コロナ禍2年目「今年家計を見直したもの」トップ3!2位は通信費、1位は?


「値上げの冬」ともいわれるこの冬。食料品や電気料金などの値上げが各所で相次いでいます。

東京電力によれば、2022年1月分の電気料金は平均モデル(従量電灯B・30A、使用電力量260kWh/月の場合で再生可能エネルギー発電促進賦課金、口座振替割引額、消費税等相当額を含む)で、12月分に比べて146円増となります(2021年11月26日公表)。

今年の冬は寒いともいわれており、電気料金や食料品の値上げは家計に響きますね。ちょうど年末年始は長期休暇の方も多く、時間に余裕のできるとき。「家計を見直したい」と考える方も多いのではないでしょうか。

今回はPGF生命が2021年10月26日(火)〜10月28日(木)の間に20〜79歳の男女2000人に調査した「くらしの総決算2021」より、今年家計を見直したものトップ3を見ていきます。

■2021年10月、二人以上世帯の消費支出は「平均28万1996円」

まずは総務省の「家計調査報告−2021年(令和3年)10月分−」(2021年12月7日公表)より、最新である今年10月の二人以上世帯の消費支出※の平均額を確認していきましょう。

※消費支出とはいわゆる生活費のこと。日常の生活を営む際に必要な商品やサービスを購入して実際に支払った金額をいう。

2021年10月の二人以上世帯の消費支出は平均「28万1996円」。前年同月比では実質0.6%の減少ですが、前月比(季節調整値)では実質3.4%の増加となりました。

すべての緊急事態宣言が解除されたのが10月1日。緊急事態宣言があけ、前月よりも消費支出が増えたのでしょう。

くわしい項目をみると、食料費は「7万9543円」、光熱・水道費は「1万9076円」、被服及び履物は「9625円」。どれも前年同月比で減少となり、特に食料費では外食や魚介類、光熱・水道費では電気代や上下水道料、被服及び履物は洋服、シャツ・セーター類などが減りました。

緊急事態宣言があけたものの、外食を控えている様子はうかがえますね。一方で交通・通信費は「3万9959円」と前年同月比で増えているので、出かけたりインターネットを使用する量は増えているようです。

この冬はオミクロン株の動向も見えないため、おうちで過ごす方もいるでしょう。そうなると気になるのが家計ですが、コロナ禍2年目の今年、何を見直した人が多いのでしょうか。

■3位:「水道光熱費」

先述のPGF生命の調査によると、今年家計を見直した人は1009名。見直したものの3位は「水道光熱費」でした。コロナ禍による外出自粛により家にいる機会が増え、例年より水道光熱費がかかり気になった方も多いでしょう。

同調査の「今年、予定より出費がかさんでしまったもの」の3位にも水道光熱費がランクインしています。特に第5波は真夏ということもあり、エアコン代などの光熱費が想像以上にかかったご家庭も多いと考えられます。

一方で、これまであまりくわしく考えなかった水道光熱費を見直す一つのキッカケにもなったでしょう。電気やガスが自由化となった現代。「言われたままに契約していたけれど、もっとオトクな会社があった」と新たな発見をされた方もいたのでは。

電気やガス、またスマホなどをセットにすると、これまでよりも固定費が安くなる場合があります。固定費の節約は一度行えばずっと続くもの。まだ見直されていない方は、年末年始などの長期休暇に見直されるといいでしょう。

■2位:「通信費」

見直したもの2位は「通信費」でした。水道光熱費に続いて、こちらも固定費です。家計を見直す際には固定費に着目する方が多いようですね。

総務省の「令和3年 情報通信白書」によると、2020年のインターネット利用率(個人)は83.4%。8割以上の方がインターネットを利用する時代になり、固定費の見直しとしても通信費は欠かせなくなりました。

端末別のインターネット利用率をみると、「スマートフォン」が68.3%。「パソコン」の50.4%を17.9ポイント上回っています。やはり多くの方が見直す通信費がスマートフォンの費用でしょう。

2021年には、3大キャリアからそれぞれ割安なプランが発表されました。各社月額料金が2000〜3000円前後となり、従来よりもお得です。また、格安SIMへ変える、いま利用している会社の料金プランを見直すなどの方法もありますよね。

あわせて光回線・モバイルWi-Fi・ホームルーターなどのインターネット環境も、時間に余裕があるときに見直すといいでしょう。

■1位:「食費」

今年家計を見直したもの、1位は「食費(外食費、酒代含む)」(40.7%)でした。

実は同調査で全回答者に「今年何にたくさんお金を使ったか」を聞いたところ、1位は「食事」(48.4%)です。家で食事をとる機会が増え、フードデリバリーやテイクアウトを利用したり、外出できない分お取り寄せグルメの利用などにお金を使った方が多いのではないでしょうか。

一方で、在宅時間が増えたことにより、自炊をはじめたり料理をする回数が増えたりした方もいるでしょう。自分で作ってみたら意外と簡単で美味しくできた、なんて発見がある場合も。今は食材を入れれば調理してくれる自動調理鍋など、便利な家電も充実しています。

外食の機会を減らしたことで、これまでの自分の外食スタイルや回数を見直す機会にもなったでしょう。

食料品については、さまざまな分野で秋から値上げが続いています。値上げを機に、これまでの食費でムダがなかったか見直してみましょう。

■ピンチをチャンスに変えてみよう

「値上げ」と聞くと気が重いですが、一方でこれまでの費用を見直したり、工夫を取り入れたりなどの対策をとることもできます。ちょうど長期休暇もあり時間に余裕の出るこの時期に、値上げになるからこそわが家で工夫できる方法を模索されてみてはいかがでしょうか。

■参考資料

  • 東京電力エナジーパートナー「2022年1月分電気料金の燃料費調整について」( https://www.tepco.co.jp/ep/notice/pressrelease/2021/1659175_8666.html )
  • 総務省「家計調査報告−2021年(令和3年)10月分−」( https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/pdf/fies_mr.pdf )
  • 総務省「令和3年 情報通信白書 第2部 基本データと政策動向」( https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/html/nd242120.html )

関連記事(外部サイト)