【アネモネ】おしゃれな寄せ植えの作り方、個性が際立つビビッドカラーで彩り豊か!


2月〜5月頃にかけて、庭に華やかな彩りを添えてくれるアネモネ。

寒さに強く、植えっぱなしでも大丈夫なので初心者にとっては育てやすい花です。

そんなアネモネは冬の花壇だけでなく寄せ植えにもオススメ。今回はアネモネの育て方、寄せ植えの作り方まで詳しく解説します。

■アネモネの基本情報

Akif CUBUK/Shutterstock.com

  • キンポウゲ科イチリンソウ属
  • 多年草
  • 草丈:15〜50センチ
  • 参考価格:300〜600円程度(ポット苗)※球根は30円前後

球根植物のアネモネは古代より人との関わりが深く、神話や伝説にも数多く登場している花です。

白、オレンジ、赤、ピンク、紫、ブルーなどのビビッドカラー以外にも、近年では品種改良で黒やワイン色といったシックな色合いやニュアンスカラーも出回るようになりました。

一般的に知られる一重咲きのほか、八重咲き、半八重咲きなど花弁の形も豊富です。スタンダードな一重咲きは親しみがあり、どんな花とでも合わせられます。

一方、キクのように多くの花びらをつける八重咲きは、咲き開くにつれて徐々に姿が変わり、ゴージャスな雰囲気が魅力的。切り花としてお祝いの席などに飾られることもあります。

アネモネの花は夜や雨の日は閉じていて、明るくなると開くのが特徴。1週間ほど咲き続けるので花をたっぷり楽しめます。

■アネモネの育て方

■植え付け

今の時期は園芸店やホームセンターに出回っているポット苗を植え付けます。

温暖地では深植えにはせず、浅く植え付けるのがポイント。地表から3センチ程度のところで、水はけのよい土に植えましょう。

■日当たり

アネモネは日当たりのよい場所で管理します。日当たりが悪いと葉が黄色く変色し、茎が間延びして花付きが悪くなります。

■温度

アネモネは寒さに強い植物で、寒い冬でも屋外で栽培できます。ただし霜に当たると弱るので、庭植えの場合は霜よけをかけ、鉢植えの場合は軒下に移動しましょう。

■水やり

乾燥より過湿で弱ることがあるので、土が乾いたら水やりをする程度で十分です。水やりの際は花やつぼみに水がかからないようにします。花が痛む原因となるので注意しましょう。

■花がら摘み

花が咲き終わるとふわふわした綿毛がたくさん付きます。これはアネモネの種です。種ができると球根の栄養をムダに使ってしまうので、枯れた花は早めに摘むのがオススメです。

liu yu shan/Shutterstock.com

■おしゃれな寄せ植えの作り方

■草丈のバランスを考える

アネモネは茎を長く伸ばし、上を向いて咲くのが特徴です。そこで株元に草丈の低い花を植えるとバランスがよくなります。

周りが低い花ばかりだとアネモネだけが飛び出しているようにも見えて、やや不安定な印象にもなりかねません。少し背丈が高い植物もいくつか組み合わせると効果的です。

■色や形の組み合わせを工夫する

アネモネの花の色に合わせて同系色の花を選ぶと、統一感があってスッキリとまとまります。

あえて反対色の花を植えてインパクトがある寄せ植えにするのもオシャレです。八重のアネモネの場合は、小花や一重などシンプルな花が引き立て役になるでしょう。

■カラーリーフも利用する

寄せ植えには花だけでなくカラーリーフもオススメです。シルバー系や黒っぽい葉の植物を植えると、アネモネのカラフルな色合いを際立たせるのに効果的。

丸くてかわいい花とシャープで渋い色の葉の組み合わせで、ハイセンスな寄せ植えが完成します。

■同じ頃に咲く花を選ぶ

アネモネの開花時期は2月〜5月頃なので、寄せ植えにする際は開花時期が同じ植物を選びましょう。花のピークが同時期になるのでいっそう華やかになります。

咲き終わりも同じなので、苗を入れ替える手間が省けて管理も簡単です。

■アネモネの寄せ植えにオススメの花

■バンジー・ビオラ

Salomea/Shutterstock.com

冬の花壇の花として、とてもポピュラーなパンジーやビオラ。寒さに強く丈夫なので初心者でも簡単に育てられます。アネモネの色と同系色を選ぶと統一感があってステキです。

■スイートアリッサム

可憐な小花が集まって咲き、甘い香りに癒やされるスイートアリッサム。カーペットのように広がってすき間を埋めてくれます。鉢の前方に植えるとしだれてキレイです。

■ノースポール

imageBROKER.com/Shutterstock.com

次から次へと花が咲いて、花期も長いノースポール。寒さや乾燥に強く初心者にオススメです。雪のように真っ白な花がアネモネのカラフルな色合いを引き立ててくれます。

■エリカ

inga cvijanovic/Shutterstock.com

コニファーのように尖った葉にびっしりと小さな花をつけるエリカ。繊細な枝と鈴のようなかわいい花が特徴です。背丈が高いので後方に植えるとよいでしょう。

■ストック

caseyjadew/Shutterstock.com

甘い香りで優しい雰囲気を持つストック。穂状に花を咲かせながら上に伸びる特徴があります。アネモネがメインの寄せ植えには、八重より一重がわき役としてオススメです。

■シロタエギク

Catherine_P/Shutterstock.com

レースのようなシルバーリーフが美しいシロタエギク。葉に雪が積もったかのようで、冬の寄せ植えにピッタリです。柔らかな雰囲気でアネモネのビビッドカラーを引き立てます。

■コクリュウ

Zuzha/Shutterstock.com

リュウノヒゲの一種で、ピンと鋭く伸びた黒い葉が印象的なコクリュウ。乾燥にも強くとても育てやすい植物です。カラフルな寄せ植えをピリッと引き締める存在として重宝します。

■まとめにかえて

厳しい寒さにも負けず鮮やかな色彩の花を咲かせ、元気いっぱいのアネモネ。

一足先に春を感じさせてくれて、寒さに縮こまった心を優しくときほぐしてくれます。

アネモネと一緒に愛らしい花を寄せ植えして、春を一歩先取りしてみませんか。

関連記事(外部サイト)