【猫好き必見】「にゃんトーク」の開発元は何者?調べてみた


猫を飼っている人であれば、一度は「飼い猫の言っていることを知りたい」と思ったことがあるでしょう。そんな中「にゃんトーク(MeowTalk)」というアプリが「猫の病気に気づくきっかけになった」など、各種メディアで一躍話題となりました。

2014年頃にはFacebook上の診断アプリなどで必要以上の個人情報を取得するケースが実際にありましたので、利用者としては「にゃんトーク」のプライバシー保護体制も気になるところです。

今回は「にゃんトーク」を開発した企業について調べ、アプリのプライバシー保護体制についてもまとめてみました。

■「にゃんトーク」開発元・Akvelon社について

「にゃんトーク」は正式名称を「Meowtalk」といいます。開発元は、iOS・AndroidのそれぞれのアプリDLページから確認でき、いずれも「Akvelon」社が開発しているという表記になっていました。

Akvelon社はシアトルにほど近い、ワシントン州ベルビューに本社を置く、2000年創業のアプリ開発企業です。「にゃんトーク」のような機械学習プロダクトの他にも、AR・VR領域のプロダクトも開発しており、一定以上の技術力がある企業です。

事実、「にゃんトーク」の開発者であるハビエル・サンチェス氏(Javier Sanchez)はAmazonにて、バーチャルアシスタントAlexa(アレクサ)の開発チームに所属していた経験があります。この点からもAkvelon社の技術力水準が伺えるでしょう。

Androidはアプリストアの仕様上、最新のアップデート以外は履歴が確認できませんので、過去のアップデート履歴が確認できるiOS版準拠で「にゃんトーク」の主なアップデート状況を確認してみました。

  • 2020年7月30日:iOS版リリース(英語版)
  • 2020年9月28日:有償機能の追加
  • 2021年4月29日:韓国語対応
  • 2021年5月10日:日本語・中国語・タイ語対応

なお、「にゃんトーク」のGoogle検索トレンドが急激に伸びたのは2021年10月3日〜9日の週ですので、日本語対応してから日本で話題になるまでに約5か月の期間があったことがわかります。

アプリとして、会社として開発を継続するための十分なニーズがあることは2020年9月の有償機能リリース段階で十分検証が終わっていたものと推察されます。2021年4月以降は、多言語対応に注力しており、機能やユーザー体験の改善も一通り終わった状態で多くの人の目に自然に触れさせることができています。開発体制・プロモーション方法としては非常に理想的で、アプリ開発に携わる筆者としては「こうありたい」スケジュール感です。

■我が家でも「にゃんトーク」を使ってみた

我が家でも猫を2匹飼っていますので、2匹の猫に対して実際に「にゃんトーク」を使ってみました。「にゃんトーク」は複数猫の登録に対応しており、猫ごとにデータを登録しておけます。猫選択画面にて、すでに飼い猫を登録している場合でも「近所の猫」が必ず残っていて選べるところに「猫好き」が作ったアプリであることを感じました。

猫飼い以外には共感されづらい点として、猫飼いは自分の飼い猫ももちろん大好きなのですが、「近所の猫」や「猫カフェの猫」などの「よその猫」も好きなのです。

拡大する

鳴き声が大きめの方の猫(ノルウェージャンフォレストキャット・雌)の鳴き声は即座に翻訳され、「ママ、どこにいるの?」「邪魔しないで!」などど、「こういうことを言っているのかな」と思うような内容が表示されていました。

拡大する

一方、鳴き声がか細い方の猫(マンチカン・雄)については、何度マイクを向けても「猫の鳴き声」と認識されず、未だに翻訳に成功していません。認識されやすい鳴き声とそうでない鳴き声があるものと考えられます。我が家のマンチカンの標準的な鳴き声である「ナン……」という鳴き声ではダメなようです。

なお、「人間が猫の鳴きまねをした」程度では、アプリには認識されません。実際の猫の鳴き声を聞かせて楽しみましょう。

余りにも翻訳結果が違う場合は、アプリから「翻訳内容の修正」も行えますので、必要に応じて調整してみるのが良いでしょう。とはいえ、あくまでも翻訳結果は「お遊び」として「参考にする」程度が良いと思います。

■プライバシー面は大丈夫なの?

では、このように複数の猫の情報登録に対応している「にゃんトーク」のプライバシー面はどの程度の安全性なのでしょうか。Akvelon社のプライバシーポリシー記載を参考に検討してみます。
最も気になるのはこの記載でしょう。この箇所では「個人情報の保管場所」について言及しています。

WHERE WE STORE YOUR PERSONAL DATA

All information you provide to us is stored on our secure servers or at our third party data centers.

Unfortunately, the transmission of information via the internet is not completely secure. Although we will do our best to protect your personal data, we cannot guarantee the security of your data transmitted to our site; any transmission is at your own risk. Once we have received your information, we will use strict procedures and security features to try to prevent unauthorized access.

言われてみると確かにその通りではありますが、「インターネットによる情報の送信は完全に安全ではありません」「いかなる送信もお客様自身の責任で行ってください」と明言されています。Akvelon社は情報を受け取った後については「当社がお客様の情報を受け取った後は、厳格な手順とセキュリティ機能を用いて、不正なアクセスを防ぐよう努めます。」と記載されているものの、それまでの経路については保証しないという書き方になっています。

インターネット上に接続されるシステムを使う以上、「絶対安全」ということはありません。また、アプリ起動時にこれらのプライバシーポリシーが明示されており、これらに同意してから機能が使える流れになっているので、「にゃんトーク」の機能が使える段階でこのリスクについては同意していることになります。

どうしても情報漏洩が気になる方の場合は、「にゃんトーク」の利用および、起動を控えるのが良いでしょう。今のところ、明示的に「にゃんルームモード」(固定の場所に設置して猫の声を収集するモード)にしない限りは、音声などの情報を収集し続ける挙動は確認されていないので、「にゃんルームモードにしない」「起動しない」「アプリを削除する」「アプリのマイク・カメラの使用権限を制限する」で十分防げる範囲だと言えそうです。

■参考資料

  • にゃんトーク(Android版)( https://play.google.com/store/apps/details?id=com.akvelon.meowtalk )
  • MeowTalk Cat Translator(iOS版)( https://apps.apple.com/jp/app/meowtalk-cat-translator/id1524038030 )
  • Akvelon社 公式サイト( https://akvelon.com/ )
  • Akvelon ”CONTACT US”( https://akvelon.com/company/contact-us/ )
  • Googleトレンド「にゃん トーク アプリ」( https://trends.google.co.jp/trends/explore?geo=JP&q=%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93%20%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%20%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA )
  • Akvelon ” AKVELON PRIVACY POLICY”( https://akvelon.com/privacy-policy/ )

関連記事(外部サイト)