【ワークマン】着るコタツと呼ばれる「 ヒーターベスト」キャンパー中心に話題


かつては作業着の専門店として職人さんたちの間で重宝されていたワークマン。近頃はその機能性の高さやコスパの良さに注目が集まり、アウトドアやスポーツを楽しむ一般の人たちからも人気のお店となっています。男性用のアイテムだけでなく、女性が活用できるアイテムも増えてきたため、それらを上手に活用する「ワークマン女子」が現れるほど。

そんなワークマンで最近注目を集めているのが「Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト」です。電熱ヒーターを内蔵した次世代ワークウェアは、「着る炬燵(コタツ)」と呼ばれるほどの実力を誇り、登場するとアウトドアをする人たちを中心に話題に。おしゃれな2021年モデルは、ワークマン公式オンラインストアでは売切れてしまうほどの大人気商品なんです。

ワークマン公式サイト「2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)( https://www.workman.co.jp/ir_info/pdf/2022/41ki_02_kessantanshin.pdf )」(2021年11月8日発表)によると、2022年3月期第2四半期累計期間における、チェーン全店売上高は737億円を超えました。

空調ウェアやアウトドアギア、シューズなどの販売を強化し客層を拡大。プライベートブランド商品のチェーン全店売上高構成比も、前年同期比+3.9ポイントの58.0%と好調です。ワークマンオリジナルのプロ向け商材や高機能製品の開発に力を入れたことが要因のようです。

■寒い冬のアウトドアが楽しくなる「Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト」

画像出典:ワークマン公式( https://workman.jp/shop/g/g2300036801021/ )

ワークマンから登場し大人気となっているのが、「着るコタツ」といわれるほどの温かさを発揮する「Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト」。電熱ヒーターを内蔵した次世代ワークウェアです。

そんな元祖「着るコタツ」の2021年モデルは、表地の光沢を抑え、着合わせしやすいマットな質感にヴァージョンアップしました。さらに、今期は首後ろの電熱シートの位置を修正し、首元にフィットする仕様になっています。さらにしっかり暖かさを感じられ、これで極寒の冬場も外で楽しく過ごせそうですね。
 
また、撥水加工が施されているので、急な雨でも安心。衿には、視認性を高める反射プリントが付いているのも、アウトドアで楽しむ方々にうれしいポイント。寒い季節のワークシーンやアウトドア、釣り、ツーリングから日常の買い物まで、あらゆる場面で活躍してくれるヒーターベストは、一度着たら手放せなくなるアイテムと話題です。

アウターとミドルレイヤーをファスナーで一体化させたATTACHMENT SYSTEM(アタッチメント システム)を搭載。天候や気温など、着用シーンに合わせて自由に組み合わせることで、それぞれのウエアの特性を最大限に引き出し、パフォーマンスをサポートしてくれます。

カラーは、ブラック、バンダナレッド、マスタードイエロー、テラコッタ、ダークグリーン、バンダナネイビーの6色。サイズはM・L・LLの3サイズを展開しています。(ブラック・テラコッタは3Lがあります)価格は税込3900円。右胸に温度調節ボタンが付いています。なお、バッテリーは別売りです。対応しているバッテリー以外は、推奨致していないのでご注意を。

現在、こちらのアイテムは店舗のみの取り扱いとなっています。気になる方はお近くの店舗に問い合わせるなどチェックしてみてくださいね。

画像出典:すべて「ワークマン公式( https://workman.jp/shop/g/g2300036801021/ )」

・サイズ:M・L・LL(ブラック・テラコッタは3Lもあり)
・カラー:ブラック、バンダナレッド、マスタードイエロー、テラコッタ、ダークグリーン、バンダナネイビー
・素材:(表地)ポリエステル100%、(中わた)ポリエステル100%、(裏地)ポリエステル100%
・価格:3900円(税込)※バッテリーは別売りです。

※ファスナーでATTACHMENT SYSTEM(アタッチメント システム)対応商品

・F20W MIXING(ミキシング)レインパーカー
・WM3635A DIAMAGIC DIRECT? (ディアマジックダイレクト) 綿リップ防風防寒2WAYジャケット
・WM3639B イージス360゜(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒 STRONG(ストロング) ジャケット

【Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト( http://】https://workman.jp/shop/g/g2300036801021/  )】円(税込)

■ワークマン「Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト」5つのおすすめポイント

1. 電熱ヒーター内蔵の「着るコタツ」
2. 着合わせしやすいマットな質感
3. 豊富な6色カラー
4. 撥水加工で急な雨でも安心
5. 税込3900円というコスパの良さ

■口コミ

・「これまでヒーターベストという存在を知らなかったのですが、今回初めて購入しました。普段寒い屋外と暖かい屋内を往復するもので、厚着をして外で丁度良くても屋内で背中に汗をかいてしまい、結局体が冷えて困っていました。うっすら汗を書いた状態で電源ONにしておくと背中が乾くので感激しました」

・「プレゼントに。畑仕事や散歩に普段着と大活躍しています。バッテリーの入るポケットと内ポケットが、別になっているのも気に入っているようです。また、胸元で温度調節ができること、首まで暖かいことなど色々と考慮された商品だと思います」

■現場を知っているからできる工夫

アクティブに活動する人たちのことをよく知っているワークマン。だからこそ、丈夫でユーザーが使いやすい商品がたくさんあるのではないでしょうか。

真冬の寒い中でもアウトドアや趣味活をしたいという方にピッタリなヒーターベスト。税込3900円でゲットできるのはさすがワークマンですね。一度着たら手放せないという優れモノのようなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

■参考資料

  • ワークマン「2022年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)( https://www.workman.co.jp/ir_info/pdf/2022/41ki_02_kessantanshin.pdf )」
  • ワークマン公式オンラインストア「Wind Core(ウィンドコア) ヒーターベスト( https://workman.jp/shop/g/g2300036801021/ )」

関連記事(外部サイト)