資産運用を相談するなら、ファイナンシャルプランナーかファイナンシャルアドバイザーか

− FPに聞いてみたシリーズ −


年金だけでは老後生活できないといわれる現代。特に働く世代の方は教育費や住宅ローンなどの負担もあり、いちおう老後資金の準備はするものの不安を抱えている方もいるでしょう。

「今の家計のまま老後資金まで準備できるか」「どの金融商品で将来に向けて資産形成を行えばいいのか」といった悩みは、いま多くの方が抱えてます。

家計の見直しや資産形成について相談したいとき、思い浮かぶのは「FP(ファイナンシャルプランナー)」や「FA(ファイナンシャルアドバイザー)」です。似ているようですが、実はそれぞれ役割が異なります。

今回は、世界が認めるプロフェッショナルFP(ファイナンシャルプランナー)であるCFPの資格をお持ちで、オンラインセミナー等でも登壇されている高橋明香さんに、FPとFAそれぞれに相談するメリット・デメリットと、どのような悩みにはどちらが向いているかについてお話をうかがいました。

■Q. FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するメリット・デメリットは?

ファイナンシャルプランナーは、家計について幅広くライフプラニングを行ってくれます。相談できるのは、次のような悩みです。

  • 家計の見直し
  • 保険の見直し
  • 教育資金の準備
  • 住宅購入資金準備
  • 住宅ローンの見直し
  • 資産運用の方法や金融商品の選択のポイント
  • 税制や相続
  • 老後の生活設計

このように幅広い分野に相談できる面はメリットでしょう。

ただ、現実的にはFPによって得意分野が異なります。ご自身が相談したい内容によっては、相性が合う・合わないが出る可能性が高い点がデメリットでしょう。

また、相談内容によっては弁護士、税理士、社会保険労務士など、各分野の専門家が必要になるケースもあります。資産運用に関しては、FPの資格では、金融商品の詳細の説明や商品の取次ぎ、具体的なフォローなどもできません。

■Q. FA(ファイナンシャルアドバイザー)に相談するメリット・デメリットは?

ファイナンシャルアドバイザーは、現状の資産状況の分析や金融商品に関する説明など、資産運用のアドバイスを行う専門家です。

「具体的な資産運用を相談したい」方に向いており、特に経験豊富な資産運用のプロへの相談は心強いでしょう。投資だけではなく、ライフプランまで考えた投資アドバイスができるのも強みです。

近年は、資産運用のニーズに伴い証券会社や銀行には所属しない形で金融商品仲介業者として登録を受けている「独立系」ファイナンシャルアドバイザーである「IFA」も注目されています。

デメリットとしては、ネット証券やネット銀行に比べると手数料がかかる商品があることがあげられます。

■Q.どのような人がどちらに相談したら良いでしょうか。

主に家計について相談したい方や、教育資金や住宅資金の準備の仕方はFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するといいかもしれません。

資産運用に関しては、FA(ファイナンシャルアドバイザー)がいいでしょう。具体的な商品内容だけではなく、目的に合った資産運用のアドバイスが望めます。

先ほど「独立系」ファイナンシャルアドバイザーであるIFAのお話をしましたが、実は金融先進国の英国やアメリカでは多くのFAが活躍しており、医師や弁護士のように人生をサポートする専門家として認められています。

■まとめにかえて

人生100年時代といわれる現代。たとえば老後を65歳からと仮定すると、老後だけでも35年間と人生の3分の1を占めます。

教育費や住宅ローンを払いながら、35年にもおよぶ老後資金の準備をおこなうのは簡単ではありません。老後になれば、手持ちの試算寿命を伸ばす必要も出てくるでしょう。

一昔前とは違い、長引く低金利のなかで老後資金の準備が必要な現代では、お金との付き合い方を考えることは重要です。大切なマネープランについて考えるためにも、ご自身の悩みに合わせてFPやFAといったお金のプロの相談するのも一つでしょう。

関連記事(外部サイト)