【春のガーデニング】定番人気の一年草オススメ7選!庭や花壇をオシャレに彩る花々


多くの花が開花時期となる春。どの花を植えようか、考えるのが楽しくなる季節です。

なかでも一年草は華やかで可愛らしい花も多いのが特徴。一年草を上手に取り入れると、より手軽にガーデニングを楽しむことができます。

今回は、庭や花壇をオシャレに彩る、定番人気の一年草を紹介します。

■一年草・多年草・宿根草とは

一年草は、種を播いてから花が咲いて枯れるまでの期間が1年以内の植物。夏の高温期や冬の厳寒期など、その植物が生育しにくい季節には自然と枯れるので、夏越しや冬越しの心配がありません。鮮やかで華やかな花が多いのも特徴です。

nieriss/Shutterstock.com

多年草は、毎年花を咲かせる植物。ただし何年も生き続けるわけではなく、数年程度で枯れる場合もあります。花は小ぶりで素朴なものが多いのも特徴です。

Mariia Boiko/Shutterstock.com

宿根草は毎年花を咲かせますが、生育適期以外は地上部分が枯れた状態となる植物。球根などの状態で冬や夏を超え、暖かくなると再び芽を出し、葉や花をつけます。

■定番人気の一年草、オススメ7選!

華やかな花を咲かせる一年草は時代を超えて人気があります。最近は品種改良が進んでいることもあり、昔のイメージとは異なる花姿に驚くことも。

同じ花でも、花色や咲き方が異なる場合もあるので、色違いなどで植えてみるのもおもしろいですよ。ぜひお気に入りの花を見つけて、春の庭や花壇を彩ってください。

■マリーゴールド

brkaryel/Shutterstock.com

オレンジ、黄色の鮮やかな花が、春から秋まで長く咲くマリーゴールド。花弁がフリル状の八重のマリーゴールドが定番人気ですが、カーネーションのように咲く品種や、黄色の一重のマリーゴールドも大変かわいらしい印象です。

花が咲き終わった後は、こまめに花がらをつみましょう。新しい花が華やかに咲くと同時に、病気も防げます。茎が長めの品種は一輪挿しに生けるのも素敵です。※参考価格:200~300円前後(3号ポット苗)

■ビンカ

joloei/Shutterstock.com

春から秋にかけて、絶えず花を咲かせることから、日々草(ニチニチソウ)とも呼ばれるビンカ。白・ピンク・赤・紫など、花色が多様なので、いくつかの色を一緒に植えても華やかです。

大変丈夫な性質で、特別な世話をしなくても、鉢いっぱいに花を咲かせます。温暖な気候を好むので、日光に当てると元気に育ちます。次々に花が咲く分、枯れた花も多くなります。早めに取り除きましょう。※参考価格:200~500円前後(3号ポット苗)

■ジニア

Dewi Cahyaningrum/Shutterstock.com

長い期間咲き続けることから、百日草と呼ばれるジニア。ピンク・黄色・オレンジ・紫など、鮮やかな色彩の花を初夏から秋にかけて元気に咲かせます。ダリア咲きの品種は大変豪華で、庭や花壇に植えると華やかになるでしょう。

耐暑性は強め。鉢植えの場合は土が乾いたら、たっぷりと水を与えましょう。泥はねによる病気に弱い品種があるので、水やりには注意します。ジョウロのシャワーで株元に水をあげるとよいでしょう。※参考価格:200~400円前後(3号ポット苗)

■センニチコウ

Doikanoy/Shutterstock.com

花が長く咲くことから、千日紅と名付けられています。小さめの丸く咲いた花が可愛らしく、花壇や庭、鉢に植えるとアクセントとして楽しめます。ドライフラワーにも適しています。

夏の暑さや乾燥に強く、丈夫な性質で時代を超えて育てられています。日当たりのよい場所で育て、鉢植えの場合は土が乾いたらたっぷりとあげるようにしましょう。※参考価格:300~500円前後(3号ポット苗)

■ナスタチウム

Orawan Lovatt/Shutterstock.com

金色の花をつけることから金蓮花と呼ばれるナスタチウム。花や葉を食べられる品種は、サラダなどの彩りに添えても素敵です。コンパニオンプランツとして、トマトなどと一緒に植えられる場合も。

春と秋にたくさんの花を咲かせます。春から育てる場合、夏の暑さに備えて、梅雨頃にいったん切り戻しをします。うまく夏越しができれば、秋に再び花を咲かせることができます。※参考価格:200~400円前後(3号ポット苗)

■デージー

T.W. van Urk/Shutterstock.com

冬から春にかけて花を咲かせるデージーも定番人気の花。キク科の植物で、白や赤、ピンクなどは春の雰囲気にもピッタリです。小さめに、こんもりと咲く花が可憐な印象です。

とても育てやすく、日当たりのよいところで育て、土が乾いたらたっぷりと水を与えます。デージーはアブラムシがつきやすいので、見つけたら早めに駆除しましょう。※参考価格:100~300円前後(3号ポット苗)

■ネモフィラ

Pond Thananat/Shutterstock.com

澄んだ青空を思い起こさせる、ブルーの小さな花が可愛らしいネモフィラ。春の定番人気の花で、特に近年は人気が上昇しています。ハンギングにして飾るのもおすすめです。

咲き終わった花がらをこまめに摘むと、次々に花を咲かせ、元気に育てることができます。移植に弱いので、ポット苗から植え付ける際は、根を切らないように注意しましょう。※参考価格:200~400円前後(3号ポット苗)

■まとめにかえて

今回、庭や花壇をオシャレに彩る、定番人気の一年草を紹介しました。一年草はまさに今が選び時。園芸店やホームセンターに、さまざまな品種の花が販売されています。

花が次々に咲く特徴の一年草を取り入れれば、花が尽きることのない庭や花壇が完成します。ひとつのポット苗から、驚くほど大きく生長する品種もあるので、ぜひ春のガーデニングに取り入れてみてくださいね。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?