観葉植物は吊るして飾ろう!インテリアがオシャレになるオススメ8選、空間を活用できるメリットも


観葉植物はリビングをおしゃれに演出するのに欠かせないアイテム。

しかし「置くスペースがない」「ペットがいるから」と諦めている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、吊るして楽しむ観葉植物「ハンギングプランツ」について紹介します。オシャレなインテリア作りに役立ててみてくださいね。

■ハンギングプランツの飾り方

ハンギングプランツの一般的な飾り方は、天井にフックを取り付けてぶら下げる方法。フックにハンギング専用の網・プラントハンガーをかけて鉢を飾れば、さまざまな観葉植物がハンギングできます。

天井に穴を開けたくない場合は、壁棚やカーテンレール、ポールなどにS字フックをかけてもいいでしょう。

近年では、天井から鉢を逆さに吊るすスカイプランターも人気。土の落下を防ぐカバー付きなので、リビングを汚す心配もありません。

Renata Ty/Shutterstock.com

いずれも軽量鉢や耐荷重があるフックを利用するなど、安全面に気を付けながら飾るようにしましょう。

■ハンギング向き!インテリアがオシャレになる観葉植物オススメ8選

ハンギンググリーンに向いているのはツル性植物。枝葉が下に伸びていき、空間をおしゃれに演出してくれますよ。

育てやすくておしゃれなハンギング向けツル性観葉植物を紹介します。さっそくみていきましょう。

■アイビー(ヘデラ)

Amnuay Kaewkatmanee/Shutterstock.com

アイビーはハンギングプランツの代表的な観葉植物。丈夫で育てやすいため、ガーデニング初心者から上級者まで幅広い層に支持されています。

品種がとても多く、さまざまな葉色・形・サイズの中からリビングの雰囲気に合う品種が選べるのも人気の理由。耐陰性があるので、日光に恵まれない場所にも飾ることができますよ。※参考価格:300〜500円前後(3号ポット苗)

■リプサリス

limipix/Shutterstock.com

多肉植物のリプサリスもハンギングプランツとして人気の高い観葉植物。ブラジルの熱帯雨林地に分布することから「森のサボテン」とも呼ばれています。

日当たりがよい場所を好みますが、真夏の直射日光に当たると葉が変色することがあります。夏場は明るい日陰で管理しましょう。上手に育てると4〜6月頃に白くて可愛らしい花を咲かせますよ。参考価格:3000〜5000円程度(4号つり鉢)

■グリーンドラム

Ida Taing/Shutterstock.com

丸くて肉厚の葉が、まるで太鼓のようなグリーン・ドラム。ツルのように伸びる茎がハンギングにもピッタリです。

日向〜半日陰で風通しのよい場所が生育に適しています。また、多肉植物の一種なので過湿が苦手。水やりは土が完全に乾いてからあげるようにしましょう。※参考価格:5000円(贈答用5号鉢)

■エアプランツ

New Africa/Shutterstock.com

土も鉢もいらない不思議な植物のエアプランツ。緑が鮮やかな緑葉種とシルバーがかった葉がステキな銀葉種がありますが、育てやすさで選ぶなら乾燥に強い銀葉種のほうがいいでしょう。

エアプランツは鳥かごに入れたり、モビール風にしたり、テグスを巻いて吊るしたり、さまざまな飾り方が楽しめます。

極度に乾燥しないよう、数日に一度霧吹きで水をかけてあげましょう。※参考価格:5000円前後(キセログラフィカ・約20センチ)

■グリーンネックレス

MariaNikiforova/Shutterstock.com

グリーンネックレスは、グリーンピースのような玉状の粒を連ねる多肉植物。可愛らしいその姿は、オシャレなリビングにもよく似合います。秋には甘い香りがする花を咲かせ、芳香でも楽しませてくれますよ。

丈夫で繁殖力があるので、株分け・挿し木でどんどん増やすことも可能です。寒さに強いので、ベランダや玄関にハンギングすることもできますが、降雨や真夏の直射日光に当てると変色するため注意しましょう。※参考価格:300〜1000円前後(3号ポット苗)

■ポトス

Omkoi/Shutterstock.com

ポトスは定番人気の観葉植物。育てやすく、どんどん大きくなるのでいつの時代も人気の植物です。最近は品種改良も盛んで、斑入りのおしゃれな品種、黄緑色がキレイな品種などがあります。

日当たりのよいところを好みますが、半日陰程度でも育ちます。葉焼けを防ぐため、直射日光は避けるようにしましょう。水やりは土が乾いたらたっぷりと。※参考価格:300〜1000円前後(3号ポット苗)

■アジアンタム

pariketan/Shutterstock.com

小さな葉を茎いっぱいにつけるアジアンタムは、フラワーアレンジメントや寄せ植えに人気の植物。

ツル性ではないものの、葉の重みで自然と茎が垂れるのでハンギンググリーンとしても親しまれています。

室内の明るい場所を好みますが、耐陰性があるので日当たりが悪い部屋にもおすすめです。日光やエアコンの風に当てると水枯れしやすくなるため、霧吹きで小まめに水を与え、やや過湿気味に育てましょう。※参考価格:1000〜5000円前後(5号鉢)

■ウツボカズラ

Suwichanon Mahahing/Shutterstock.com

個性的なハンギングプランツを育てたいのであれば、食虫植物のウツボカズラはいかがでしょうか。筒状の袋に虫をおびき寄せ、補虫する性質があります。室内であれば虫ではなく、水を与えれば育てることができます。

ウツボカズラは品種が多く、なかでも真っ赤な袋を持つレディラック、袋の形がユニークな品種などが人気です。直射日光を避けた明るい場所で育てましょう。※参考価格:7000〜1万円前後(5号鉢)

■まとめにかえて

観葉植物をハンギングで飾ると、リビングがオシャレになるだけでなく、床置きするよりも空間が広く使えるようになるのが大きな魅力です。

小さなお子さんやペットがいる家庭でも気軽に楽しめるので、観葉植物を育てたことがない人もぜひ挑戦してみてください。観葉植物を飾って、オシャレで快適なリビング空間を作りましょう。

関連記事(外部サイト)