【ミニマリストの節約術】多くの人が見落としがちな、節約の基本3つとは…?SNSでは共感の声


世の中に星の数ほどある“節約術”。なのですが、試してみてもなかなか出ていくお金が減らない…と感じている人もおられるかもしれません。そんな場合は、細々としたテクニックを追いかけるよりも、当たり前の基本から見直してみてはいかが?

“ミニマリスト兼業主婦”として、生活の知恵や心得をブログ( https://sakaguchiyuko.blog.jp/ )やSNSで発表している、阪口ゆうこさん(@homebyrefreshers( https://www.instagram.com/homebyrefreshers/ ))。SNSに投稿した『当たり前の節約術』に注目が集まっていました。ミニマリストが重要視する、節約の基本中の基本とは…?

■多くの人ができていない「基本」

阪口さんが投稿した「当たり前の節約術」は、大きく3つ、「とんでもなく当たり前だけど、多くの方が体現していない節約術」とのことです。とっても気になりますね…。順を追って紹介していきましょう。

■家を好きな場所にする

拡大する

拡大する

「この服、可愛いな…」「疲れたからお茶でも」。共感いただけると思うのですが、外出とはすなわちお金を使う行為。一方で、自宅が快適だと、ずっと家にいたくなります。さすれば、無駄遣いは減る。

阪口さんが目指すのは、「世にも明るい引きこもり」だそう。「お金を使いたくないから家にいなきゃ」でなく「家が好きだから結果お金を使わない」となるのが理想ですもんね。

■自分から欲しいもの探しをしない

拡大する

拡大する

これもあるあるかもしれません。自宅にいて暇なとき、ついつい楽天やAmazonをダラダラ見ちゃいません?「あ、これほしいかも」と悩んだら、とりあえずショッピングカートに入れて様子見。たしかにこれではいつまでたっても節約できませんね。

ほしいと思ったら、とりあえず『気のせい』と声に出してみましょう。本当に気のせいに思えてきます。

■暇をつくらない

拡大する

拡大する

「貧乏暇なしという言葉があるけど、お金持ち暇ありってことではない」。これ額に入れて飾りたい名言ですね。暇だしどこか遊びにいこうか、旅行でもいこうか…そんなこと考えないくらいに予定を入れていきましょう。

節約につながる、ミニマリストの基本的な発想の数々。参考になった方も多いのではないでしょうか。どんな思いで投稿したのか、阪口さんにお話を聞いてみました。

■投稿者さんインタビュー

――節約する際の心構えとして、とても本質的な内容だと感じました

「節約や貯金や投資は、もはや頭脳戦に感じてます(笑)もう、それに付いていけないっていうことが、恥ずかしいですが、正直なところです。

なので自分ができる王道のことを書こうと思って投稿しました。同じ思いの人少なくないと思ってます」。

――3つのうちでも、特に大切と思うものは?

「基本的なところですが、1つ目の家を最高の場所に、というものです。いろんなことが好転した!という喜びが大切ですね」。

――共感の声がたくさん寄せられていました

「皆さまのコメントとても嬉しいです!やりとりも楽しいー!あたたかい共感コメントもそうでないコメントも、パワーをいただいております」。

---

読者の皆さんからは「暇を作らないは凄く共感しました!」「世にも明るい引きこもり、グッと来ました!私も明るい引きこもり目指します」「分かります!家が最高に居心地いいから節約になっています」と多くの共感のコメントが寄せられていました。

小さなテクニックももちろん大切ですが、まずは「王道の基本」をしっかりと身につけることが大切なんですね。みなさんはどう思いましたか?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?