【年収600万円】日本に何パーセントいるかを男女別でみる。600万円超の業種とは


みなさんは年収600万円と聞くとどんなイメージですか?年収600万円の手取りは450万円程度ですので、12ヶ月で割ると月に37.5万円の手取りです。

今回は、そんな年収600万円にスポットを当てていきます。

■まずは年収分布をチェック!

国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」の「(第 16 表)給与階級別給与所得者数・構成比」より、男女をあわせた年収の分布をみてみましょう。

【出典】国税庁 「令和2年分 民間給与実態統計調査」

上記を見て分かるように年収600万円代は6.5%。年収600万円を超えるのは約2割で、5人に1人と多くありません。

男女別に見ると、男性は約30%、女性は約6%の割合です。

男女によってかなり差もありますね。

【出典】国税庁 「令和2年分 民間給与実態統計調査」

男性の年齢別平均給与を見ると、年収600万超の世代は45歳〜59歳までとなっています。
一般的には、管理職や役員などに昇格して現役時代のラストスパートにようやく到達する給与水準だといえるでしょう。

■平均600万円超の業種は?

次に、達成できる業種を具体的に見てみましょう。
「転職サービスdoda」がdodaエージェントサービスに登録した正社員20〜65歳の男女(有効回答数約45万件)に2020年9月〜2021年8月末に行った「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】」を参考にします。

2021年の業種分類別の平均年収(全体)は上から順番に以下の通りです。

  • 同率1位「金融」・「メーカー」(455万円)
  • 3位「総合商社」(434万円)
  • 4位「IT/通信」(433万円)
  • 5位「建設/プラント/不動産」(416万円)

前項の通り、年齢別や男女によって年収の差があるため平均値はあくまで参考値にはなります。

1位の「金融」や「メーカー」でも女性の平均年収は455万円と、600万に満たない結果となりました。

では、年齢別や男女を考慮しない全体の平均給与が600万円超である業種はどんな仕事でしょうか。

さらに細かい業種をピックアップすると、「投信/投資顧問」が平均年収662万円と「金融」の中で最も平均年収が高い業種となっています。

男女別に見ても、男性が702万円、女性が607万円と女性でも600万円超をクリアできる業種であることがわかります。

他に女性も平均給与が600万円超の職種は「投資銀行業務(643万円)」、「運用(ファンドマネージャー/ディーラー)(620万円)」、「リスクコンサルタント(670万円)」が挙げられます。

女性の場合、高い専門性のある職種でないと年収600万円を超えるのはまだまだ難しそうです。

■手取りはいくら?

年収600万円だと実際の手取りはいくらになるでしょうか。
再び国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」を元に見てみましょう。

年収600万円台の年齢や収入を確認します。

  • 平均年齢:46.6歳
  • 平均勤続年数:17.7年
  • 平均給料・手当:524万円
  • 平均賞与:122万8000円
  • 平均給与(年収):646万8000円

平均年収は約646万円となりました。先ほどの年齢別の平均給与と同じですね。
月の額面給与は43.6万円程度です。
社会保険料や税金等を抜くと、個人差はあるものの月の手取りは33万円ほどでしょう。

■将来のために資産運用を

今回は年収600万円にスポットを当てて検証してきました。
女性の社会進出が言われてきていますが、まだまだ男女差がありそうです。

将来に不安を感じる方も多いかと思います。

年収600万円はかなり難しいなぁと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、生活に余裕ができたら資産運用を考えてみてはいかがでしょうか。
ご自身だけでなく「お金にも働いてもらう」ことで、将来が安心できるものになるかもしれません。

■参考資料

  • 国税庁 「令和2年分 民間給与実態統計調査」( https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/minkan.htm )
  • Doda 「平均年収ランキング(96業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」( https://doda.jp/guide/heikin/gyousyu/ )

関連記事(外部サイト)