露出が好調さを後押ししているそうです。

■参考資料

神戸物産「月次IRニュース」( https://www.kobebussan.co.jp/upload/ir/IRNews/695/695_20210924.pdf )
森永製菓「うどんのタンパク質量・栄養素について解説!」( https://www.morinaga.co.jp/protein/columns/detail/?id=196&category=health )

関連記事(外部サイト)