【ガーデニング】「小さい庭づくり」のメリットとは?オシャレに作るコツ&オススメ草花も紹介


かわいい花がたくさん咲くオシャレな庭は、いつの時代もみんなの憧れ。

自然を慈しみながら楽しめる庭は、スペースの大小を問わず作れる場合もあります。

今回はスペースを有効に使える「小さい庭づくり」のメリットやオシャレに作るコツ、おすすめの花を紹介します。

■「小さい庭づくり」のメリットとは?

■庭のデザインがしやすい

庭は大きさに関わらず、見ていてオシャレ、かっこいいなど、デザインのよさが大切なポイントです。

小さい庭の場合はコンセプトさえ決めておけば、それに合わせた花壇の形状や花の種類を選ぶだけ。スペースが小さい分、イメージ通りに仕上がりやすくなります。

Molly Shannon/Shutterstock.com

■管理しやすい

花をキレイに咲かせるためには水やりはもちろん、生えてくる雑草を抜く作業も必要です。これらの作業は意外と労力や手間がかかります。

小さい庭は大きい庭よりコンパクトな分、やるべき作業量が少なくなるので管理が比較的ラクになります。ガーデニング初心者にとっては負担が軽減され、世話も長続きしやすいでしょう。

ben bryant/Shutterstock.com

■植物を植え込みやすい

植物を植え込むとき、奥行きがある大きい花壇はどうしても手が届かない場所ができてしまいます。小さなスペースだと、花壇に踏み込まなくても植えられるのがメリットです。

植え替えも簡単にできて、常にキレイな花が咲いている状態をキープできます。小さい花壇は無駄なスペースが少なくなり、植栽がキレイにまとまるのも魅力です。

■小さい庭をオシャレに作るコツ

■高低差のある植栽にする

Per Wadskjaer/Shutterstock.com

スペースに限りがあると、植え込みが平面的になりがち。そこで遠近法や高低差で空間を演出しましょう。

遠近法を利用して小花の植物は手前、存在感のある大きな花は後方に植えます。背丈が低いものは前、高いものは後ろに配置して高低差を出すのも効果的です。

高さの違う花壇を2重に作ったり、鉢植えにして花壇の中に置いたりしてもよいでしょう。

■植物のメインカラーを決める

自分の好きな色を1色決めてメインの花にしましょう。周りの花の色をメインカラーと同系色のグラデーションにすると、統一感が出てすっきりした印象になります。

思い切ってメインカラーと反対色の花を植えると、メリハリがついてオシャレな雰囲気に。花を植えたあと花壇から離れて遠くから眺めると、色彩効果が確認できるのでおすすめです。

■ポイントになるオブジェを置く

Dirk Ott/Shutterstock.com

庭の片隅に小さなチェアなどのガーデンファニチャーを置くとワンポイントになります。

ガーデニング作業で疲れたときに、ちょっと腰かけて休憩するのにも便利。人形や動物の置物を飾ったり、アイアンの小物を置いたりするのもオシャレです。

■トレリスや壁板を設置する

花壇の後ろにトレリスや壁板を立てて、縦の空間を演出しましょう。プレートやガーランドを吊るしたり、ハンギングにした花を飾るとステキなフォーカスポイントになります。

スコップやジョウロなどのガーデニング用具を掛ければ、オブジェとしてだけでなく作業にもサッと使えて便利です。

■小さい庭向き!オススメの花5選

■ニチニチソウ

Mathisa/Shutterstock.com

毎日次々とかわいい花を咲かせるニチニチソウ。その日のうちに花を落とすので、花がら摘みの手間がかからないのもうれしいところ。暑さと乾燥に強く育てやすい花です。

■インパチェンス

R. Maximiliane/Shutterstock.com

やや半日陰を好むので、日差しに恵まれない庭でも育てられるインパチェンス。春から秋にかけて、長い間花を咲かせます。サヤがはじけて種を飛ばし、こぼれ種からも育つほど強健な性質です。

■ガザニア

Rubel9974/Shutterstock.com

光沢があり鮮やかな花色が特徴のガザニア。光が当たると花が開き、中央が濃くコントラストのある色合いがキレイです。高温乾燥に強く、春から秋まで咲き続けます。

■マリーゴールド

SakSa/Shutterstock.com

明るいビタミンカラーが元気を与えてくれるマリーゴールド。シンプルな一重からゴージャスな八重まで品種が豊富です。

独特の香りで害虫を寄せ付けない効果があり、虫が苦手な初心者ガーデナーにとっても嬉しいですね。

■ネモフィラ

pensandoenmon/Shutterstock.com

目が覚めるようなさわやかなブルーが人気のネモフィラ。ほふく性を利用して株の間に植え込んでおくと、地面が見えなくなるほど地表をカバーします。

こぼれ種でも育つ強い性質で、翌年またかわいい花が期待できるのが魅力です。

■まとめにかえて

小さな庭でもアイデアと工夫次第でガーデニングが楽しめます。こまめに世話をすれば花は愛情に応えてキレイに花を咲かせてくれるでしょう。

最初からハードルを上げず、手の届く範囲でオリジナルの庭作りを目指すことから始めてみませんか。

関連記事(外部サイト)